中邑真輔WWEデビューは4月1日NXT!


中邑真輔のWWEデビューが4月1日のNXT TakeOverダラス大会に決まった。ちなみにTakeOverというのは、毎月1度行われるNXTのメジャー大会のことなのだと思う。この大会のカードは次の通りだ


NXTタイトル戦 フィン・ベイラー(プリンス・デーヴィッド) vs. サモア・ジョー
中邑真輔 vs. サミー・ゼイン
オースティン・エイリーズ vs. バロン・コービン
女子タイトル戦 ベイリー vs. アスカ(華名)
NXTタッグタイトル戦 Dash & Dawson vs. Jason Jordan & Chad Gable
Apollo Crews vs. Elias Samson



むむ、これはちょっとWWE Networkに入りたくなったな。「レッスルマニア」も4月3日にあることだし、4月の1か月間、まずはお試し加入してみるというのがすこぶる具合がよいかも。

(我田引水な参照)

今が旬!萌えるジャパニーズ・ディーバASUKA、WWEで大ブレイク中!■MMA Unleashed 2016-01-14
WWEスーパースターへの茨の道、KENTAの冒険始まる■MMA Unleashed 2014-07-24


ちなみにAJはウワサ通りロイヤルランブルに登場を果たした。もっとも、内容的には意外にあっさりしていたらしい。まあ、ロイヤルランブルだからね~ で、このAJのWWEデビューを受けてということなのか、当ブログの下記の記事がここ数日、またよく読まれているようである。

AJスタイルズ・インタビュー【オブザーバー】(2015/9/3)

ちなみにこういう記事は「シュート・インタビュー」として、アメリカではマイナーながら一つのジャンルとして成立しているみたいですね。シュート・インタビューのDVDを細々と定期的に出している出版社もあるとか。暴露趣味ではない、人間ドキュメントになっているところがいいですね。

オブザーバー情報では、新日本では棚橋が大きなケガを負ったともいうから(欠場は回避するらしいけど)、そうなるとさすがに展開が大変そう・・・。ところで新日本のオンラインサービスの加入者3万人って、皆さんはどう評価されておられますか。僕は第一印象でそんなに少ないのかと驚いたのだけれど、よく考えてみればこれを少ないと決めつける根拠はなく、かといって多いのかどうかもよくわからず、うーむ、どうなんだろうなと。そういえば当初目標は10万人とされていたような気も・・・

*****

タイトルマッチへのスライド出場がならなかったジョシュ・バーネットによる、恒例のプロレス風公開練習!楽しそう。



*****



UFCファイターの体格平均値。階級が上がっていくほど、身長もリーチも伸びていく、というのは分かるのだけれども、ついでに年齢まで延びていくというのは一体どういうことなんだろう・・・?

*****

●『大武道』創刊号を読了。結構面白かった。とくに第2特集の「達人」の部は加速度的に読ませた。

馳文科相「公営住宅ある学校の家庭混乱」 発言後釈明(朝日新聞)
Boooo!


***
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update