視聴率王秋山 / スマック選手は佐伯氏のもとへ?

July 26th: UFC 84 vs EliteXC on CBS(MMA Payout)

7月19日のAffliction PPVの裏番組に、アンデウソン・シウバのライブ中継をぶつけるUFCは、その翌週7月26日の EliteXC CBS中継第二弾の裏番組に、こんどは5月のUFC84無料放送をぶつけると発表しました。UFC84のメインカードは、BJペン vs ショーン・シャーク、ヴァンダレイ・シウバ vs キース・ジャーディン、ティト・オーティス vs リョート。UFCを離脱し、次はアフリクションかエリートかと噂のオーティスの試合を放送するというのはなかなか。

Anderson Silva Not Staying at 205 (BloodyElbow)

そのアンデウソン・シウバについて、最近のダナ・ホワイトの発言によると、本人たっての希望でライトヘビーとミドルの2階級でやっていくと言うことでしたが、アンデウソンはこれを否定、今回ライトヘビーで闘うのは、UFCから頼まれたからにすぎない、従ってライトヘビーのベルトを狙うつもりはないと発言しています。ベルトにふさわしいのはLYOTOだとも語っています。

選手とプロモーターの言葉が食い違っていますが、LYOTOの名前を出す時点で、KYなのはアンデウソンの方だという気はします。アンデウソンの無料放送への起用は、なんとかしてPPVを背負うことができるまでに人気を高めようとするUFCのプロモーション策も兼ねていると分析する向きもあります。

*****
Ultimate Fighting Tries to Gain a Foothold in Europe (New York Times)

ニューヨークタイムスがUFCの海外進出について報じました。

●ヨーロッパではPPV環境が整っていませんが、グッズが比較的よく売れるのだそうです。最近UFCが環境を整備したマーチャンダイジングについては、ヨーロッパでのPPVに代わる収益源確保の目的もありそうです。

●ヨーロッパでの展開の一つの障壁に、ドイツのボクシング、フランスのサヴァテ、ロシアのサンボなど、現地で伝統的に人気を博している別の格闘技と直接の競争となることがあるそうです。

●UFCのウェッブサイトのトラフィックの約3割はアメリカ以外から来ているそうです。

Payout ブログによると、オーストラリアではUFCはPPV放送を行っており、価格は39ドル95(米国より10ドル安い)、TUFもケーブル局で放映中。フィリピンでは地上波メイン局で放映中で高い視聴率を誇っているそうです。またUFCは海外市場で「グラスルーツ大会」を実施していく意向もあるそうです。ローカル選手を起用したM-1 Challengeのようなものなのだろうと思います。

記事内容とは別に、ちょっと気になったんですが、ニューヨークタイムスが記事を作成するにあたって取材・参照した業界筋は、アメリカではレスリング・オブザーバー、MMA Payout、Sherdog という、僕も普通にチェックしているようなWEBベースのジャーナリズムが中心になっています。ドイツ事情については、リングサイドという雑誌の記者に話を聞いています。アメリカのMMAマスコミが、いかにネット中心に動いているかが痛感されます。

*****
Report: Takanori Gomi vs. Pang Sung Hwan at Sengoku 4 (BloodyElbow)

ハン・スーファンが、戦極4、五味の対戦相手として契約したことを認めました。スーファンは先日、横田を下してDEEPのライト級王座を獲得しています。
五味の相手として心が踊るかどうかは別として、横田らが出場する戦極でのトーナメントとの食い合わせの辻褄は合うマッチアップと言えるかもしれません。スタンドの派手な試合が期待できそうです。

秋山成勲vs.柴田勝頼が正式決定、ミルコは欠場=DREAM.5(スポナビ)
マーク・ハントが7.21「DREAM.5」参戦、相手は超大物外国人=DREAM(スポナビ)
欠場のミルコがコメント「DREAM.6では完全な状態に」=DREAM(スポナビ)

秋山は視聴率を倍にしてくれるそうです。最近の彼氏はやけに数字に拘りますね。前回と比べて倍の視聴率というと10%も行かないのでは、とも思いますが・・・。こういうことはKIDがいないときに言ってくれると、もっとシビレるんだけどな。
ミルコさんはこの際しっかり怪我を治し、あわせて周辺を身ぎれいにして、誰も簀巻きで川に流されることのないようにしてほ・・・

*****
新日本プロレス ジャッキー・チェンと共演!? 中邑真輔にスクリーン進出計画浮上(ナイタイ)
後楽園でわかるって! あの“侍”が『ハッスルGP2008』に緊急エントリーか!?(Kamipro)

新日本に触る時点で「ハッスル落ちぶれたり」とも思うと同時に、たくましくて柔軟なサバイバル精神を感じますね。ちょうどここに来て新日本もあがってきてるから、勢いも感じます。プロレスはこうでなくちゃね。

*****
2008年7月24日大会延期のお知らせ(篠泰樹のSMACKGIRL裏面)
Smackgirl Postponed, Financial Problems Possible (Sherdog)

スマックガール延期についてSherdogが日本の情報筋から得た情報。スマックには某外資系IT企業(オーストラリア系)がスポンサーにつき、そのおかげでBSフジ放送も可能となっていましたが、2月大会終了後、スポンサーシップが突然打ち切られたと言うことです。他方で、DEEP佐伯氏が女子部門の強化に興味を持っているそうです。DEEPでは、先に引退を表明した渡辺久江を「イベント・プロデューサー」として起用する検討もしているそうです。

*****
AFFLICTION TO USE UNIFIED RULES AT BANNED(MMA Weekly)

アフリクションが、先日発表された米MMA統一ルールを採用すると発表しました。ヒジ有りです。ヒジ無しの日本で闘ってきたヒョードルにとって不利な材料となります。ちなみに、アメリカでもIFLとストライクフォースはヒジを禁止しているそうです。

MMA Weeklyの別の記事では、先日開催された統一ルール改定のための総会の席上、各州のコミッションから派遣された参加者の多くが、ジョン・マッカーシーの顔写真入りのTシャツを着ていて、マッカーシーにサインをねだるものも多数いたのだそうです。こりゃ素人会議なんですかね。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update