ロンダはもっと大人になるべき【マイティマウス激白!】



デミトリアス・ジョンソンがSports Illustratedのインタビューに答えて、ロンダ・ラウジーをディスっている。

Q あなたにとってタイトル防衛、連続防衛記録はあなたにとってどんな意味がありますか。

DJ 僕にとってものすごく重要なことだ。記録をものすごく達成したい。それこそが人生の総決算なんだ。ただ、実際にはノックアウトされる可能性もある。負けてしまうこともあるんだ。だからこそ、言葉にならないほど重要なことなんだよ。

Q そこまで重要だと思ってしまうと、強烈な落胆や大きな絶望に直面してしまう可能性もあるわけですね。

DJ もちろんそうだ。だから僕は、いまのうちから負けるところをイメージしている。チャンピオンが負けるシーンをこれまで何回も見てきた。多くの人が、どう対処していいか分かっていないようだ。世界がひっくり返ってしまって、途方に暮れてしまっている。

ロンダ・ラウジーをみてみなよ。たしかにやられはしたけど・・・ちょっとは大人になれよ。こういうことはあるんだ。これがMMAなんだよ。僕はああなりたくはない。負けたら負けを認めたい。

Q たしかにロンダについては、「このスポーツでは誰もが敗戦を味わうんだよ」と誰かが言って聞かせてやるべきだと思います。

DJ そうだろ。誰でも負けるんだよ。それもこのスポーツなんだ。大人になれよ、ロンダ。たしかに連敗は喫した。それでも女子選手の誰よりも稼いだんだろ。大丈夫だよ。何の心配もいらない。



*****

UFC 210でアンソニー・ジョンソンを下したダニエル・コーミエは、客席にいたジョン・ジョーンズ、ジミ・マヌワに強烈な挑発を行いヒールターンを自己演出した。このことの意図について、最近エッジとクリスチャンのポッドキャストにゲスト出演したコーミエが説明している。MMA Fighting

最近は意図的にしゃべるようにしている。というのも、どうやらファンが僕を嫌っているからなんだ。そのこと自体は構わない。ただ僕はそのことで、自分をジョン・シナやローマン・レインズといった選手たちと重ねてしまう。彼らは善玉になるはずだったのに、ファンに共感されない何かを持っていたわけだ。それで僕も悪態をつくようにしてみたら、これはこれで新鮮なんだよ。

ファンは「僕はいい人間なんだから応援すべきだ」なんてことをいわれたくないんだ。ジョン・ジョーンズはたくさんの過ちを犯してきた男だから、たぶんファンは自分を反映させやすいんだろう。ファンは、「こんな善人ぶったダニエル・コーミエのことなんて放っておこう。それより、コカインを吸い、パーティ三昧で、自動車事故を起こす男のほうがいい。こういう男を応援したい」と思っているんだ。

たしかに僕はそんなにクールな人間ではない。仕事はファイターだが、戦っていないときには、子どものサッカーや野球の試合を見にいっているような人間なんだ。パーティもしないし、クレイジーなことは何もしない。退屈な男だと思われるかもしれないが、僕はこれで満足しているんだよ。



僕はコーミエのこのサイコロジー理解はいささか考えすぎだと思う。現にUFCのサマーキックオフ・カンファレンスで、強烈なブーイングを受けるジョーンズの隣でコーミエは大歓声を浴びていたのだ。コーミエへのリアクションは、ジョーンズへのリアクションの裏返しに過ぎない。コーミエにいらつくことがあるとすれば、それはジョーンズに負けているのにチャンピオン気取りだから、というだけのことだろう。

*****

ベラトールでのデビュー戦が目前に迫ったローリー・マクドナルドがMMA Hourに出演し、スポンサー契約がうまくいっておらず、UFCのリーボック制度よりも低いスポンサーマネーしか獲得できていないと明かしている。マクドナルドは「ショーツを埋め尽くすほどのスポンサーを獲得するのは簡単なんだが、基本的にはその場限りのおつきあいのスポンサーではなく、ブランド力のある優良スポンサーとの長期契約を探している(から、時間がかかっている)」と説明している。

とはいえ、マクドナルドがベラトールとの契約を発表したのは昨年8月のことだ。マクドナルドほどのトップファイターがこれだけ時間をかけてもスポンサーが取れないというのは厳しい現実だし、リーボックのスポンサー料は案外正しいのではないかという議論の根拠になってしまうと思う。

*****

ノヴァウニオンのヘッドコーチ、アンドレ・ペデネイラスがなんだか穏やかならぬ発言。何がこうした発言の背景になっているのかは原文には書かれていない。不勉強で恐縮なのだが、ブラジルはそれほど不景気がひどいということなのだろうか。FloCombat.

今のブラジルの状況はとても良くない。私は選手に、国を離れた方がいいといっている。今のブラジルで練習を続けるより、その方がいいと見ているんだ。私は選手の人生を変えてやれるように練習をつけている。それができない以上、外国に移住した方がいい。

ジョセ・アルドはブラジルに強いルーツを持っていて、国を離れたがらないし、経済的にもすでに安定しているからいい。でもそれ以外の選手は、アメリカやその他の国に行きなさい。いまブラジルでアスリートとしてお金を儲けることはとても難しい。

オリンピックや世界選手権でのアメリカの歴史を見てみなさい。ものすごい投資をしてきている。ブラジルにはそんな投資余力はまったくない。今のブラジルのアスリートは実力の50%も発揮できていない。



*****

「Bob Sapp、Guatemala」で検索してみても、全く何の記事も出てきませんね。ホントに移住してるんだろうか?


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update