【レビュー】K-1 WorldMax 2008.7.7 武道館


K-1 World Maxを見ました。今大会はなんと言っても佐藤嘉洋。プアカーオの動きがゆっくりと止まり、倒れていく絵は戦慄でした。最後のパンチがKOの決定打ではあるんだけど、その前にどの攻撃がプアカーオを棒立ちにさせたんでしょうかね。ボディへのヒザ?

ブアカーオのコメント
最後は真っ暗で、なにも見えていない状態でした。覚えていないですね。


これまではもうひとつ、「何を言うてはんの?」と他人事だった佐藤選手の試合後のマイクアピールすら、大仕事のあとだけに、ちょっとは伝わってきましたね。ちょっとですけどね。

プアカーオの心情も少しは慮りたい。短期間で3戦目、過去二戦は勝っている相手。これではテンションが上がるわけないし、プロモーターの気持ちも伝わってきてしまう。

個人的には佐藤のことは、ちょっと過小評価していたかもしれない。当初は試合もまことにつまらなかったし、コメントも小さいので、もっとキライになると思っていたけど、実際には、もう随分長くMaxの舞台を暖めているし、その中で進歩してるし結果は出すし試合は面白くなってきているし、キライになりきれない。こんな斜に構えた一般視聴者を認めさせるのだから、やはりたいした努力なんだろうと思う。Maxが佐藤時代、World GPがシュルト時代というのは、ちょっとどうかと思うけど。


●魔裟斗 def ドラゴ
1Rのドラゴは、なにかカウンターでものすごいものを返してきそうで不気味でしたね。谷川さんも言っていたけど、魔裟斗選手はKOを焦っているようにも見えたので、ドキドキしました。2R以降は盤石。

●アルトゥール・キシェンコ def 城戸康裕
城戸の1Rは素晴らしかったですね。自信のオーラをまとっているようにも見えたし、動きもシャープでした。その勢いを削いで自分の試合にしたキシェンコ選手も見事でした。城戸のようなチャッカリしたキャラも今風でいいんじゃないでしょうか。

●上松 def エディなんとかかんとか
エディさんのやられて辛そうな表情が印象的。ちなみにいま、「Google急上昇ワード」というガジェットを見ると、上松選手が6位に付けています。早くも女子のハートをつかんだのでしょうか。

●アンドレ・ジダ(1R1分43秒、KO ※右アッパー、3ノックダウン)def レミギウス・モリカビュチス
ギャー!これが地上波ではカットされていた!ありえない!こんな短い試合、なんとか押し込めなかったのか!?

●電通の人
サラリーマンでも格闘技が出来る!有給休暇で参戦!って、そんなに偉いか?いや、格闘技に参戦しない僕よりはむろん偉いが、働きながら格闘技をしている人ってとくに珍しくないだろ?彼が電通ではなくて三井物産やIBMだったら、こんなに会社名を連呼されただろうかとは思うが、それでもコカコーラにスポンサーさせたと言うからやはり侮れない。

●谷川プロデューサー談
60kgに関しては可能性を感じました。ただ、反省点はあります。相手の情報がないので、戦績や体重などで選んでしまったという部分です。こちらで研究して、噛み合うような相手を選ばないといけません。それは反省です。


がははは。非常に素直だな。ただ、こちらとしても、上松や大月の参戦は知っていても、そういえば対戦相手が誰かなんて、気にもしませんでした。
トーナメントのリザーブファイトは、「クラウス vs 城戸」を考えているそうです。

あと、CM明けに次回DREAMの5秒くらいの番宣が繰り返し放送されていましたが、KIDと秋山のことしか言っていませんでした。宇野はちょっと映るくらい、青木や川尻は完全無視。

*****
ミルコ・クロコップ、ブログで明言「DREAM.5の出場もキャンセルします」(MMA IRONMAN)

なーんか、「意外」という感じが殆どしないな。またかよという気持ちもあるし、ジェロム・レバンナがK-1に出るとわかった時点からミルコのカードのつじつまあわなくなったきり、放置プレイだったし。

欠場と聞いても、あんまり残念でもないことが寂しいね。年末に大きな勝利を手にして来年はUFCでリベンジする、という筋書きは、もうタイムフレーム的に間に合わない気がする。このままフェードアウトしてしまわないだろうな・・・

*****

「プロレスはやらせなのか?」…Yahoo!知恵袋で激論(痛いニュース)

案外熱心な回答や、茶々を入れる発言でスムースに議論が進んでいくなか、ときおり大日本プロレスの画像や映像が投げ込まれ、沈黙が起こる様子が香ばしいです。
それにしても議論が古いね。それと、こういう質問は、まず「やらせ」とはどういうことを指すのかを定義しないとズルイし、答えようがないですね。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update