ステファン・ボナーがプロレス転向


UFCホールオブフェイマーのステファン・ボナーが8月18日、ニューヨークでプロレスでデビューする。House of Glory Wrestlingという団体で、対戦相手は同じく元UFCファイターのマット・リドル。ボナーは翌19日には、ラスベガスのFuture Stars of Wresltingという団体に出場するが、その大会にはやはり元UFCファイターのトム・ローラーやフィル・バローニも出場する予定だという。

UFCホールオブフェイマーで、プロレスの試合に出場したことがあるのは、ケン・シャムロック、ダン・スバーン、マーク・コールマン、ティト・オーティス、バス・ルッテン、ドン・フライ、モーリス・スミス、桜庭和志、フランク・トリッグで、ボナーは10人目。

ボナーは、WWEのバティスタがMMAデビューをした際のトレーニングパートナーを務めたことから、プロレスとのつながりを持つようになったとのこと。

このところ、元UFCファイターのプロレス転向が相次いでいる。シェイナ・ベイズラーはNXTで宝城カイリのライバルとなっているし、ジョシュ・バーネットはTNA Impactでボビー・ラシュリーとのプログラムを展開中。まだUFC配下のジェサミン・デュークもすでにWWEでプロレスの練習をしているという。ロンダ・ラウジーのWWE行きの噂も濃厚にささやかれているところだ。

出所オブザーバー8月14日号。


*
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update