ベラトールがアルティメット・ロワイヤル方式を採用!?




ベラトールが9月19日に開催するベラトール版ダイナマイト!大会の全ラインアップを発表している。全20試合、うち16試合がMMA戦、4試合がGloryルールのキックボクシング戦となる。会場となるサンホセのSAPセンターには、キックボクシング用のリングとMMA用のケージの両方が設営され、なんと前座試合では、リングとケージで別々の試合が同時進行する段取りになっているのだという。日本発祥のMMAとキックの合体興行コンセプト「ダイナマイト」に、猪木が夢見た複数試合同時進行コンセプト「アルティメット・ロワイヤル方式」までもが導入されていることになるのだ!さらにここにきて、リングアナウンサーにあのレニー・ハートを招聘したことも報じられている。ここまで日本に寄せてきているのに、日本で見る方法がないというのもクレイジーだ。
 
試合の方は正直、これといってどうしても見たいというほどでもないのだが、どちらかといえばど派手な入場シーンとか、ゲストとか、サプライズ発表などの周辺的なことが結構楽しみだったりする。いつも画面にチラッと姿が映るサカキバラ氏も、この浮かれた場でつい、なにかを発表したりするかもしれない。

*****

家庭内暴力の疑いが濃厚で、ジムの女性会員のヨガマットを投げ捨てることでもお馴染みのアンソニー・ジョンソンに、今度はペットの犬に対する暴力疑惑が持ち上がっているとBloodyElbowが報じている。ネット上に、犬を虐めるのを辞めて欲しいとのジョンソン宛の嘆願書が掲載されているのだという。ジョンソンのコメント。

私は犬を可愛がっているし、どこにでも連れて行っている。断耳はしているが、叩いたり、エサを与えなかったりしているわけではない。これはまったく笑止千万だ。私の知り合いの人に聞いてみてくれ。インスタグラムやFacebookもみてくれ。私がどれだけ犬のことが大好きなのか、わかってもらえるだろう。



僕は個人的に犬を飼ったことがないので、断耳ということが一般に行われることがあるというのは知らなかった。関係ないけど、ネコの去勢手術なら受けさせたことがある。術後のネコが帰宅して疲れた様子でいるのをみていると、ああオレはこの子をオカマにしてしまったと、心がものすごく痛むのだ。

*****

UFC191ではちょっと冴えない試合をしてしまい、勝っても落ち込んでいたアンドレイ・アルロフスキーのインタビューがUFC Magazineの8/9月号にあった。自身のキャリアの復活劇を支えてくれたのは、なんとミッキー・ロークの言葉だったという。

ミッキー・ロークが2つのことを教えてくれた。1つは「みんな復活劇が大好きだ」ということ、もう1つは「オレは幸運なんて信じない。信じているのはハードワークだけだ」ということだ。

僕はミッキーが映画「レスラー」でアカデミーにノミネートされたとき、本当にうれしかったんだ。みんな、ミッキーのことを忘れていた。でも彼は一気に返り咲いてくれたんだ。


*****

ジョシュ・コスチェックはベラトール入りして以来、ダナ・ホワイトのことを「ロレンゾの使いっ走り」とこき下ろし、リーボック制度を「奴隷に鳥のエサをやっているようなもの」などとくさすなど、口撃が絶好調なのであるが、ダナ・ホワイトとは相当にやりあったようだ。ホワイト自身がテレビ番組で次のように語っている

私としては選手とぶつかることのないよう注意しているんだが、選手の方から「いまからそこにいって貴様のケツを蹴ってやる」といわれたことは何度もあるよ。フィル・バローニとのケンカはなかなかだったな。

コスチェックともなかなかのケンカを数週間前にやったよ。まあ、600人も選手はいるんだ。暴力で脅されることくらいあるよ。何とかうまくやっているさ。



そのダナ・ホワイトが最近、ついにガラケーからiPhoneに乗り換えたとジョー・ローガンがポッドキャストで明かした

土曜日の試合のあとでダナがやってきて、コイツを見てみろとiPhoneを見せびらかしていたよ。会社に持たされているんだ。裁判の関係で、いろいろと記録を残さないといけないらしくてね。つまらんことがたくさんあるんだよ。



裁判とは、元UFCファイターのカン・リーやジョン・フィッチなどから起こされている、独占禁止法違反のクラスアクションのことを指している。くわしくはMMA Unleashedにかなり前に書いたので探してみてほしいのだが、その後この裁判は粛々と進行しており、いまは「証拠開示手続き」中なのだそうだ。

*****

米国麻薬取締局は、UFCのアンチドーピング検査も担当するUSADA、オリンピックのアンチドーピングを担当するWADA、欧州刑事警察機構(ユーロポル)等と共同で、世界20か国に及ぶ国際的なPED撲滅捜査「オペレーション・サイバージュース」を実施した。この国際捜査では全部で90人を逮捕、地下ステロイド工場16箇所を押収、13万4千回分のステロイド薬・636キロのステロイド剤原材料・8200リットルの液体ステロイド剤を差し押さえたという。中国の闇工場にも踏み込んだという。USADAだけはガチである。




スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update