2代目キンボ・スライス!?「ダダ5000」をご覧下さい


みなさんは、キンボ・スライスの次の対戦相手候補として、米MMAメディアで話題になりつつある男、「ダダ5000 (Dada 5000)」をご存じか。

Dada5000.jpg

ダダ5000の写真。おそろしい・・・

キンボと同じく、南フロリダでストリートファイトに明け暮れていたというダダ5000ことダフィール・ハリス(Dhafir Harris)は、長年キンボのボディガードを務めていたのだという。最近になってESPNのドキュメンタリーで取り上げられたり、自らのインディMMAプロモーション「BYB Extrreme: Battleship 1」を立ち上げるなど(大型客船で大会を開催するらしい)、なかなかのやり手ぶりで名前を売り出し中だ。スコット・コーカー黒魔術で、新たな視聴率モンスターが誕生するかもしれない!?

*****

UFC中継を看板商品に、2011年に開局した「Fox Sports 1」チャンネルがリストラを実施するとの報道が見られている。リストラはニュース番組の削減にとどまるとされており、視聴率稼ぎ頭のUFC中継には何ら影響はないはずであるが、これまで上り調子一本だったUFCのメディア戦略上、嫌な感じのニュースではある。

とはいえ米国で視聴者数2,540万人という、米国のサッカー中継としての最高記録を打ち立てた女子W杯サッカー、日本対アメリカの決勝戦を放送したのは、このFox Sports 1だったということなので、他方で良い風が吹いているというところか。

*****

客席のキッズファンにヤジられて、全国放送でファックユーと言い返してしまう瞬間湯沸かし器男、アル・アイアキンタが、薬物検査に失格したギルバート・メレンデスの欠場の煽りで、試合がなくなったことを怒る!MMA Fighting

もうどうしたらいいかわからない。何かを壊したい。また自分の頭を机にうちつけたい。ひたすらがっかりしている。言葉では言い表しようもない。やる気満々だった。スタイル的にも俺に最高の試合だった。とにかくフラストレーションがたまってる。それだけだ。もうなんと言えばいいのかわからない。メレンデスが薬物検査に失格するなんて、一番あり得ないことだろ・・・



*****

旧聞となってしまったが、6月27日開催の「UFC Fight Night: Machida vs. Romero」では、キューバの英雄、ソルジャー・オブ・ゴッド、ヨエル・ロメロが、見事なパフォーマンスでマチダを仕留めた。ワイドマン、ロックホールド、ジャカレイと並んで、ロメロが現在のミドル級四天王の一角を固めたと言えるだろう。

そのロメロ、試合もさることながら、むしろ大きな物議を醸したのは、勝利者インタビューの内容だった。

アメリカ、いったいどうしてしまったんだ?世界で最高の国だと言うことを忘れたのか!イエスキリストの名前を忘れたのか!どうしたアメリカ。目を覚ませ。イエスに立ち返れ。イエスを忘れてはならない、みなさん!



キューバ人のロメロの英語は不正確で、メッセージの内容も抽象的ではあったが、この発言をアメリカ最高裁が同性婚を合法化する判断を下したことに対して向けられたものであると解釈する人が多かったようだ。

なお本人はのちに、同性婚のことではなく、アメリカンドリームのことを指摘したのだと釈明しているが、これはちょっと苦しいか。MMA記者のタイムラインは概ねロメロ発言に批判的。ダナ・ホワイトは、試合後インタビューでは試合の話をしろ、宗教や政治の説教など聞きたくないと切り捨てている。

なおこの大会では、メインカードの平均視聴者数が909,000人であったのに対し、プレリミナリーファイトの視聴者数が966,000人と、UFC史上はじめて、前座試合の方が多くの視聴者を集めることとなった。これは、UFC中継開始前に放送されていた女子ワールドカップサッカー、「英国 vs カナダ」の好視聴率に引っ張られたためなのだそうだ。

マチダは過去4戦で1勝3敗と負けが込んできた。本人はしばらく試合間隔を取りたい旨の発言をしている。


***
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update