粛々と進行中?UFC身売り説


レスリングオブザーバー最新号は、UFCの身売り話はどうやら、株式の1部と言うよりも、ほぼ全株が身売り対象になっている模様で、目処となる入札額は当初報道通り35~40億ドル程度であると報じている。すでにデューデリジェンスも始まり、入札の第2ラウンドに入っていると伝えられる。買い手の中には、クンルン・ファイツ主宰のJiang Hua氏もいるとの報道もある。

ダナ・ホワイトの宿敵ティト・オーティスはラジオ番組でUFC身売りについて意見を聞かれ、次のように語っている。

新会社は大失敗すると思う。UFCがうまくやれているのはダナ・ホワイトがいるからだ。中国人オーナーがダナに仕事を続けてもらうことができない限りは、全部がおじゃんになるだろう。続けるかどうかはダナの気持ち次第なんだと思う。



*****

ランディ・クートゥア、ヒョードル戦での復帰説を否定。MMA Fighting

ヒョードルがリングに復帰して、大晦日のRIZINに登場したころから、私の元にはたくさんの電話が来るようになった。スコット・コーカーとも話をしたのは事実だ。私がベラトールのプロモーションで訪れたコネチカット州では、そのことばかりを聞かれた。私がこなしたインタビュー取材では、復帰してヒョードルと戦わないのかと聞かれた。スコットは隣に座って、私の受け答えをじっと聞いていたよ。

それでスコットは私の考え方を理解してくれたんだと思う。信頼できる男だからね。52歳にもなって、今から現役に復帰して戦うことには私は興味はないんだ。体調には問題ない。もっともこの5年間は、試合が出来るようなコンディションは全く作っていないがね。とにかく、復帰は現実的ではない。カネの問題でもない。また試合をしてみたいと思わないんだよ。私は自分のファイターとしての実績に満足しているし、いまは俳優の仕事を楽しんでいる。

(UFC200の記念イベントなどに招待されていないことについて)腹立たしいことは確かだが、そういうものなんだろう。おそらく彼らは、私に仕返しをしようとしているんだろう。私はかつて、UFCの契約書の問題点を突いたり、選手の扱いについて異議を申し立てた。彼らはそれが気に入らないんだ。私はズッファがUFCを買収した時からずっと、拘束が強すぎる契約内容や(一方的すぎる)付帯権利について戦ってきたからね。

その後私はヒョードル戦を実現させようと、13か月間、UFCを離れたこともあった。彼らはそれが気に入らないんだ。私はUFCのプロモーションにも協力したし、沢山の売り上げも上げたと思っているが、そうしたことは彼らは覚えていないわけだ。私もこのスポーツの成長に関わってきたつもりもあるから、殿堂入りを果たしたいと言う気持ちがあることは確かだ。でもこればかりは相手が決めることで、私にはどうしようもない。私にはベラトールやWSOFを応援する仕事がある。あとはUFC次第だ。



*****

●One Championshipに出場した内藤や横田がやたらに試合前の「尿酸値」チェックにごうかくできるかどうかを気にしていたというMMA Planetの記事を、へえ、そんなことがあるのかと思いながら読んでいたのだが、オブザーバーによるとUFCでもどうやら、7月7、8、9日の3連戦から、試合前に平静時の血圧や脈拍数を含む、バイタルチェックを行う旨を選手に通知した模様だ(そこに尿酸値が含まれているかどうかは分からないが・・・)。「ファイトウィークに現地入りした際に契約体重のプラス8%以内に収まっていること」という新ルールに合格できなかった選手には、特に厳しいバイタルチェックが行われるとともに、減量セミナーの受講を推奨されることになるのだという。

それにしても、もし尿酸値や血圧が規定値より高かったらどうなるんですかね。試合がキャンセルになるのか、それとも、お薬を飲んで抑えるのか・・・


●UFCがブラジルに常設会場を建設との報道。カジノも併設する構想。


When Goliath Loses (New York Times)

スポーツ史に残るアップセットの特集。「ルーロン・ガードナー vs. アレキサンダー・カレリン」「バスター・ダグラス vs. マイク・タイソン」、そのほかテニスやサッカーの歴史的なアップセットらと並んで、「ホーリー・ホルム vs. ロンダ・ラウジー」がいの一番にリストアップされている。


**

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update