UFCが女子フェザー級を創設?



UFC公式のポッドキャストに出演したダナ・ホワイトが、女子145パウンド級を創設しようと、クリス・サイボーグに試合のオファーを出したら、2回も断られたという楽屋話を明かしている

1が月前にクリス・サイボーグに145パウンドのタイトルマッチのオファーを出した。試合までは8週間あったが、クリスは減量が間に合わないといった。

そこで私は、ではブルックリン(2月のUFC 209)ではどうかと再度オファーを出した。しかし彼女は断ってきた。初代UFC女子145パウンド級のタイトルマッチを断ってきたんだぞ。

本当に減量の問題なのか疑わしいと思っている。一体なぜできないのか、原因を突き止めないといけない。



対戦相手についてダナは、1度目のオファーではホリー・ホルム戦、2度目のオファーではジャーメイン・デランダミー戦だったと明かした。

この件についてクリス・サイボーグはMMA Fightingの取材に次のようにちぐはぐな回答をしている。

前回の減量(140パウンド)で私は死ぬ直前だった。人生最悪の減量だった。バスタブの中で、ああ、このまま死んでしまうのではないかと思った。UFCが雇った栄養士のジョージ・ロックハートは、経口避妊薬を使えば効果的に減量できるといっていたけれど、それが全く上手くいかず、結局最後の1週間で24パウンドの減量をした。ロックハートと最後に話したのは、試合前の控室だった。その後彼は姿をくらましたので、もう彼の指導は受けていない。

身体が弱り切っていて、試合前の控室ではウォームアップもできなかった、試合の翌日に自宅に戻ると体調が悪化したので、私はメディアのスケジュールを全部キャンセルして、通院で経過観察の日々を過ごしていた。そのとき私は、もう140パウンドでの試合は一切やらないと決めた。私は自分の階級(145パウンド)でしか試合をしないし、準備期間は12週間なければ試合はしない。

UFCからは、10週間後の試合のオファーがあった。私は、2月になら試合ができると答えた。まずは自分の身体を大事にしないといけなかった。ひどいうつ状態でもあり、もうあんな減量はしたくないのだ。ベルトよりもまずは自分の身体だ。

ファンのみなさんに感謝します。やった!ついに私は自分の階級で試合が出来る。2月にお目にかかりましょう。



****

労働組合MMAAAの立ち上げメンバーの1人、ティム・ケネディが、ビヨン・レブニーの存在について次のように語っている

我々選手だけでは、交渉相手のことがよくわからないから、プロモーターの視点を持っている誰かが必要だった。ビヨンは必要悪なんだよ、ビヨンのような人がいてくれないと戦えない。彼がプロモーター時代に行った自分の悪事も正してくれるのかどうかは分からない。それは彼自身の問題だ。ただ、今の彼の心持ちは正しい場所にあると思う。今こそ本当に、ファイターのために仕事をしようとしてくれていると思う。ベラトール時代には、彼も選手を悪用して、バイアコムのために利益を上げようとしたことはあるだろう。彼はそういう暗黒面も知り抜いている。ただ、いまの彼は100%、ファイターをサポートしてくれているということだ



****

7月にUFC殿堂入りを果たしたドン・フライが、その後2か月半にわたって、集中治療室で治療のための人工的昏睡状態にあったことを明かしている。腰痛と高熱で病院に行ったところ、腰に挿入していた鉄の棒が折れ、そこから血中にばい菌が入っていたことが判明。その後脳出血と肺炎も併発したのだという。

2か月半の眠りから覚めたフライは、その後10日間起き続けていたという。フライは今年初めに離婚、2人の娘さんとも離れ離れになっている。

****

「NHKには10年以上ウナギを追ってきた記者がいる」…クローズアップ現代にフリーライターが脱帽(見えない道場本舗)

リンク先の指摘で思い出したのだけれど、NHK BS「アナザーストーリーズ」タイガーマスク編の製作者が「真夜中のハーリー&レイス」に出演していた回を聴いたのだけれど、その中で製作者がダイナマイト・キッドの絵を取るだけのために、イギリスに2回出張したと語っていた。BSの1時間番組の、あの10分ほどのシーンのためにである。熱心さに感服しつつも、ずいぶんゆとりのある仕事なのだなあとの印象は持った。「外注すればうんと安く済むのでは・・・」と思ってしまうのだ。うらやましすぎるから腹が立つのかもしれない。

それにしても、ウナギ研究10年、10分のシーンのためにイギリスに2回である。受信料のことを考えたくもなるし、そもそもこんな話を自らラジオでしゃべっているというだけでも、ちょっと首をひねりたくなる。個人の意見ですが。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update