アルドとマクレガーの世界珍道中


ダナ・ホワイト、コナー・マクレガー、ジョセ・アルドの3名は、「UFC189ワールドツアー」と称したプロモーションの世界行脚を敢行中。初日のリオデジャネイロでは、マクレガーが「アルドのふるさとのスラム街を焼き払ってやる」と挑発したことはお伝えしたが、その後もマクレガーは、ラスベガスで、ロサンゼルスで、ボストンで、ニューヨークで、トロントで、いろいろな挑発を繰り出している。ちょっと紹介してみよう。

アルドはドラッグを使っているのではないかと挑発して(MMA Fighting

PEDを使うのはどうもブラジルの文化なんじゃないか。女もやる。男もやる。どう考えれば良いのかわからない。もちろん、考える必要なんかない。今は時代が変わった。MMAはクリーンになった。マーシャルアーツに専念し、健康や体調に注意を払っている人が報われる様になったんだ。



2階級制覇の野望について(MMA Fighting)


アルドの後は、ドスアンジョスを倒してやってもいい。フェザー級のヤツらが許しを請うなら、私はこの階級を去り、これ以上はヤツらを脅さないようにしてやってもいい。階級を自分たちの手に戻したいならな。ただ、私がライト級に移れば、ヤツらはどうせ前座試合に逆戻りなんだがな。



ツアー中のコナー・マクレガーインタビュー

Q 「UFC189:アルド vs マクレガー」はゲート収入700万ドルを早々に売り切ったとのことですが。

気分は悪くないね。数字は正直だ。

Q そのうちいくら持って帰りたいですか

ゲート収入以上の金を持って帰りたいね。PPVなんだよ。ジョセの3倍もらってもまだ不公平なくらいだ。

Q PPV売上件数は同予想していますか

100万件はわけもない。UFC100の記録も破るだろう(160万件)。私が出演している「UFC Embedded」のアクセス数は新記録を達成している。私が触れれば、なんでもゴールドになるんだよ。



こちらの記事は、新聞の「首相動静」のごとく、3月24日のダナ・ホワイトの動静を追いかけたちょっと珍しいテイストの記事。訳すのはちょっとしんどいのだが、分刻みの時間割のようなスケジュールに、「ESPNのスタジオに到着」「FOX用のインタビュー」などこまごまと書いてあるのが興味深い。

なおマクレガーも語っているとおり、この珍道中の模様はサクサクと編集されて、なかなかに楽しい「UFC Embeddded」というドキュメンタリーとして公開されているので、興味がある向きは各自調査でご覧いただきたい。

*****

世界アンチドーピング機構事務総長のデビッド・ハウマン氏が、「今、世界のスポーツ界の少なくとも25%が、何らかの形で組織犯罪にコントロールされている」と語っている。さらに氏は「薬物やステロイド、HGH、EPOなどを売りさばく者たちは、八百長を仕掛けている者たちと同一だ。彼らがスポーツ界を腐らせている。悪いヤツらを駆逐する計画を練らなければならない。これは戦争なんだ。暴力と腐敗がコンビを組んだ経済戦争なんだ」等と語り、八百長を監視する国際機関設立の必要性を訴えている。

これはあくまでスポーツ全般についてのニュースですよ。

*****

米国時間3月28日に開催されたWorld Series of Fighting19大会のセミファイナルに出場予定だった元UFCファイターのマット・ハミルが試合直前に体調不良を訴え急遽欠場した。ハミルの代役として、元UFCファイターだったチアゴ・シウバと対戦したのは、前座に出場予定だったテディ・ホルダー選手。誰もがチアゴ・シウバの凶悪な撲殺勝ちを予測、むしろ事故でも起きなければ良いがと思って眺めていたこの試合。ある意味期待通り、試合開始早々にシウバにパンチをきかされてヒザをついてしまうホルダー。しかしなんとそこからホルダーが窮鼠猫を噛む逆襲をみせ、1R2分でシウバをタコ殴りTKOしてしまったからたまらない。これには思わず、かつてシウバに銃で脅され、柔術コーチと一緒に逃げたシウバの元嫁も「今日は良い日になった」と満足げにTweet

大金星のホルダーは今回がWSOFプロモーショナルデビュー、試合前の戦績は8-1、勝っても負けても全部1Rフィニッシュだったというフィニッシャーぶりを今回も発揮したことになる。それにしてもこのホルダー、今回の試合がなんと19か月ぶりで、3時間前のショートノーティスを受けて、「失うものは何もない」と試合を受諾したらしいから、試合勘も作戦もクソもない。この試合はWSOFライトヘビー級王者決定トーナメントの準決勝という位置づけであったため、ホルダーは4月10日大会で行われる「ロニー・マルケス vs. デビッド・ブランチ」の勝者との王座決定戦に駒を進めたことになる。

なお、メインイベントで行われた「ジャスティン・ゲイジー vs. ルイス・パルミノ」はMMA Fightingも「ファイトオブザイヤー候補」と報じる大熱戦であった模様。各自動画を見つけて観戦すると得をするかも。




**
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update