個人興行の是非

レスリング・オブザーバー7月3日号によると、最盛期には30万部を売りさばいていた週刊プロレスは、一時は3万部にまで低迷していましたが、ここにきて5万部程度売れているそうです。また、調査の結果、読者の殆どは、ここ3年から5年の間にプロレスファンになった人たちなのだそうです。

ということは、いまの週プロの読者は、例えばこのブログなんか見てないということでしょうね。平成のデルフィンのあとの世代ですね。何が面白いと思っているのか、聞いてみたいですね。井上亘とかを応援しているのかな(笑)。

*****
みちのくプロレスが岩手放送テレビで週30分の番組を放送開始するようです

*****

初代タイガーマスクが25年ぶりに新日本のマットに復活!!(Kampiro)

8.26 新日本プロレス後楽園大会『レッドシューズ海野レフェリー20周年特別興行』で。天龍も参戦。レフリーの記念興行って?

この興行は新日本なんですが、最近、選手個人や、その他色んな名目のプロジェクトで一発ものの興行が行われますね。これって、どうなんでしょう?ファンにとっても色んな試合を見れるのはいいことなのかもしれないし、選手にとって仕事場が有るも良いことに違いないけど、どうもどの大会もあんまり変わり映えしない気もするし、格がめちゃくちゃになるし、でもまあ多彩な試みがあることは悪くないし・・・分析のきっかけや問題点をつかみかねるけど、なんか気になる動向です。

*****
K-1ワールドGP IN 福岡の視聴率は11.6%(スポーツの視聴率を語るブログ)

いくつかのブログさんでこのK-1大会のレビューを読みましたが、肩から力が抜けてて面白いレビューが多いな。僕もK-1観戦記は大変書きやすい。隙と愛嬌があるんだろうね。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update