UFCビジネスレビュー【PPV事業が大復活】



レスリングオブザーバー8月31日号が、UFCの今年7月末までの事業成績を昨年同期と比べて分析している。

(1)PPV売上:2015年、これまでにUFCはPPVイベントを9大会実施、合計売上件数4,870,000件、大会平均541,000件。2014年の同時期には全7大会、2,095,000件、大会平均299,000件。PPV事業は今年大きく好転した。今年は去年に比べれば負傷欠場が少なかったこと、去年はアンデウソンとGSPを失った年だったが、今年はロンダとマクレガーが登場した年となったことなどが原因としてあげられる。

(2)なお、オブザーバーによる今年この後のPPV売上予測は次の通り。「ジョンソン vs ダドソン」125,000件、「コーミエ vs グスタフソン」300,000件、「ローラー vs コンジット」250,000件、「アルド vs マクレガー」100万件。これらの予想を、上記実績に加算すると、2015年のPPV売上件数は6,545,000件、大会平均503,000件。ちなみに昨年通年のPPV売上件数は3,190,000件、大会平均266,600件。

(3)北米で行われたPPV大会の観客動員数は、昨年が平均13,138人、今年は平均14,828人(12%増)。ゲート収入は昨年が平均219万ドル、今年が平均282万ドル(29%増)。

(4)米国でFox Sports 1で放送されるPPVプレリミナリーファイトの視聴者数は、昨年が平均865,000人、今年が平均1,067,000人(23%増)

(5)米国で地上波FOXで放送された大会中継の視聴者数は、昨年が平均2,730,000人、今年が平均2,850,000人(4%増)

(6)米国でFox Sports 1で放送されるFight Night大会の視聴者数は、昨年が平均864,000人、今年が平均1,073,000人(16%増)

ただしオブザーバーは、PPVのめざましい好転以外のデータは、ロンダ効果、マクレガー効果を取り除くと、昨年比ほとんど横ばいになると分析している。なお、Fox Sports 1のUFC中継視聴者の平均年齢は40歳で、主要スポーツの中ではもっとも若いのだそうだ。視聴者の平均年収は60,500ドル、米国の世帯平均52,000ドルよりも高い。

*****

ロンダ・ラウジーがフロイド・メイウエザーへの口撃を再開。好き。

フロイドは「一晩で3億ドル稼ぐようになったら電話をくれ」といっていたでしょう。だから私は実際に計算をしてみた。すると、1秒当たりの稼ぎは私の方が2~3倍多かった。だからフロイド、読み書きが出来るようになったら、私にメールを送ってくれてもいいよ。


Yahoo! Sportsがシコシコ計算したところによると、36分の試合で3億ドルを稼いだメイウエザーの「秒給」は138,888ドル(約1,660万円!)であり、ロンダがその2~3倍ということは、UFC190ベチ・コヘイヤ戦の34秒で、ロンダはおそらく合計940万~1,410万ドル程度を稼いだ計算になるそうだ(公表されているファイトマネーは20万ドルとか、そんなもので、大半はPPVボーナスなのかと思われる)。

それにしてもだ。1秒でこれだけ稼がれると、僕などはもう、生きていくのが嫌になってくる。

*****

UFCの公式マガジン「UFC Magazine」が、次回発行の10/11月号を持って廃刊になるとのこと(僕は購読者なので、そのような通知メールが来た)。WWEの公式マガジンも先だって廃刊が決まっている。

*****

新日本プロレス棚橋弘至の発言で考えた「誰のために、何のために働くのか?」ということ(BLOGOS - 常見陽平)

DDTをベンチャーに、新日本を大企業に例え、「DDTが次に何を目指すのかが見えなくなっている。メジャー団体なのか、インディーズのトップなのか」などと、どうも問題設定が不良であると思われてならない課題をベンチャーDDTに一方的に突きつけたあとで、「一方、棚橋弘至選手、新日本プロレスも過渡期にあると思う。この棚橋弘至選手の「問題発言」は話題になったのは、所詮、プロレスファンを中心に、である」と話が展開するのだから、一体この御仁は何が言いたいのかさっぱりわからない。そこは「さすが大企業の新日本はDDTとは違って世の中のことを考えている」というコンテンツがこないと、文章全体が無意味に溶けていくだけである。

それにしてもさすが、「Road to UFC」全体に「反社会的」という安易なラベルを貼り付けてきかない常見氏だけのことはあって、今回もふたたび「大企業はよくてベンチャーは悪い」とか、「ナンバーワンはよくてナンバーツーは悪い」など、桁外れに安易な偏見を臆面もなく連打し、それを下敷きに、もともと曲がりくねった論旨をさらにジメジメとこじらせていくのだから、読んでいるこちらはたまったものではない。

では問うが、常見氏は、プロレスラーたるもの、あるいはプロレス団体たるもの、誰のため、何のために働くべきだと考えているのか。あるいはあなたの大好きな棚橋は、高貴な石切工として、世の中のために何をしているというのか。それが具体的になにも見えない以上、この記事は空っぽのがらんどうと同じことである。

なお、記事の中でご自身でも「別格という感じ」などという言葉を天然で使っておられるのが痛々しいのだが、プロレスには「格」というものが暗黙的に存在するので、プロレスについて書くのであれば、一度きちんとお勉強をなさった方がよろしいかと思う。そうすればこの書き手にも、棚橋発言がもっと自然に理解できるようになるだろう。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update