デイナ・ホワイト:私には中堅ボクサーに良い暮らしをさせるためのアイデアがあるんだ(ほんま?)


Yahoo! Sportsに掲載されたデイナ・ホワイトのインタビュー、その一部を紹介。

Q. コナーがタイトル防衛戦をしないのはスポーツとして問題なのではないですか

コナーがいつ復帰するのかは分からないが、早く決めてほしい。8~9月まで戦わないなら、2年も防衛しないことになる。コナーが戦うか戦わないかは彼次第だ。しかしトニーもハビブにも十分に資格がある。ベルトは動かさないと行けない。

コナーが3月までになんらかの決断もしないなら、トニーとハビブで暫定王座戦を行う。その勝者がコナーと統一戦を行う。そして9月まで戦わないというのなら、トニーとハビブの試合を正王座戦にする。

(訳注 ちょっと意味がわかりにくいですが、そのまま紹介しています)

Q. バーでケンカをした、速度違反を犯したなど、マクレガーの最近の行状は気になりませんか

大丈夫だ。速度違反といったことは、若くて金持ちのファイターなら普通によくあることだよ。ケンカについては本人から全部ウソだと聞いている。だから私は心配していない。コナーはスマートな男だよ。

Q. メイウェザー戦であれだけのファイトマネーを稼いでおいて、マクレガーはまた戦いたいと思うものでしょうか。

それは彼次第だ。こちらはいつもフェアな取引をまとめる自信がある。まだ若くて才能がある選手は、稼げるうちに稼いでおきたいと考えるものだ。7500万ドルなんて、あっという間になくなるものだよ。半分は税金で取られるし、コナーは贅沢品が好きだ。

Q. サイボーグは次には誰と戦いますか。自分ではメーガン・アンダーソンの名前を挙げていますが。

いや違う。アマンダ・ヌネスがサイボーグと戦いたいと言っている。私はその試合を組もうと思う。

Q. いつ頃実現の見込みですか。

サイボーグも試合をしたがっている。両選手の準備ができ次第だ。

Q. サイボーグは、ブラジル人同士では戦いたくないと言っています。

チャンピオンの場合には、どの国籍の選手であろうと、挑戦を受けなければならない。

Q. ところで、なぜボクシングに進出しようとしているのですか。

メイウェザー・マクレガー戦を実現させた経験から、ボクシング業界のヤツらはたいしたことがない、こちらの方が優秀だと思ったからだ。

ところで、Showtimeがメイウェザー・マクレガー戦のPPV販売件数を公表したが、あんなモノは嘘っぱちだぞ。実際には670万件で、配信トラブルさえなければ700万件を超えていた。史上最大のイベントだったんだ

(訳注: Showtimeでは、北米でのPPV販売件数が430万件となり、メイウェザー・パッキャオ戦の460万件に次いで史上2位の記録になったと発表している

Q. Showtimeの数字は北米の数字、あなたの数字はワールドワイドだということなのでは?

だとしてもヤツらは間違っている。全く信用ならないし、あんなヤツらとはもう仕事をすることはない

Q. トップクラスの選手のファイトマネーは、UFCよりボクシングの方がうんと高額です

これまでずっと、あるやり方をしてきたからといって、これからもやり方を変えたり、修正することができないわけではない。ボクシングの場合、若い選手はほとんど稼げていない現状がある。私は中堅選手がしっかりした良い暮らしをできるようにする。カネをもっと平等に分配する方法はあるんだ。そのためには本物のTVディールを獲得して、UFCモデルで経営する必要がある。ボブ・アラムがESPNで放映契約を獲得したが、あんなものはUFCのまねごとなんだよ。

Q. でも、ESPNでボクシングの露出が増えるのは悪いことではないのでは?

露出してどうするのかが問題なんだ。ちょっと拳が痛いくらいで試合を止めたりしているだろう。ロビー・ローラーが先だってのドスアンジョス戦の第3ラウンドに前十字靭帯と半月板をぶっ壊した。彼はそれでも最終ラウンドまで戦ったんだ。見た人が満足するかどうかが問題なんだ。そして私にはうまくやれるアイデアがあるんだよ。

(訳注 デイナはさらっと明かしているが、ローラーの容態が心配である。)

Q. あなたは15年間、MMAの世界でたたき上げてきました。これから15年間、ボクシングの世界でやっていくつもりはありますか。60歳になってしまいますよ。

ボブ・アラムなんか105歳になってまだ憎まれ口を叩いているだろう。60歳になっても私が格闘技を好きでいることは確かだ。

Q. アル・ヘイモンのPBCは大きな損失を出していますが、ヘイモンの選手を引き継ぐつもりはありますか

いろんな人から連絡は来ているし、意見は広く聞いている。ヘイモンともいい関係にある。あらゆる可能性を模索するよ。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update

プロフィール

高橋テツヤ

格闘技とプロレス、海外とニッポン、スポーツとエンターテインメント、勝者と敗者の際を究めて極めたい、プロレス・格闘技を愛するライター・翻訳者。

連絡先 takahashi.tetsuya アットマーク icloud.com