ダナ・ホワイト新年のお言葉


米国時間で6日(水)夜に放送された情報番組「UFC Tonight」にダナ・ホワイトが出演、新年のお言葉を述べた

Q ダナ、正月休みはどう過ごされていましたか。

睡眠薬を飲んで9時間ぶっ続けで眠ったよ。

Q ロビー・ローラーとカーロス・コンディットは素晴らしい試合をしましたが、判定結果には異論もあります。

際どい判定だったことは確かだ。3ラウンド目をどう見るかによって違ってくるね。

Q リマッチはあり得ますか

わからん。彼らは5ラウンドの大戦争を終えたばかりだ。いまは試合の話はしないようにしているんだ。

Q コンディットが引退をほのめかしています。

まだ本人と話をしていない。しばらくはそっとしておいてやろう。家族とゆっくり過ごし、身体が治った頃に、電話をかけようと思う。

Q ライアン・ベイダーとアンソニー・ジョンソンの勝者はタイトルに挑戦できますか。

ベイダーは連勝中だし、コーミエにも挑戦したがっている。ベイダーがジョンソンという怪物を倒すことができれば、当然に資格はある。

Q ロンダ・ラウジーが静かです。このまま引退したりしないでしょうか。

もちろんだ。ロンダはまた戦う。ロンダはここ3年、懸命に戦い、働き、プロモーション活動をして、UFCを新次元に持ち上げてくれた。じっくり休む資格はある。でも、必ず戻ってくる。

Q コナー・マクレガーがライト級タイトルに挑戦するなら、フェザー級タイトルは返上しなければなりませんか。

コナーはこう言っていた。ライト級のベルトを取ったら、年に4回試合をして、両方のベルトの防衛戦を行うのだと。そんなことが出来るヤツがいるとすれば、それはたしかにコナーなのかもしれない。コナーは自分で口にしたことは必ずやってのける男だ。私も興味を持っているよ。普通なら、階級を変えるなら、ベルトは置いていきなさいといいたいところだが、彼にはやらせてみても良いのかも知れない。コナーは本当にカネが大好きな男だからな。

Q 最近のあなたとジョン・ジョーンズとの関係は良好ですか。

ああ、これまでになく良好だ。ジョンにも聞いてみてくれ。私は良好だと思っているんだが、相手はそう思っていないことがあるからな。

Q マジソン・スクエア・ガーデンで戦うことは本当にできるのでしょうか。

私ほどの楽観主義者でも、ニューヨークの状況は楽観視したことがないんだ。いまはまだ、弁護士やスタッフが実現に向けて動いている。もうしばらく待ってくれ。ニューヨークはおかしな場所なんだ。

Q ホーリー・ホルムの次戦はロンダ・ラウジー戦になりますか。

ホーリー・ホルムは、ロンダ戦の前に1試合挟むことになる。



ちなみに、「ホーリー・ホルム vs. ミーシャ・テイト」の女子バンタム級タイトル戦が、3月5日のUFC197ダラス大会(未発表大会)で行われるのではないか、というのがもっぱらのウワサだ。

******

セージ・ノースカットを輩出した、UFC Fight Passにアップロードされているリアリティショー『Looking for a Fight』で、今度はダナ・ホワイトがミッキー・ゲール(Mick Gall)という選手をスカウトした。23歳、戦績1-0。そしてどうやらこの選手が、CMパンクとの対戦をさかんに要求しているのだという。パンクも当初予定では去年の夏にデビューの筈だったのだ。そろそろ試合が決まらないとおかしい。

*****

オープンが4月6日に迫った新装開店版MGMグランドガーデンアリーナの名称が、「T-Mobile Arena」になることが明らかになった。T-Mobileは米国の大手携帯電話キャリア。UFCもこのアリーナの命名権獲得を目指していたとされるが、「UFC Arena」誕生は叶わなかったことになる。


**
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update