UFCファイトナイト・ピッツバーグ大会感想


UFCファイトナイト・ピッツバーグ大会をFight Passで観戦。

デニス・バミューデス def 川尻達也

川尻、例によって日本人ファイターらしくなく、騙し合いなら負けなさそうに見えるのが頼もしい。この試合も3Rにわたって、川尻っぽい印象の試合に引きずりこんでいたと思うのだけれど、そんな川尻のゲームの中で、試合後半にかけて、じりじりとバミューデスの若さと体力に押し返されてしまったように見えた。ふうむ、やっぱり一定のランキング以上の選手というのは確実に強いんだなあと再認識。もちろん残念だけど、なんだか後味はスッキリとしている。

ドナルド・セラーニ def アレックス・オリベイラ

メインイベントのカーボーイ対決では、毎度お馴染み流浪のファイター、ドナルド・セラーニが、若い相手の打撃をしばらくお手並み拝見とばかりにかわした後、急にテイクダウンを取ったと思ったらあっという間に三角締めでフィニッシュ、まるで若手レスラーをかわいがる藤原喜明のような熟練のパフォーマンスであった。この人はやはりラスベガスでのタイトルマッチより、パンツ一丁で地方都市を回って、客を確実に湧かせて賞金稼ぎをする姿がよく似合う。来月あたりに誰かの代打で次の試合をしていても不思議ではないだろう。

セラーニ、試合後インタビューで
「痛い目にあいたい?ならいい男を知ってるぜ」

*****

UFC Fight Passの担当役員、エリック・ウィンターが、ネット番組MMA Hourに出演している

Q Gloryとエディ・ブラボー・インビテーショナル(EBI)という、MMA以外の格闘技コンテンツがUFC Fight Passに追加されました。このような取り組みは今後も続けていくつもりですか。

いま我々は9団体のライブ中継を行うようになった。1月から5月まで、Fight Passでライブ中継がない週末は3回しかない、というところまできている。まずはGloryとEBIをしっかりと成功させることが先決だが、将来的にはMMAに関連する各種の格闘技へと手を広げていきたいと考えている。

Q UFCの将来はPPVからFight Passに移行していくのでしょうか。

そうではない。PPVはまだ成長している事業だ。Fight PassはUFCの売上源のひとつだと考えている。

Q 最近のFight Passでのアーリー・プレリムのラインアップを見ていると、だんだん豪華になってきていることが感じられます。

私はもともとPrideもUFCも大好きだったので、実はUFCに入社して一番の役得は、火曜日の朝のマッチメーク会議に参加できることだった。そこで話を聞いていて、なぜこの選手がメインイベントなのか、なぜ選手Aと選手Bが戦うのか、ようやく私にも仕組みが分かってきた。そこで私も近頃は、Fight Pass用のアーリー・プレリムのカードについて、自分の意見を言えるようになってきたんだ。UFC195で「ダフィ vs ポワリエ」をFight Passで組んだのは、私の意見だった。Fight Passはファンに借りがある、ファンにお返ししないと行けないと私は思っているんだ。

Q 検索機能やユーザーインターフェイスの刷新の話はどうなっていますか。

UFC.tvとFight Passが古いシステムで運営されていることはわかっている。ずいぶん時間がかかっているが、刷新作業は進めている。検索がロクに動かないことは分かっている。私も困っているんだ。刷新はもうまもなく行う。使い勝手は10倍ではなく100倍よくなる。

Q 様々な団体と提携なさっていますが、獲得したはずのビデオライブラリーが、十分に閲覧できないようにも思われます。

今9団体と提携していて、15000時間分の映像の権利を持っている。これらをアップロードして行くには、たとえば日本に行って、VHSテープを入手して、一定の品質のものかどうかを確認し、次にこうした映像をエンコードして、メタデータを付けて、アップロードしなければならない。こうした手作業は、外部業者にも委託して、順番にやっているところだ。ライブラリは毎週のように増加しているから、期待して待っていて欲しい。

Q 今週末の「アンデウソン・シウバ vs. マイケル・ビスピン」は、Fight Pass史上、最大のアクセス数になるでしょうか。

今私が心を砕いているのは、この試合を、技術的に最高の状態でお届けすると言うことだ。新規加入も大きく増えているからね。


*****

●コナー・マクレガーとUFC首脳陣の不仲説が噂され、試合も近いのに意外なほどマクレガー戦のプロモーション活動が目立たないような気がする今日この頃、マクレガーのインタビュービデオがSevere MMAというマイナーサイトに登場していて、どうにも都落ち感がぬぐえない。いまごろはアメリカの全国ネットのテレビとかに出ていても不思議ではないはずだと思われるが・・・。ちなみにこのインタビューでマクレガーはUFC首脳陣との不仲説を一蹴している。


●プロレスの試合中にプロポーズ。これは斬新。


●RISE中継で、ボディにヒザを食らってKO負けした外人選手がゲロをぶちまけていましたよ。個人的には流血戦なら飯食いながらでも見れるけど、ゲロのシーンはすっかり脳裏に焼き付いてしまっております・・・


*
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update