NOAH博多大会を推理する


「映像収録をしない」とわざわざ断った上で開催された7.13NOAH博多大会の結果は次の通り。三沢が14分強で中嶋をピンフォール、セミで森嶋と健介は30分時間切れ引き分け、メインに据えられたジュニアタッグ戦では王座交代、鼓太郎と金丸が石森・KENTAに勝利。

2008年7月13日(日) 17:00~博多スターレーン2,400人(超満員)(ノア公式)

この大会を報じるブログ。

ノアに大「帰れ」コール、汚れた王座移動劇にモノが投げつけられた/7・13ノア博多スターレーン(カクトウログ)
NOAH 博多大会(KAZU☆LOG)
07.13 NOAH Summer Navigation'08 in 博多(とりあえずバックドロップ・ホールド)

メインでは平柳の乱入やレフリー失神などNOAHにしては珍しい展開でブーイングも起きたらしい。それはいいとして、森嶋がどうやらおかしかったらしい。KazuLogさんは「チグハグで噛み合わない」。「とりあえずバックドロップ・ホールド」さんは「森嶋が何とか持ちこたえた」「健介は全然余裕」「チャンプとしてはどうなの?」。そしてカクトウログさんが引く携帯サイト「プロレス・格闘技DX」では「森嶋大流血、健介も「ズタズタ」一騎打ちは死闘ドロー」(大人)。

ここ最近のモリシの動きの悪さは目立っていたからなあ。体調なのかメンタルなのか。武道館は大丈夫か?よいウォームアップになったのか?そういうことなのか?一方、久々のちゃんとしたシングルマッチと思われる三沢は醜態をさらさず。中嶋が優等生な試合をしたらしい。

*****

アフリクションが公式の YouTube チャンネルを解説しています。プロモ映像などがアップされています。

情報番組『サキヨミ』視聴率、モナ不在で10.1%にアップ(オリコン / Yahoo!)
すごい!モナがいないだけで視聴率が2%上がったのか?!
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update