よくもドタキャンなんてできるよなあ・・





Conor McGregor to meet Nate Diaz at UFC 196 (MMA Fighting)

前回のアルドと言い、今回のRDAといい、格闘技の練習にケガは付きものなのかもしれないけれど、日本人的感覚から言えば、それはもう、ケガをした人の不徳の致すところではないのかなあ。ケガをしないように練習をするのも仕事のうちではないんですかねえ。サラリーマンだって、風邪をひかないのも仕事のうちだと教わるよねえ。とくにこれほどのドタキャンとなると、それだけでもう、不戦敗でベルト移動でも良いような気がする。そうでないと、なーんかケガをしたヤツがトクしているような気がするんだよな・・・

大舞台を任された男が試合直前に穴を空けるというのは、よくも平気でそんな決心がつくよなあと、逆に何だか感心しませんか?僕なんか、締切1日延ばしてもらえませんか、程度のことが怖くて全然言えませんよ。それも頭おかしいかな。「自分はアスリートですから」と澄ましている人って、逆にものすごく図太いと思うわ。それともアスリートとしてはやっぱりそれで正解なんですかねえ。

エドガーもアルドもショートノーティスでの代打出場を断ったと報じられる中(ちなみにアルドは、いつなんどきでもマクレガーと戦う、とつい最近、自分で啖呵をきっていたのですよ、みなさん)、フェザー級王者のマクレガーがこともあろうに170パウンドでの試合を受けたというのは、こんなものはUFC史上見たことも聞いたこともない話、ミノワマンもびっくりの、ある意味リアルガチのスーパーハルク。こんなスーパーマンのようなマクレガーの対戦相手としては、もうアルドとかRDAではつまらないので、UFC200ではいっそ、「マクレガー vs ローラー」「マクレガー vs GSP」でいいんじゃないか。

いつもカネのことで文句たらたら、つねに今にも引退しそうなネイトも、こういうところにスッと出てくるというのは、ちゃんと分かっていますね。うれしいですね。



***
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update