デミトリアス・ジョンソン、米国では不人気絶頂


デミトリアス・ジョンソンの想定以上の不人気の背景。MMA Fighting

モントリオールのベルセンターで行われたUFC186のメインイベント、「デミトリアス・ジョンソン vs. 堀口恭司」の試合中に、大勢のファンが帰ってしまうという現象があった。5Rのフィニッシュシーンのころには、3分の1から半分くらいの観客が席を立った後だった。昨年バンクーバーで行われたUFC174の「デミトリアス・ジョンソン vs. アリ・バガウチノフ」でも、ここまでひどくないにせよ、同じような光景が見られた。UFC178ラスベガス大会でのクリス・カリアソ戦でも同じだった。ラスベガスで行われるUFCのタイトル戦でそのような現象が起きることは非常に珍しい。

動員力の弱いチャンピオンはいる。チケット売上に結びつかない選手もいる。誰も興味を示さない試合もあれば、退屈だと言われる試合もある。しかし、3試合連続で大勢の群衆がメインイベントの最中に席を立ってしまうという、そこまでファンに支持されていないチャンピオンというのは前代未聞である。

・・・おそらく問題の鍵はチャレンジャーにある。バガウチノフ、カリアソ、堀口はいずれも、ひょっとしてアップセットがあるのではないかと真剣に思わせてくれるコンテンダーではなかった。なにかとくに興味深いテーマを提示してくれるコンテンダーでもない。強烈な連勝で駆け上がり、ファンがタイトル挑戦を切望するコンテンダーでもない。むしろジョンソンは、特定の大会に試合をブッキングされ、その時点で明いているコンテンダーがあてがわれているだけに見えるのだ・・・

・・・もう1つの問題は、前売りが奮わないため、招待券が配られていたということだ。早く帰ってしまった人の大半は招待券客だったとの報告もある。さらに、モントリオールのファンにとって、この大会でのお目当ては、あくまでランページ・ジャクソンであり、ビスピンであり、地元の人気選手パトリック・コーテであったのだ。UFCではタイトル戦を必ずメインイベントに配置することにしているが、その方針のせいで、メインイベントの頃には、お目当ての選手の試合はもう終わってしまっていたのだ・・・



*****

新日本プロレスにも参戦歴のあるプロレスラーのビリー・ジャックが、試合によるダメージにより認知症を患ったとしてWWEを相手取って訴訟を起こした件について、WWEでは裁判所に、訴訟取り下げの申し立てを行った。申立書の中でWWEは、ビリー・ジャックがWWEに在籍していたのは1986〜1988年と比較的短く、症状がその時期のダメージに起因しているとは特定しがたいと論じている。現在裁判所が検討中。元フットボール選手で同様の訴訟で賠償金を勝ち取る事例が出ていることから、今後プロレスの世界でもこのような訴訟が増えてくるものとみられている。

この件についての詳細はこちら。

元プロレスラーがWWEに損害賠償訴訟を起こす!■MMA Unleashed 2014-11-14

******

4月22日に、「ヴァンダレイ・シウバ対ネバダ州アスレティックコミッション」の訴訟に関するヒアリングが行われた。ネバダ州コミッションがシウバに抜き打ち検査を行った際、シウバはネバダ州での選手ライセンスを取得していなかったことから、シウバ側の弁護士は「管轄下にない選手に薬物検査をしたり、処分を課す権限はネバダ州には存在しない」と主張している。ネバダ州側は、当時すでに「シウバ対チェール・ソネン」の試合がUFCから発表されており、本人出席の記者会見まで行われた以上、事実上の管轄権が存在したと主張している。判決は5月11日までに下される。今後の薬物検査の運用上、重要な裁判になりそうだ。(レスリングオブザーバー)

******

【訃報】阿修羅原さん死去 ラグビー世界選抜メンバーからプロレスへ(東京スポーツ)

自分が自分が、としゃしゃり出るのではなく、あくまで天龍のバディとして、「侠」を感じさせる人だった。そんなリング上の姿と、ギャンブルで身を崩したと噂される私生活が同一人物に同居していると言うことが、ファンの目にはうまく焦点が合わせられない印象があった。天龍革命最盛期での突然の全日本解雇は、ジョン・ジョーンズの出場停止どころではない衝撃として心に残っている。引退後はマット界からきっぱりと距離を置いて折られたように見えたが、何を思い、どんな暮らしをしているのかと、ときおり気になる人でもあった。いま安らかに眠りながら、プロレスラーになって良い人生だったと思ってくれているのだろうか。これからもときおり、気になりそうだ。


【IGF】現役続行の石井慧「政界に興味ある」(イーファイト)
リンク先の写真含め、石井のことはもう、何から何までイヤになってきたな。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update