UFCランキングに問題噴出


UFCの公式ランキングに投票権を持つスポーツ記者のJustin Mayor氏が特定の選手を上から目線で攻撃するかのようなツイートを発信し問題視されている。とくにUFC192で減量に失敗したジョニー・ヘンドリックスと対戦する予定だったタイロン・ウッドリー(ダナ・ホワイトはいったん、ウッドリーが次期ウエルター級タイトルショットを得ると発表していた)をやり玉に挙げている

どうしてタイロン・ウッドリーがローリー・マクドナルドを倒すこともなくタイトルショットを得られるんだ?ウッドリーのことなんか誰も好きじゃないし、ヤツの過去2勝もどうもパッとしない。

公式ランキング委員としてはウッドリーのランクをアップさせるわけにはいかない。減量しただけでタイトルショットはもらうなんておかしいだろう。わめいていないで戦え。

ウッドリーはローリーと戦うべきだ。負けると思うがな。ブラウンにも勝てないだろうし、コンジットもウッドリーより上だ。自分でもわかっているんだろう。お前はせいぜい4位の選手だよ。わめいていないで勝ち取ってみろや。

ウッドリー、自分で勝ち取ることなくタイトルショットをゲットしておめでとう。

ドミニク・クルーズはベナビデスのことを色々言っているが、ベナビデスとの過去2試合は地獄だったはずだ。うち1度はベナビデスが勝っていたはずの試合だ。もっと相手にリスペクトを示せ。彼のおかげでいまのあんたがあるんだから。

マイティ・マウスとウッドリー、ディラショーを見ろ。彼は別にやらなくてもいいのに、ジョー・ソトをきっちり退けた。これぞチャンピオンだ。

マイティ・マウスとウッドリー、男らしくベンソン・ヘンダーソンと戦え。



こうしたツイートに対して、ベン・ロスウェルら複数の選手から、こんなヤツは辞めさせろと苦情の声があがり、UFC広報では調査を行っているという。なおこのツイートが発せられたアカウントはすでに削除されており、本人はアカウントを乗っ取られたなどと説明しているという。

UFC公式ランキングはMMA記者やメディア関係者の投票で決定されているが、利害相反が生じる可能性があることから、著名メディアや有名な記者は参加していない。結果的に投票者の中に正体のよくわからない人物がいたり、あきらかに最新の戦線に通じていないと思われる内容の投票があるなど、かねてから投票の質が課題となっている。

*****

WSOF24で勝利したワンハンドファイター、ニック・ニューウェルが引退を発表。リンク先にインタビュー動画。ケガが多く、身体がつらく、練習が十分にできないと事情を説明しているが、涙ながらに語る姿からはかなり大きな悔いが残っているかにも見える。

UFCヘビー級のソア・パレイリ、ベラトールのベテランで現Titan FCライト級王者のリック・ホーンもそれぞれ引退を発表している。

*****

UFCが約50名の選手を順次リリースしていく見通しだとBloodyElbowが報じている。事実だとすればUFC史上最大のリストラ敢行となる。UFCは現在、560名の選手と契約している。すでにリリースが発表された選手には、小谷直之、エディ・ゴードン、マット・バンビューレン、ロジャー・ナルバエズ、マーカス・ブリメージ、クリス・クレメンツなどがいる。

UFC Fighters info - Released

リリースへの流れ(SLEEPTALKER - シュウの寝言)

*****

●レスリングオブザーバーが、RIZINのスポンサーに、中東の投資家に並んで、YAHOO! JAPANがついているようだと報じている。また、最近フリーランスになった元全日本プロレスの潮崎豪にRIZIN出撃の噂があることを報じている。ちなみにWiki情報によれば、潮崎には特に格闘技のバックグラウンドはなさそうだが・・・


●WSOFが新ブランド「World Series of Fighting: Global Championship」を立ち上げ、その第1回大会を11月21日に中国・海南省海口市で開催する。日本からは児山佳宏が参戦。WSOFが来年、東京大会を行うとの報道もあったが、もしかするとこのGlobal Championshipブランドでの開催なのかもしれない。


●人気のUFC女子ファイター、フェリス・ヘリグは現在戦線を離れて治療に専念中。ホルモン異常、胃腸虚弱、栄養失調、セロトニンやドーパミンといった神経伝達物質の異常などの複合的な要因により、不眠症やメンタルの不調の症状が出ていたとのことで、これまで5割程度の力しか出ていない状態で戦っていたとされる。こちらにレポート


Focus: UFC Japan Edition
MMAカメラウーマン、エスター・リン氏による写真と語りによるUFC Japan滞在記。ジョシュ・バーネットの活躍が中心。淡々とした味わいがある。リン氏によると、ジョシュは試合に勝つとまず長尾迪氏を探して、そちらに向かってポーズをとるのだそうだ。


ABインベブ、SABミラー買収で合意-12.5兆円で巨大ビール会社へ(ブルームバーグ)
経済新聞のビッグニュースなのだろうけれども、MMAファンにとっては、UFCのスポンサーであるバドワイザーが、ベラトールのスポンサーであるミラーを飲み込んだという話になる。

*****

小田嶋隆Twitter
あのあからさまないんちきボクサーの試合が、一時は43.1%(瞬間最高では51.2%)の視聴率を獲得する国民的人気コンテンツだったわけだから、大衆操作なんて簡単だと思う人が出てきても仕方がありませんね。



この人の趣旨がおそらく亀田をくさすことにあるのではないことはわかるのだけれど、それにしてもこの安易な比喩には感心しないですね。この人のように、亀田を見てこれくらいのことしか思わない人がいるからこそ、大衆操作なんてますます簡単だと思う人が出てくるのだと僕は思いますけどねえ。

*****

有料ですけど、こちらもよろしくね。

【ベラトール総帥】スコット・コーカーインタビュー「日本には日本のMMAリーグがあるべきだと思うんだ」(Dropkickチャンネル)

「心配するな、スター選手は必ず出てくるさ」 スコット・コーカーは自信満々にこう語った■MMA Unleashed(Dropkickチャンネル)


***






スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update