RIZIN 12.31レビュー


RENA def. ハンナ・タイソン

ポーランド人のハンナ・タイソンは、UFCストロー級女王のヨアンナ・ヤンジェイチェックと同じ街に住んでいるのだそうだ。ヤンジェイチェックばりに「ハッ!ハッ!」といいながら打撃を繰り出すタイソンも、一筋縄ではいかない根性あふれる試合をみせてくれた。こんな女性ばかりが住んでいるというの街というのも考えただけでゾッとする。しかし大阪人RENAの落ち着き払った佇まいは、ポーランドの喧嘩屋を上回っていた。相手の攻撃を冷たい眼で見極めると、ムエタイクリンチからのヒザ蹴り、多彩な立ち関節など、後はどうなっても知らんといわんばかりの恐怖の技術を嬉々として繰り出し続ける。最後はボディが効いたと見るや、相手の腹を殴る蹴るの集中的暴行であっという間に試合をフィニッシュしてしまった。これをかわいらしい顔でやるのだ。何と頼りがいがあることだろうか。もはやRIZINの大黒柱の風格だ。

山本家

山本家の2人が今回はいいところなく負けてしまったわけだが、負ける度に画面には山本家の子ども(男子と女子、小学生くらい)の悔しそうな姿が必ず映し出されるのである。これがすばらしい。この子たちが10年後にリベンジに来るのだろう。そう思うとRIZINはまことに安泰である。

なお、「必ず映し出される」といえば、フジヤマで武尊の試合を放送するときには、必ず「応援する子ども」の絵が挟まれることになっている。こちらは何の意味があるのか、わからない。こういう分からない映像には、私はよく用心をすることにしている。

クロン・グレイシー

なんと、日本人のトップに簡単に勝ってしまった。もうRIZINに相手はいないのではないか。MMAファンとしては、ベラトールやUFCで出世していくクロンを見てみたい気もする。しかしRIZINでグレイシーの名前を持つ人が猛威を振るうのを定期的に見るのも悪くない。品格のある試合運びに、ほんのり漂うディアス兄弟的暴力性(あのダーティ・ボクシング!)。単なるオヤジのコピーではない、新型グレイシーのこれからがますます楽しみだ。

*****

デイブ・メルツァー記者評定、2016年プロレス・ベストマッチ。最高ランクの5つ星は4試合、うち3試合が新日本。


*
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update