WWEプロデューサーが語るドナルド・トランプ


プロレスファンなら、だいたいこれで安心するんじゃないかなあ。ちゃんとしたブレーンさえいれば大丈夫だという気がするのだけれど。

コート・バウアーはちょうど『バトル・オブ・ザ・ビリオネア』の頃にWWEのライターとプロデューサーを務めていた。バウアーはインタビューに答えて、この大会でのトランプが演じた役回りが、大統領選の予行演習になっていたと見ている。

「よそ者に冷たい観客の心を、とても効果的に、一瞬で掴まなければならなかった」とバウアーは語る。「振り返ってみれば、あれが未来の先駆けだったのかもしれない」。

・・・トランプは自分の役回りを最大限に楽しんで演じることで、観客の心を掴んでいた。デトロイトでは、トランプはマクマホンに飛びかかり、顔面にパンチを入れた。トランプはまた、”ストーンコールド”・スティーブ・オースティンの得意技、ストーンコールド・スタナーを受けることを許した。

バウアーは、「トランプは何でもやる芸人だった」と語っている。「期待値を完全に上回っていた。あそこまでやるとは、誰も思っていなかった」

・・・『バトル・オブ・ザ・ビリオネア』の翌日、マクマホンはトークショー『Today』に出演した。頭は刈り上げられ、目の周りは黒ずんでいた。屈辱にまみれたふりをしながら、マクマホンはこの対決唯一の確かな真実を雄弁に語ったのだった。「ドナルド・トランプは偉大なエンターテナーだよ」。



出所:ワシントン・ポスト

**

[WWE] リンダ・マクマホン、ドナルド・トランプの内閣に入閣か?:UPDATE(青空WWEニュース)


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update