トコロRULES!【LCデイビスの歯をへし折る】


現地時間3月27日のベラトール135でプロモーショナルデビューを果たした所英男は、お得意のあっぱれおもしろファイトをやってのけたらしい。米MMA記者中心の僕のタイムラインにも、下記のような絶賛の嵐が吹きまくっていた。これはどうにかして試合を見なければ。

第1ラウンド、グレイトアクション!

いますごい試合をやってる。トコロヒデオとLCデービス。

トコロRULES!

これ、すごくない?

あーおもしろかった。最後のデービスの顔。すべてを絞り出した人の顔。すばらしい。

両選手文句なしのすごいファイト。両者とも勝ったに等しい。

LCデービス、ホントに勝ちたかったんだなあ・・・よかったねえ。

すごい試合だ!いまヒザのアイシングをしていたのに、イスから飛び上がってしまった!

あれ、LCデービス、歯がないぞ!

LCデービスがありえないことに。ファイトマネーは歯医者代に消える。

ベラトールの録画視聴がやっと追いついた。デービスと所。これは思わぬひろいもの。すごい試合。



*****

所英男の対戦相手、LCデイビスについては、ライフストーリーが事前に話題になっていた。ESPNによると、なんでもデイビスの弟は2013年10月24日に突然行方不明になり、その2か月後に遺体で発見されたのだという。遺体は近所の廃屋のバスタブの中に、縛り上げられた形で放置されていた。犯人はつかまっておらず、デイビスはここ17ヶ月間、最低週に一度は、担当の刑事に電話で進捗を確認し続けているのだという。「最後のメールはまだ保存してある。時々見返しているんだ。弟は、その日ジムで僕のクラスが何時に始まるのかを尋ねてきた。弟はただの運動としてやっていただけなんだけど、優れたアスリートでね、格闘技をやっても成功したはずだと思う」(デイビス)

デイビスにも「勝たねばならぬ理由があったのである!」(TBS流)

*****

米国シアトルに、スーパーヒーローのコスチュームを身につけて夜の町をパトロールする自衛団「Rain City Superhero Movement」があるが、そのリーダー役で、バットマンに扮しているフェニックス・ジョーンズがWorld Series of Fightingと契約した。4月10日大会、エマニュエル・ワロ戦でプロモーショナルデビューを飾る。レスリングオブザーバーより。

bOryiGY.jpg

ジョーンズはマンガや映画のスーパーヒーローのコスプレ姿に防弾チョッキを着込み、住居侵入や暴行などの犯罪に介入する自主活動をおこなっていたが、2011年にケンカの仲裁をした際に自らも暴力を使いすぎ、警察に逮捕された。その際に素顔が晒され、正体はMMAファイターのベン・フォドーであることが明らかになっている。戦績5-0-1、UFCファイターのカロス・フォドーの弟。

できればキン肉マン太郎以来のマスクマンとして戦って欲しいところだが、あちらには州コミッションがあるから無理ですかね。それにしてもスーパーヒーローの自衛団とは、映画「スーパー」を思い出す。ああ、あの映画のエレン・ペイジはたいそう可愛かった。

*****

BloodyElbowが、「UFCをリリースされた後、マイナー団体で連勝中の選手」を紹介する特集記事を掲載している。この中で、4連勝のブリストル・マルンデ、6連勝でTitanFCヘビー級王座を獲得したチェース・ゴームリー、6連勝でTitanFCライト級王座を獲得したパット・ヒーリーに並んで、先週末のRoad FC22で勝利を収め、2013年にUFCをリリースされてから3勝0敗となった福田力が紹介されていた。

また、こちらのF4W Onlineの「UFC入りも射程圏内?の注目の新鋭」特集記事で、アウトサイダー/ZSTのウエルター級、福山喜規(8-1-1)を紹介していた。

*****

Ariel Halewani記者のTweet(この辺から連投)によると、クリス・サイボーグとズッファはすでに契約済みで、135パウンドに減量できればすぐにでも試合をすることになっているらしい。もっともサイボーグの次戦はインヴィクタでの145パウンド戦である。またUFCではサイボーグのために、減量アドバイザーのジョージ・ロックハートを雇ったのだという。これまでUFCの減量コンサルといえば元UFCファイターのマイク・ドルチェが独占していた(ロンダのアドバイザーもドルチェである)のだが、ここ最近はドルチェのやり方では減量がうまくいかないと一部の選手からの不満が高まっている。ロックハートはかねてドルチェの手法を「お友達サイエンスに過ぎない」と挑発しており、高まる両者の確執も場外戦マニアをニヤリとさせている。

******

CMパンクが選ぶMMAベストファイト。これはこれで、わかるというか、なかなかに信用できる人ではないか。

5 高山 vs ドン・フライ
4 ハント vs ビッグフット
3 フランキー・エドガー vs グレイ・メイナード3 (UFC136)、エドガー1Rにノックダウンされるも、そこから逆転し4RにKO勝ちしたやつ。
2 ショーグン vs ダン・ヘンダーソン(UFC139)
1 アンデウソン・シウバ vs チェール・ソネン1 (UFC117) 最終ラウンドにシウバが下からの三角で逆転したやつ

*****

アブドーラ・ザ・ブッチャーが米eBayに、2011年に授与されたWWEホールオブフェイムの指輪を2万ドル(約240万円)で出品している



スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update