RIZIN 7.30 レビュー



RIZIN 7.30 の雑ぱくな感想です。フジテレビ地上波で観戦。

・地上波に乗った試合について言えば、一方的な短時間決着か、もしくは重い展開の判定決着の試合がほとんどだったこともあって、全体的な感想としては、おもしろさという点でこれまでよりやや後退していたかに思えた。矢地・北岡戦も、2ラウンド目だけの放送だったので、他の試合同様の、一方的な短時間決着に見えてしまった(ちなみに、紹介VTRで北岡の入場変顔をいじっておいて、この試合の入場シーンを流さないことにはたいそう驚いた)。

・顔ぶれの新鮮さがRIZINの萌えポイントかと認識しているのだけれど、フレッシュで見栄えのいい人たちも、そろそろ単に試合をするのではなくて、ヒリヒリ感なりドラマ性がほしいようにも思える。勝つに越したことはないが、負けてもまあ、どうということはない、という風に見えるのだ。

・かつて野沢直子さんがテレビで大活躍していたころ、僕はこの人のことがとても苦手だったことをひしひしと思い出した。僕は関西人で、ボケの人こそがエラいと思っているので、こういうきつい突っ込みの人は苦手なのだ。苦手なら見なければいいと言われるかもしれないが、ショーバイショーバイとかを見ていると出てくるのだから仕方ない。東京の人はこういうのが好きなのかなと諦めて眺めていたことを思い出す。もっとも、娘のファイトに涙を流す今の姿には、とても好感を抱いている。逆に娘から突っ込まれて、為す術もない姿はなかなかに愛らしい。

・藤井恵の解説がとても良かった。口調がいいのだ。まるで女子フィギュアスケートやバレーボール中継を見ているかのような、本物のスポーツ中継っぽさがある。聞いているこちらまで、頭が良くなったような気分がする。ただ、現状では女子戦はそんなに難しくないというか、あんまり解説すべきことがないように見える。インビクタを藤井さんの解説で見てみたいものだ。

・リングサイドに真木よう子がいて、所英男が負けると悲しそうにしていた。真木と所の関係は僕にはさっぱり分からない。ただ、RIZINに真木よう子がいるのが、とてもしっくりと感じられたのが不思議だ。まるでずっと前からそこにいたかのように見えた。何ならちょっと強そうに見えた。

・あれは山本美憂の娘さんなのだろうか、いつもリングサイドで美憂を応援している小学生くらいの女の子がいるが、今回もいつもどおり、いい味を出していた。美憂が負ければ悔し泣きし、美憂が勝てばうれし泣きをするのだ。この子のセールが最高なので、僕のサイコロジーはあっさりと操られてしまう。10年後くらいにこの子はリングに上がることになるのだろうなと思う。この子がいれば、この先も安泰だと思える。

*****

天龍源一郎「2年前に引退してから、何もすることがない」〈AERA〉

*****

UFC214からロビー・ローラーの入場曲が、Sam and DaveのHold on, I'm Comingから、次の曲に変わっていた。オレが身体を横たえることのできる墓などない、と歌っている。






スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update