テレビ見てくれないなら放送しません【NOAH】

米国の若者はテレビ見ない 視聴者平均年齢は50歳 (J-Cast)

調査会社「マグナ・グローバル」が2008年6月末に公表した米テレビ07~08年シーズンについての調査資料によれば、5大ネットワークを生で(録画せずに)見ている視聴者の平均年齢は50歳であることが分かった。ネットワーク別に見ると、CBSが54歳、ABCが50歳、NBCが49歳と、3大ネットワークが平均年齢を押し上げている形だ。


これは面白いニュースですねえ。米地上波でMMAが注目される背景がよく分かります。それにしても、ユーザーの平均年齢50歳のメディアって、いったい・・・

この件もう少し知りたくてざっと検索してみたんですけど、詳しい話は見つけられませんでした。

これは「生で地上波を見ている人」のデータですが、個人的にはたしかに、生でダラダラ・ウォッチングというのは殆どしなくなりました。僕のうちには視聴率メーターはありませんが、かりに僕のように、格闘技やプロレスを、ほとんど「生」では見ないで、せっせとハードディスクに録画し、ヒマさえあればそればかりを見ているという人間は、今の仕組みだと、殆ど全く視聴率を発生させない人間になるんでしょうか?

テレビ局が視聴率で物事を決めるということは、実際には、大変偏った年齢層の意見ばかりを反映して物事を決めている、ということなのかもしれませんね。とはいえ、ではテレビ番組のパフォーマンスはどのように計測すべきか、という問題は、かなり難しそうですけれど。

雑誌の購入 3人に1人が「減った」(J-Cast)

*****
ノア異例のノーTVマッチ~7・13(日)博多「森嶋vs健介」「三沢vs中嶋」はなんと映像収録なし!(カクトウログ)

博多大会のカードの興味深さは当ブログでもかねて指摘はしていたが、カクトウログさんのレポートでは、なんと「森嶋 vs 佐々木」「三沢 vs 中嶋」の映像はテレビ収録しないとアナウンスされているという。イギリスまで追いかける日テレのことだ。「たまたま」とか「遠いから」とか「放送スケジュールがとれないから」とかいう事情ではないだろう。収録をしないには、何かそれなりの理由があるに違いない。

たとえば、そのあとの武道館大会でノア勢がスカ勝ちする見返りに、博多では健介オフィスが勝つことになっている、といった妄想はすぐに思い浮かぶ。しかし、武道館のカードを眺めつつ、どんなやりとりがあるのかを考えてみても、たいした答えは出てこない。だいたい、やりとりをするなら、星を落とすところを隠しても仕方ない。そのそも、この手の週刊ファイト的な妄想を働かせてみても、NOAHの場合、当たったためしがない。

健介主催興行なら、スカパー!やらテレ東で放映したこともあるので、「日テレは撮影しないが、テレ東が撮影する」という話なのかもしれないが、この博多大会はあくまで、ノアのサマー・ナビゲーション・シリーズの中の一大会と位置づけられている。

ひょっとすると、なんらかのスタイルの調整とか実験、あるいは教育的指導の意味の強い、テレビ向けではない試合をするつもりなのかもしれない。あるいは、観客動員数アップのための何らかの試行錯誤の一環なのかもしれない。ファンからは見えないが、地元プロモーターとの関係があるのかもしれない。

いずれにせよ、放送があったらあったで、早送りで済ませてしまうことも多いNOAH中継だが、こうして隠されるとやたらに気になる。この渇望感は新しい。この大会に限っては、団体発表やマスコミ報道だけでは物足りない。観戦予定の福岡のプロレスブロガーの方には、いったい何を見たのか、ぜひ詳細なレポートをお願いしたい。

*****
Frank Trigg signs three-fight deal with WVR; Strikeforce next?(MMA Junkie)

戦極と3試合の非独占契約を結んだフランク・トリッグは、8月24日の戦極4に参戦する見込みです。またWVRでは来年、ミドル級トーナメントを開催の予定で、トリッグと三崎の参加が見込まれています。あわせてトリッグはストライクフォースと交渉していると見られているそうですが、こちらはまあ、どうでもよろし。

*****
Yet another failed drug test(FightOpinion)

6月1日のWECに出場したアレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラが、ドラッグテストで失格しました。罰金2500ドル、来年5月31日まで出場停止。ペケーニョは前座試合で敗退していましたが、ジェンス・パルヴァーからリスペクトに満ちた対戦を求められ、何とか生き残るかと思われましたが、大きな失点となりました。

*****
Michael Bisping: Fedor to Fight Tim Sylvia Injured (BloodyElbow)

UFCのマイケル・ビスピンがイギリスの新聞のインタビューの中で、ヒョードルが怪我をしたらしいといううわさ話を披露しています。ただビスピンは、7月19日アフリクションの「ヒョードル vs シルビア」戦について、勝つのはヒョードルではないかと予測しています。

普通のMMAオタクの発言のようにも聞こえなくもありません(笑)

*****

K-1ワールドマックス準々決勝の視聴率は12.4%(スポーツの視聴率を語るブログ)

7月7日、21:00よりTBS系列で放送された、月曜ゴールデン・K-1ワールドマックス準々決勝の視聴率は12.4%であった(関東地区)。



*****
ターザンがK-1を語る!、って、語ってないよ!
「080707n1.mp3」をダウンロード
「080707n2.mp3」をダウンロード

そのかわり、なんか、知らない男が延々と話しています。この人の話の正統性がよく分かりません。ターザンはオウム返しに徹しています。昔、大阪ローカルの昼間のテレビで、横山ノックが上岡龍太郎の台詞をすべてオウム返しにして「フォンテ~ヌ」とか言ってましたが(古いね)、あれと同じことです。夢香嬢がひたすらに、2000回くらい相づちを打っているのが痛々しいです。トークの内容は別段感心もしないしお勧めもしませんが、「フォンテ~ヌ」芸を笑える方はどうぞ。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update