UFCニューヨーク大会発表は法廷戦術の一環


ダナ・ホワイトがジョニー・ヘンドリックスの欠場についてコメント。MMA Fighting

ヘンドリックスは自滅だよ。年をとれば取るほど、減量はきつくなるんだ。食生活から見直さないといけないだろう。ヘンドリックスは今回、大きなチャンスを失った。どうにかして失地回復を図ってもらわないと仕方ない。私はヘンドリックスはもはやミドル級の選手であると見なしている。ウエルターではもう見たくない。

マネージャーが昨晩電話してきて、ヘンドリックスが激痛に苦しんでいると伝えてきた。横になっていると少しラクだとのことだった。私はすぐに病院に行けと行ったのだが、ヘンドリックスは脱水症状も起こしていて、病院に行くと点滴をされてしまうから、といって嫌がった。しかし、どのみちそんな状態で戦ってもらうわけにはいかない。

火曜日にヘンドリックスはあと26パウンド落とさないといけないと言っていた。そういう急激な減量はお薦めしていない。ライフスタイルを見直し、真剣に取り組んでもらいたい。もう20歳台じゃないんだから。

(タイロン・ウッドリーが次期挑戦者に決定したとの報道について)ウッドリーは有力候補の1人だが、考えるべき要素は他にもたくさんある。次のタイトル戦は1月の「ローラー vs コンジット」だが、どちらかが負傷するかもしれない。いろんな要素がある。ウッドリーは長い間戦っていないから、戦わないとカネがないだろう。有力候補の1人であることには違いないが、いろんな要素を考えないといけないんだ。



なおジョニヘンは腎臓結石と腸閉塞で入院したと報じられている。脱水症状が腎臓結石につながるのは理解できるけど、腸閉塞も脱水症状に関係があるのだろうか。ウンチがカラカラに乾いて詰まってしまうということ?何か他の大きな病気でなければ良いのだけれど。



UFC192終了後、UFC Fight Passではパンクラス270のライブ中継がありますよ!

*****

タイムリーに触れることができなかった件、UFCのニューヨーク大会開催アナウンスについて。UFCはこれまでも、ニューヨーク州でプロMMAが禁止されていることについて、ニューヨーク州をさまざまに訴えてきていた。その過程で裁判所が重視していたのが、「ニューヨーク州の悪法のせいでUFCは実害を被りましたか」という点であった。この点についてUFCはこれまでに有効な説明ができていなかった。もっともこれは考えてみれば無理筋な話で、ニューヨーク州ではMMAが禁止だと言うからこそ、UFCでは大会開催などをしてこなかったわけで、その結果実害を被っていないというわけなのであった。

今回の発表は、こうして実際に会場を押さえ、プレス発表まで行ったことで、ニューヨーク州のリアクションを促し、訴訟プロセスを早め、かつ結果的にこの大会が行えないとなれば、実害を証明することができるという、リーガル・ストラテジーだと報じられている。UFCではあわせて今回、「ニューヨーク州でMMAが禁止されているために、スポンサーを失った」という、これまで未公表の新事実も明らかにしている。結論から言えば、この大会発表はいわば法的手続きにすぎず、実際に開催される可能性は非常に低い。

*****

●リオデジャネイロ市が、エリオ・グレイシーの誕生日にちなんで、10月1日を「ブラジリアン・バーリチュード・デイ」に制定したと発表した


●レスリングオブザーバーが、CMパンクのUFCデビュー戦が間もなく発表される見通しだと報じている。


●現在フリーのタンク・アボットが、女子選手の対戦相手を公募している。女子選手が勝ったらアボットがファイトマネー10万ドルを支払うが、アボットが勝った場合にはサンドイッチを作ってもらうとしている。


●榊原信行氏が9月26日、モルドバで行われた「King of Kings」というMMA大会でリングに上り、その団体と東京で協力体制を取る旨を発表したのだそうだ


亀田兄弟、JBC職員に勝訴、代理人の北村晴男弁護士「虚偽事実の公表、許されない」(弁護士ドットコム)
JBCってこんな嘘までつくんですな・・・


UFC-究極格闘技-UFC in ソウル ミルコ・クロコップ&秋山成勲 参戦!(WOWOW)
WOWOW様がソウル大会をなぜか放送してくれるらしい。うーむ、WOWOWなあ・・・これのためにFight Passにジオブロックをかけて邪魔するのだけは、なんとしても無しにしていただきたいもの。


【空手】空手世界王者の内田がUFC王者目指す(イーファイト)
この方がヒョードルの対戦相手だとする情報もあるようですな。この内田さんのことは不勉強でまったく存じ上げないのだけれど、僕は正直、誰もが納得できるような対戦相手がいないなら、ヒョードルにまったくの新人をぶつけるというのは大アリだと思うなあ・・・勝てないまでも、一発ヒットさせただけでも、スター街道への扉が開く可能性もある。とにかく、大晦日大会では新しい人の台頭を是非見てみたいし、大物感のある新人をガンガンプロモーションして欲しい。UFCが、台頭中の若い選手を老獪な塩試合で潰すベテランを、ランカーだろうが何だろうが容赦なくリリースしたりするけど、そういう方針を是非取り入れていただきたいですね。


***
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update