ビッグ・ジョン・マッカーシーが解説業に専念


Fight PassでUFCを見たり、英語版動画を探し出してベラトールを見ている人にとっては興味深いニュースだと思うのだが、ベラトール創設時点からずっとテレビの解説を務めてきていたジミー・スミスが2018年以降の契約が更新に至らず降板に。そして新たなベラトール中継の解説者に、有名レフリーのビッグ・ジョン・マッカーシーが就任。マッカーシーはこれを機に、いったんレフリー業は休止し、解説業に専念する(利益相反が生じるため)。なおベラトールの解説者はもう1人、チェール・ソネンがいる。

ベラトールでは昨年、長年の実況アナウンサーだったショーン・ウィーロックに代えて、WWEやストライクフォース中継でおなじみのマウロ・レナロ、元UFC実況アナウンサーのマイク・ゴールドバーグ(交代で担当)を起用している。スミス離脱により、ベラトールのテレビ中継からはもはや、ビヨン・レブニー時代の香りはまったくしなくなった。

1月20日のベラトール・ロサンゼルス大会は、実況ゴールバーグ、解説マッカーシーという布陣でやるらしい。

ジミー・スミスは逆に、UFCの放送席入りが濃厚だそうだ。共に禿げ頭、ハイトーンの白人のおっさんという意味ではジョー・ローガンとキャラが丸かぶりではあるのだが、スミスの解説も歯切れが良くて優秀。ラウンド毎に独自の採点結果を発表してくれるのが特徴だ。

***

2017年のUFCの米国での視聴者数データ。苦戦していますな。出所レスリングオブザーバー1月8日号

ファイトナイト・メインカード(Fox Sports 1) 
平均視聴者数 795,412 (前年 965,111、対前年比△17.6%)

ファイトナイト・プレリム(Fox Sports 1) 
平均視聴者数 634,929 (前年 730,125、対前年比△13.0%)

ファイトナイト・メインカード(地上波FOX) 
平均視聴者数 2,084,500 (前年 2,661,600、対前年比△21.7%)

PPVプレリム(Fox Sports 1) 
平均視聴者数 834,000 (前年 1,168,500、対前年比△28.6%)

PPV  
平均販売件数 305,000 (前年 558,000、対前年比△45.3%)

(参考)ベラトール メインカード(Spike TV)
平均視聴者数 610,318 (前年 676,364、対前年比△9.8%)

***

1月3日に開催された巌流島をCSフジで見たのだけれど、これ、なかなか面白くなってきませんねえ。どこかで跳ねるのではと期待して、放送されているものについてはずっと見ているんだけど、跳ねるどころかマンネリ化が進行しているような・・・田村のひどくぶっきらぼうな解説は新鮮だったけれど。

***
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update

プロフィール

高橋テツヤ

格闘技とプロレス、海外とニッポン、スポーツとエンターテインメント、勝者と敗者の際を究めて極めたい、プロレス・格闘技を愛するライター・翻訳者。

連絡先 takahashi.tetsuya アットマーク icloud.com