UFC超絶スケジュール進行中!見るだけでガス欠必須!


UFCは「インターナショナルファイトウィーク」に突入、ラスベガスの喧噪とは縁遠い、東洋の果てのわれわれヒマでもてない格闘技ファンも、Fight Passをチェックするだけで気分だけは一人前に忙しい。Fight Passの生中継スケジュールをまとめておく(表示時間は日本時間、24時間制、ケアレスミスはご勘弁を)。

UFC189大会前記者会見 7月10日 3時 もう終わった!
Invicta 13: Cyborg vs. Van Duin  7月10日 12時 いまやってる!もうすぐ浜崎!
UFC189 前日計量 7月11日 8時 
UFC殿堂入り式典 7月12日 3時  
「The Ultimate Fighter 21 Finale」大会前日計量 7月12日 5時
UFC189 アーリープレリム 7月12日 8時
UFC189プレリム 7月12日 10時
「The Ultimate Fighter 21 Finale」アーリープレリム 7月13日 7時30分
「The Ultimate Fighter 21 Finale」プレリム 7月13日 8時
「The Ultimate Fighter 21 Finale」メインカード 7月13日 10時
「UFC Fight Night 71: Mir vs. Duffee」アーリープレリム 7月16日 7時30分
「UFC Fight Night 71: Mir vs. Duffee」プレリム 7月16日 9時 金原登場!
「UFC Fight Night 71: Mir vs. Duffee」メインカード  7月16日 11時
「UFC Fight Night 72: Bisping vs. Leites」アーリープレリム 7月18日 23時
「UFC Fight Night 72: Bisping vs. Leites」プレリム 7月19日 0時
「UFC Fight Night 72: Bisping vs. Leites」メインカード 7月19日 2時
「Titan FC 34: Healy vs. Ricci」 7月20日 8時

くわしい対戦カード情報は右にある「海外MMAスケジュール」のページでチェック!



*****

UFC Magazine June/July 2015に掲載されていたコナー・マクレガーのインタビュー記事より。なかなかに信用できる男ではないか。

Q あなたに影響を与えた格闘家は誰ですか

俺はモハメド・アリとブルース・リーを見て育った。まさにマーシャルアーツの象徴だね。格闘技に対する姿勢、技術、哲学が一体化しているところが素晴らしい。フルパッケージでできあがっている必要があるんだなと思う。ヒクソン・グレイシーも俺のアイドルだ。ヒクソンは身体についての理解が深く、呼吸のテクニックに優れている。呼吸は格闘技で見逃されがちな要素だ。でも、呼吸をコントロールできるなら、あらゆることをコントロールできることになるんだ。ヒクソンはその分野でパイオニアなんだよ。

Q ブルース・リーからはどのような影響を受けたのですか

型を捨てる(Formless)、という哲学だ。あるスタイルの専門家になるということは、そのほかの10種類のスタイルではルーキーだということと同じだ。その点ブルースには型がなかった。あらゆることに適応したんだ。彼には決まったパターンや動き、ルーチンなどというものは存在しない。ブルースは一歩先を行っている。

Q アリについてはどうですか。

俺はアリの捉えがたいところを尊敬している。つまり、ディフェンシブ・ファイターとして史上最強なんだ。アリを捕まえることなどできはしない。それにくわえて、自分が正しいと思うことは正しいのだと思える自信や信念の強さが好きだ。俺は、自分自身の力を信じていて、それをちゃんと証明してみせる選手のことが大好きなんだ。



UFC189のコナー・マクレガーの入場シーンで、アイルランドの人気歌手シニード・オコナーが生歌を歌うことが明らかになった。UFCが選手入場に意匠を凝らすのは非常に珍しい!

*****

去年のちょうど今ごろ、ビックリするほど弱々しい試合をしたあと、現役引退を表明したBJペン(36)が、複数のインタビューに答えていろいろ語っている

自分のキャリアの頂点は、ブラジル人以外で史上初めて、ブラジリアン柔術の世界選手権で優勝したときだった。

(現役に復帰しないのか)3か月も合宿をしたり、ファイトウィークの行事に参加したりすることはもういい。でも、地球最高の男であったことについてはいまでも懐かしく思う。

ヴェウドゥムが37歳でベルトを巻いたり、マーク・ハントが40歳でまだ戦っているのを見ると、本当に驚かされる。あそこまでいくと、もうテクニックでもなく、スピードでもなく、パワーでもなく、要するにどれだけ強い欲望を持っているか、ということなんだろうね。時が経つにつれて、格闘技への愛で相手を上回るようになっていくんだ。特にハントをみていると、頑張って踏みとどまっていれば、なにかが殻を破る瞬間があるんだろうなと思う。見ているだけでも誇りに思うよ。

僕にはそこまでの意志がもうない。将来のことは誰にもわからないけれど、いまのところは、また合宿を張って試合に臨みたいという気持ちはない。



*****

TUF18で優勝、前途洋々に見えたクリス・ホールズワース(27)は現在、「脳しんとう後症候群」(post concussion syndrome)に苦しんでいるとMMA Fightingが伝えている。UFC175(2014年7月)でチコ・カムスを下して以来、ホールズワースは眼精疲労や、光や雑音への過敏症状に悩まされており、練習ができない状態であることから、うつ病も患っているという。2013年5月から試合をしていないTJグラントも同じ症状だという。この症状は通常は3か月程度で消えるとされるが、人によっては1年以上続く。症状の強さは原因となった脳しんとうの強度とは関係がないという。いまのところ、それぞれの症状を抑える対処療法以上の根本治療は存在していない。ホールズワーズは、完治してから試合に戻る予定で、今のところ時期のめどは立っていないという。

*****

UFCオクタゴンガールのブリタニー・パーマーが、夫から家庭内暴力を受けていたと米ゴシップサイトTMZが報じている。夫は殺人未遂で逮捕されている。


***
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update