ランページ逮捕 / ミスター高橋テレビ出演

Cops Say Jackson Went On Rampage(TMZ)
Jackson arrested after police chase (Kevin Iole and Dave Meltzer, Yahoo! Sports)

火曜日の午後、クイントン・ランページ・ジャクソンが逮捕されました。
ジャクソンは、タイヤがパンクした状態で自動車(ピックアップ・トラック)を走行中に携帯電話で話をしていたところを警察官に目撃され、停車するよう命じられましたが、逃亡したため、警官とカーチェイスになりました。

5分間のカーチェイスでジャクソンの運転するトラックは3台のクルマに接触、途中、歩道や反対車線を走行しました。

ジャクソンは当て逃げと無謀運転で現行犯逮捕され、オレンジ郡で収監されました。

UFCのダナ・ホワイトは直ちにオレンジ郡に向かい、保釈金2万5千ドルを支払う見込みです。

リンク先の写真の中には、地面に腹ばいになるランページに、警官が銃口を向けているような緊迫した様子も見られます。ランページのクルマには自分の姿とスポンサーのロゴが大きくプリントされています。

BloodyElbow による追加情報によると、警察によるランページの身体検査の結果、ドラッグやアルコールは検出されませんでした。取り調べにも紳士的に応じているそうです。ランページは現在は入院中だそうです。怪我でもしたのでしょうか?

*****
Three Fights Added to UFC 89: Bisping vs Leben(UFC公式)

UFC公式サイトで、10月のUFC89の追加カード3試合が下記の通り発表されていました。

ソクジュ vs ルイス・ケーン
ダン・ハーディ vs 郷野 聡寛
シェーン・カーウィン vs ニール・ワイン

WOWOWではこの大会から、ニアライブ放送を行うこととなっています。郷野は Kamipro Handのブログで、WOWOWでは自分の試合は前座なので放送されないのではないかと嘆いていましたが、今回発表のハーディ戦についても、メインカードなのか前座カードなのかは、まだ明らかにされていません。UFCデビューとはいえ地元出身で名のあるハーディと、世界ランカーの郷野の対戦ですし、他に強力なカードもそんなになく、WOWOW再開記念の意味も込めて、メインカードに組み込まれるのではないかと思うのですが、どうでしょうか。

ハーディは昨年のケージフォース・ウエルター級トーナメントで文字通り猛威をふるい、決勝戦でも吉田善行を圧倒しながらも、金的蹴りをだしてしまい反則負けしていました。この判定は少し疑問も残るものではありました。通常であれば郷野の相手ではないとは思いますが、大変に元気のいい選手で有ることは確かです。

*****

森達也のNHK教育「知るを楽しむ」第3回、アンドレ・ザ・ジャイアント編を見ていたら、驚いたことにミスター高橋が登場していました。新日本でアンドレのお守り役を担当していた経験から、アンドレの思い出話をしていました。久しぶりに見る高橋氏は、レフリー時代と無意味なばかりのマッチョボディと比べると、Yシャツの下の筋肉は落ちているように見えました。ピーターパワーでのトレーニングはやめたのでしょうか。もうリングに上がることはなさそうだな、という感じはしました。また、アンドレは晩年、人里離れたアメリカの森の中に牧場を購入し、動物と暮らしていたことや、初対面の人の顔を見ただけで年齢や兄弟構成などを言い当てる特殊能力を持っていたことも明らかにされています。どの世の話なのでしょう(笑)。

アンドレについては、僕個人は、全日本に移って馬場とタッグを組んでいた頃の楽しげな姿が印象的で、それはほんの短い間だったけれど、森のいう「孤独な結界」がちょっと開いていたひとときだったのではないのかな、と想像しています。馬場も自らの巨体にコンプレックスを抱いていたことは知られています。どこかの雑誌でかなり前に読んだのですが、地方興行のあと、地元の支援者や記者たちと旅館で飲み、そのまま大広間に雑魚寝をしたときに、「自分と一緒に寝るのは気持ち悪かろう」と考えた馬場が一人、ふすまの外の廊下で寝ていた、というエピソードは強烈すぎて忘れられません。

森達也のプロレス論には僕個人は100%感心したり賛成したりしているわけではないし、この番組にもツッコミどころは満載なのだけれど、表層面・現象面だけにとらわれない、一つのプロレスの読み方を示してくれているという意味では、平成のデルフィンたちには是非、この番組を視聴することをお勧めします。再放送もあるんじゃないかな。週プロやテレビ観戦だけではわからない世界があります。だって今のファンには、村松具視や井上義啓といったテキストも、古館伊知郎の実況も、無いわけですからね。誰も教えなければ、基礎力がつかないよね。

*****
パチンコ解禁は断末魔? 信頼も文化も失ったCMの未来・前編
後編(日刊サイゾー) 

・あるケーブルテレビのデータによると、民放地上波を見ている割合は全日平均で15%程度で、CS局は合計して13%前後です。
・CS局単体もバカにできない。去年の秋、優勝が絡んだ巨人×阪神戦は、安定して5%近い視聴率を上げていました。確かに、いまやサッカー好きな人はサッカーを純粋に楽しめるチャンネルがあればいい。視聴者の嗜好が細分化していく中で、多くのジャンルで専門チャンネルの需要が上がっているわけですから。
・フジテレビの場合で言うと・・・放送外収入が、売り上げの半分を占めるところまで来ている。その数字を知ってるから、テレビ局の人も、もう視聴者を放送時間に合わせてモニタの前に座らせて、CMを見せるっていうビジネスモデルが断末魔だってことはわかってます。



スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update