アンデウソンFight Pass進出の背景


UFCが2月27日開催のUFCロンドン大会のメインイベントを、「マイケル・ビスピン vs. ゲガール・ムサシ」から、「ビスピン vs. アンデウソン・シウバ」に変更した。ムサシは負傷しているわけではなく、セミファイナルに登場の予定。Fight Pass専用大会でもあるロンドン大会のチケットはメインイベントに「ビスピン vs. ムサシ」を発表していた時点で発売され、即日ソルドアウトとなっているため、観客動員をこれ以上強化する必要はなく、今回のカード変更はUFCが取り組み始めているFight Pass強化策の一環であるとみられる。「アンデウソン vs. ビスピン」であれば、普通にPPVで30~40万件は売りそうなカード。この大会だけで見ればとても収支が合うようには見えないため、米MMA記者のタイムラインでは、Fight Pass値上げへの序曲では・・・?という声も聴かれる。

UFCではまた、1月17日のボストン大会でも、米国Fox Sports 1の放送時間を5時間から4時間に短縮してまで、Fight Passオンリーのプレリムカードを5試合に増量、ティム・ボウシュやイリール・ラフィティ、ダロン・クルックシャンクら、メインカードに出たこともあるような選手の試合を配置している。

なおアンデウソン・シウバについては、3月開催のブラジルでのPPV大会で、ヴィトー・ベウフォートと対戦するとの見方が強かったが、今回の発表により、ヴィトーの次戦はルーク・ロックホールドのタイトルに挑戦することが濃厚となったとの見方がもっぱらだ。ミドル級をはじめとする、こうしたUFCのタイトル戦線の総まとめは、ちょうどいま、MMA Unleashedにまとめてあるので参照されたい。

*****

オブザーバーによると、UFCがコナー・マクレガーの次の対戦相手についてのファン投票を行ったところ、ジョセ・アルドが得票率39%、フランキー・エドガーが37%、ハファエル。ドスアンジョスが20%だったのだそうだ。

*****

地元アイルランドでセンセーションを巻き起こしているコナー・マクレガーではあるが、必ずしも全員がもろ手を挙げて応援しているというわけでもなさそうだという話。Bleacher Reportから。

アイルランドではほぼすべての人がマクレガーのことを知っている。道行く人に無作為にマクレガーのことを知っているか尋ねてみれば、ほぼ間違いなく表情豊かに反応してもらえるだろう。バーテンダー、タクシー運転手、ホテルのベルボーイ、誰もがマクレガーを知っている。マクレガーは地上波テレビにも出演しているし、アイルランド最大のメディア企業も、いま最も有名なのはマクレガーだと太鼓判を押している。

しかし、アイルランド人の中にもマクレガーに対する気持ちに大きな溝が出来ている。MMAファンの若者は、マクレガーのことが大好きだ。配管工の惨めな生活から抜け出して、名を成した英雄なのだ。もともとアイルランド人はファイターに弱い。パブでマクレガーの名前を叫べば、熱心なサポータたちの大合唱が始まることだろう。

一方で年配の人たちはマクレガーのことを余り良く思っていないようだ。35歳~40歳以上の人にとっては、マクレガーの自己PRが好かれていない。もっと謙虚な人が好きなのだ。たしかにアイルランドのスポーツヒーローは、謙虚であまり自己主張しない人が多い・・・

72歳のFrancis Curranさんは、マクレガーのことは知っているが、マクレガーの振る舞いはあまり好きではないと言う。「一度やられればいいんだ。ただやられるだけでなく、こっぴどく叩きのめされるといい。ヤツが負けるところを見たい。一度地に落ちて、そこからもう少し謙虚になってやり直せば良い。モハメド・アリもそうだった。誰でもいいから、マクレガーを倒して欲しい」・・・



*****

RIZINに関してはどうも醒めたままで今に至ってしまった。オレ流見所でもまとめてみようかとも思ったが、カード表を眺めてみても思いつくことはほとんどない。PPVは買わない。フジテレビがあれだけ放送してくれるなら、それをチェックするだけで、見る前からもうお腹いっぱいで、なんならちょっと気が重いほどだ。ここまでのビルドアップで、いろいろ不思議なことはあった。どうしてあんな70年代のヘビメタバンドみたいなロゴにしちゃったんだろうとか、高田延彦氏がもはや「カード発表おじさん」にしか見えなくなって困っているとか(高田氏をテレビで見るたびに、周囲がキョトンとしてしまうようなカードを所構わず発表しはじめるのではないかと心配になるのだ)、「RIZIN FIGHT CLUB」ではなく「FUJIYAMA FIGHT CLUB」なのは何故なんだろうとか(リスク管理なのかもしれないね・・・ザワザワ)。茶々ばかりいれているが、もちろん大成功を収めていただきたいとお祈り申し上げているし、大会はじっくりと拝見するつもりだ。大晦日はTBSとフジとMXの3つの同時録画をどうしようと困っていたのだけれど、MXのREAL FC中継は直接の裏番組ではなかったので、年明けにゆっくり観戦できそうだ。


**
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update