ロンダ・ラウジー、WWE版フォーホースウーマンと抗争へ?


RIZIN7月30日大会のセミファイナルに登場するアミール・アリアックバリとタイラー・キングがTwitter上のトラッシュトークでテンションを高めている。せっかくなので紹介しておこう。


アリアックバリ:コ・メインは最高の戦争になる。KOで勝つのはオレ。この汚らしいアメリカ人の顔をぶっこわす。

キング:Just Bring It.

アリアックバリ:ロビーでも、朝飯の時も、エレベーターの中でも、計量でも、寝ているときにも、いつでも用心を欠かさないことだ。

キング:せいぜい頑張れ。痛い目に遭って初めて分かることもある。

アリアックバリ:7月30日、お前が得るものは失神だけ。ただし無駄口を叩き続けるなら、7月28日か29日に眠らせてやっても良い

キング:やってみろ。貴様こそ7月30日までもたない。このかわいこちゃんは、試合から逃げる方法を探すにの必死だな。

アリアックバリ:お前はお前の練習仲間のUFCジムのヨガ・ママにすら勝てない。男は本物のジムで練習をするものだ。

キング:アホ野郎。これがオレの練習仲間だ。仕事も練習も、与えられるものではなく獲得するものなんだ。貴様とは違う。貴様のジムにはUFCファイターが何人いるのかね。

アリアックバリ:ほらみろ、やっぱりヨガママだ。

キング:わかっとらんな。全員UFCで戦ってきた男たち、黒帯だ。TUFにも出てる。オレのチームが貴様のチームのケツを蹴り上げる。



*****

現地時間7月17日、18日にテレビ収録が行われた、32名参加のWWE女子トーナメント、「メイ・ヤング・クラシック」の会場にロンダ・ラウジーが姿を見せた。

プロレスファンとして知られるラウジーは、かねてベイズラーと共に「フォー・ホースウーマン」と名乗っていたジェサミン・デューク、マリーナ・シェイファーとともに客席でベイズラーを応援した。他方、WWEでは最近、本家フォーホースマンの親分、リック・フレアの娘シャーロットに、ベイリー、サーシャ・バンクス、ベッキー・リンチを加えた4人を「フォー・ホースウーマン」として売り出している。

会場では、トーナメントの試合をワークトシュートスタイルで勝ち進み、優勝決定戦進出を決めたベイズラーが、指を四本立てて、客席にいたWWE版のフォー・ホースウーマンの面々を挑発したことをきっかけに、MMA版フォーホースウーマンとWWE版フォーホースウーマンがお互いをののしりあう展開が見られたのだという。

なお、トーナメントに勝ちぬき、優勝戦に進出したもう一人の選手は、スターダム出身のカイリ・セイン(宝城カイリ)。カイリ対ベイズラーの決勝戦は9月12日に行われるが、その際にはラウジーを巻き込んだこのアングルがさらに拡大していくことも期待されている。MMA Fighting

*****

米プロレスの人気悪役「プログレッシブ・リベラル」(BBC)


*
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update