デイナ・ホワイト、マクレガーの次戦について語る


デイナ・ホワイト、久しぶりの試合後囲み取材より(TUF Finaleの大会後)。

Q. カマル・ウスマンがすばらしい勝ちっぷりでした。

彼はここ数試合、しゃべるばかりで、肝心のオクタゴンでのパフォーマンスがいまひとつとの印象があったが、今日はすばらしかった。第1ラウンドより第5ラウンドの方が打撃が強かったし、打撃もレスリングも、全体的にすぐれていた。私はRDAを高く評価しているのだが、今日のウスマンはそれを上回った。

Q. ウスマンのタイトル挑戦もあり得ますか。

こういう試合を見せられると、ウスマンとウッドリーの試合を見たくなるな。ああ、いいんじゃないか。

Q, ただ、次期挑戦者はコビントンで決まりだと報じられています。

いやいや、この世の中、決まっていることなんて無いんだよ。

Q. TUFはこれで終了ですか。

いや、続けるぞ。建設中の新しい施設も、TUFを念頭に設計しているからな。

Q. 次期シーズンはいつごろ放送されるのかなどはわかりますか。

追って知らせる。カネならあるんだ。

Q. コンテンダー・シリーズはどうですか。

私はコンテンダー・シリーズが大好きなんだ。続ける。

Q. それはいつ頃?

施設の建設を急がせている。私の家を建てた業者で、仕事が早いんだ。その後だ。

Q. フライ級の今後はどうなりますか。ちょっと不透明なのですが。

現状は不透明だな。まだタイトルマッチも組まれているんだ。どうなるかな。この階級では長年私も苦労してプロモートしてきた。しかし、あんなに強いチャンピオンがいたのに、人気が出なかった。仮にフライ級がなくなるのだとしても、ベナビデスのような選手は階級を上げて残留する。元々無理な減量をしていたんだ。

Q. もしセフードが勝ったら、フライ級は続行すると言うことですか。

現時点で計画していることは何もない。

Q. フライ級はなぜ人気が出なかったのでしょう。

わからない。本物のファイトファンは小さい選手を好きではないと言うことなのかな。

Q. ライト級の今後の展開はどうなりますか。

(マクレガーとヌルマゴメドフのネバダ州)アスレティック・コミッションでの処分が下るまでは何の計画もできないんだ。私は、あの2人のダイレクト・リマッチよりは、ポワリエ対コナー、ハビブ対ファーガソンが良いと思っているが、ハビブが長期の出場停止を食らうかもしれない状況なんだからな。

Q. 出場停止は最長でどれくらいだと思いますか。

ハビブで最大1年かな。そうであってほしいね。1年以上となるとフェアだとは思えない。45秒間の出来事、ケガ人はでていないんだ。

Q. セージ・ノースカットがONEと契約しました。

うん、いろんな理屈はある。ただ、私は彼のことが好きだ。ポッドキャストでは少し言い過ぎた。彼のことを悪く言いたくはない。リリースしたわけではないんだぞ。契約が終了したと言うことだ。

Q. 金額面での要求が過度だったとか・・・?

いやいや、そんなことはない。いまはお互いにこうするのがよかったということだ。



スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update

プロフィール

高橋テツヤ

格闘技とプロレス、海外とニッポン、スポーツとエンターテインメント、勝者と敗者の際を究めて極めたい、プロレス・格闘技を愛するライター・翻訳者。

連絡先 takahashi.tetsuya アットマーク icloud.com