米MMA、勝ち組負け組


More Details on Dana's Major Announcement (MMA Payout)

ダナ・ホワイトが日本時間で今週金曜日にぶっ放すと予告していたビッグ・プランの内容についての当て推量が米MMAサイトで盛んです。なかには、もう当てずっぽうはたくさんだ!とぶち切れているブログもあり、今回はホントに分からないみたいです。BloodyElbowによると、発表は来週に延期された、ということですが・・・ビジネス系の話題に強いMMA Payoutの予想。

1 投資銀行世界再大手のモルガン・スタンレーが、Zuffaと第三者との金融取引を仲介しているとの噂がある。

2 ライセンス事業の大幅拡張。ライセンス事業にはWWEも参画しているとの噂

3 ダナ・ホワイトが率いる投資家集団が、UFCを、ファティータ兄弟から買収する(LBOというやつですね)。投資家の一人にビンス・マクマホンがいる。また年末までには、株式の一部を公開する。

故意か偶然か、今週はWWEも記者会見を予定しているとのことです。

Dana White debunks "big news" rumors on CNBC (MMAJunkie)

CNBC放送に登場したダナ・ホワイトは、ビッグ・プランを巡る噂のうち、つぎのものはありえないと一蹴しました。

・メイウエザーUFC入り
・いかなる形であれ、WWEとのパートナーシップ
・UFCのFOX、ABCなど地上波放送開始
・UFCの株式上場

ダナはこれまで、このような予告をしながらも、さほど大きくもないニュースを発表することもありました。あるいはPRIDE買収の頃の例をとれば、完全に嘘をついていることも多かったです(買収なんてあり得ないと、何度も言っていました)。
個人的には地上波獲得ではないのかなあと思うんですよねえ。ひとつ成功例が出ましたんで、むしろ放送局の方が、UFCを放っておかないと思うのですが・・・

UFC Gets Major Boost with Industry-Shaking Merchandise Deals (UFC公式)
UFCが複数の企業と提携し、ライセンスを供与した上でグッズ販売に乗り出すことを発表しました。

具体的には、すでにUFC印のビック・ライターが販売開始となっているほか、百貨店JCペニーでは「UFC ホットゾーン」を常設し、シャツや帽子を販売するそうです。さらにシルバー・バッファロー社ではUFC ブランドの腕時計やアクセサリーを販売、UFCブランドのVISAカードも発行予定、THQではビデオゲームの製作を計画、さらに来年からは Jakks Pacific 社の選手フィギュアが量販店などで販売開始になるそうです。このおもちゃ会社はミニチュアのオクタゴンや、チャンピオンベルトのレプリカなども制作予定だとか。

これはビッグ・プランとは別の話のようですが、UFCの財務構造上は、結構重要なニュースかもしれません。

*****
No Adrenaline for Monson; slow regional sales (Strikes and Submissions, USA Today)

今週土曜日のアドレナリンMMA旗揚げ戦のメインでマイク・ルソーと対戦予定だったジェフ・モンソンは、戦極2でのジョシュ・バーネット戦で痛めた手の怪我が回復せず、欠場することになりました。ローカルファイターのジェイソン・グイダが代役を務めます。

モンソンは6月21日の Gods of Warという大会でリコ・ロドリゲスと対戦する予定もありますが、こちらには出場の見込みだそうです。ちなみに、リコ・ロドリゲスは、ケビン・ランデルマンの代役だそうです。

アドレナリンが開催されるシカゴのシアーズ・センターは収容11,000名ですが、チケットの売れ行きは鈍く、モンテ・コックスは、なんとかして4~5千枚はさばきたいとしています。

もともとコックスはアドレナリンについて、シカゴのローカル団体でいいやと発言していますが、それにしても苦しいスタートになりそうです。なんだかババを引いてるよなあ。御輿に担ぎ上げられ、すぐにハシゴを外されて。新聞には、サブプライム問題などでアメリカの消費が落ちていて、カジノでも客が減って大変だと有りました。MMAファンも、UFC以外の団体にお金を使うのは難しい状況なのかもしれません。

*****
Elite XC to Return Early Without Kimbo Slice? (BloodyElbow)

EliteXCの次回のCBS中継は夏遅くか、秋の初めと言われていましたが、勢いをそがないために、もっと早くできないかとCBSがせっついているということです。7月下旬が有力といわれていますが、ゲーリー・ショーは、通常オファーは6-8週間前に行うので、その時期だとキンボ・スライスやジナ・カラーノ、NCに終わったローラーvsスミスの再戦には間に合わないのではないかと考えているとのことです。

6-8週間ってあんた、何を言ってるんですか。10日前に公募したって間に合いますよ。

*****

IFLが次回大会を中止、今度の活動に暗雲 (MMA Planet)

詳しくはリンク先を。Sherdog情報を追記すると、IFLの負債は3200万ドルに上っており、一時は17ドルだった株価もいまでは5セント。CEOのジェイ・ラーキンは、これまでに有力な提携先や投資家を見つけられておらず、8月大会を強行すると資金が枯渇してしまうと述べています。

ジェイ・ラーキンの口からは下記の通り、MMAファンに対する恨み節のようなものが聞こえてきます。IFLの大会じたいは面白いという評価も多かったですからね。

「UFCにはハロー・エフェクト(光背効果)があって、UFCファンだがMMAファンではないという人もいる。UFCであれば、試合の質にかかわらずありがたがる。UFCにだって、出来の良いときと悪いときがある。なのに、MMAファンの心の中には、UFCでなければクズだと思っている部分がある。これは事業を運営するのに難しい環境だ。」

(CBS中継について)「アフリクションのTシャツを着て、エナジー・ドリンクを飲んでいる連中が突然、テレビ局のプロデューサーを気取っている」

*****
Visa Issues Stall Cacareco's Dream Debut (Sherdog)

今週末のDREAM.4に登場予定であったアレッシャンドリ・カカレコが、ビザ発給の遅れのため試合をキャンセルした模様です。 代役を立てるのか、試合数が減るのかなどは、この記事には書かれていません。試合数が減ると、7試合になっちゃってさみしいですね。

そういえば、TBS「格闘王」を見ていたら、秋山が登場、DREAM.5への参戦を改めて明言するとともに、「KID君もでるし、僕も出る。まちがいなく、これまでよりは数字(視聴率)を取るでしょうね」と放言。
ガハハハ。その通り、さすがです。悪役とは何たるか、よく分かってる。「やれんのか」派の選手はいまこそ腹を立てて奮起していただきたい。

Japan Notebook: Maeda Speaks of Loss to Torres (Sherdog)
高谷裕之は8月のWEC35 でカブ・スワンソンと対戦する見込みとなりました。

ホジャー、2年連続の柔術世界選手権2階級制覇ならず! クロン・グレイシーは初の一本負け!! (kamipro)

崔洪万の脳腫瘍の除去手術が成功(日刊スポーツ)
9月27日K-1 World GPソウル大会への出場を念頭に置いているようです。

品川祐のプロレス解説に身内から大ブーイング!(日刊サイゾー)

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update