UFCの女子萌えファイターについて調べてみた結果!


いつまでもロンダやミーシャばかりではすまされない!みなさんは、UFC女子ニューアイドルをちゃんと把握なさっているのか!まとめサイト風に紹介してみる。

ペイジ・ヴァンザント





・14歳でライオンズ・デン入り、現チームアルファメール所属。まだ20歳であるため、アルコールを飲む場面の多いTUFへの出演は見送られた(米国では飲酒は21歳から)。

・TUFを経ずして出場した前回の試合(昨年11月のUFCデビュー戦)では、ノーテレビの前座で激闘を展開、5万ドルのファイトナイトボーナスを獲得。

・UFC戦績1戦なのに、ラウジーやジョーンズ、ペティス、マクレガー、ジョニヘンと並んでReebokと個人スポンサー契約を獲得。このことについてダナ・ホワイト:

みんなこの子のことが大好きだ。キャラがいい。Instagramで、クルマの前で踊っている動画を見たか。教えることのできないIT(イット)ファクターを持っている人がいるということだよ


自分のルックスは人生にとってマイナスに働くと思っていた。だって、もしこんなルックスでなければ、学校で他の女子にいじめられることなどなかったはずだから。私をいじめる理由なんて、ほかにないでしょう?(UFC Magazine最新号のインタビューより)


・次戦は4月18日のUFC on FOX15大会のメインカードで、フェリス・ヘリグとのアイドル対決が組まれている!

きっとフェリスとは戦うことになると思っていた。ホットな女の子同士だからね。そういうことにも準備はできている。(MMA Mania)



----

フェリス・フェリグ





ヒトはホントに全体を見ようとしない。TUFに関しても、断片的な場面を編集で増幅して番組を作っている。何でも極端すぎて、現実からはほど遠い。みんな寛容さが足りないと思う。誰もが私を過小評価する。それは私のほんの一部分しか見ていないから。ちょっと私が自分の売り出し方を知っているからと言って、それが私のすべてではないから。平凡なファイターとはずいぶん違う人間だとは自覚している。あんまり好かれていないのも知ってる。(MMA Mania)



----

ローズ・ナマユナス





TUF20女子ストロー級王座決定トーナメントで決勝に進出した22歳は、ルックス・攻撃性・スター性を買われ、ダナ・ホワイトからは「ネクスト・ロンダ」「リトル・ロンダ」と呼ばれ期待されたが、決勝戦兼初代王者決定戦でベテランのカーラ・エスパルザに敗戦した。ちなみにパット・バリーのフィアンセである。

ネクスト・ロンダと呼ばれることは光栄。でもそのせいで試合で捕まってしまったけれど。プレッシャーはかなり大きかった。エキサイトしすぎて、我慢が足りなかったところを、ベテランに足をすくわれてしまった。

ロンダと比べられるのはなんとなくわかるし、これからそれに見合った選手になっていけると思う。そのためにはもう少し成長しないといけない。選手としても,人間としても。(MMA Junkie)



オレ、精神状態が不安定なのかなあ・・・こんな記事も書いてしまった。

男子も女子も必読!ロンダ・ラウジーの母親が贈る、ボンクラ人間向け恋愛ハック!■MMA Unleashed

*****

男性ホルモンの「テストステロン」が若返りや性同一性障害の薬となる未来とは?(GIGAZINE)
みなさんはもう、こんなアホなニュース記事には騙されませんよね。


M-1 Globalが、よろいを着た騎士がリング上で矛と盾を持って戦うという「M-1 Medieval(中世)」プロジェクトをスタートすると発表した。リンク先に動画あり。まだ巌流島の方がどう見てもおもしろそうだ。


***
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update