米CBSで戦う日本人選手第一号は・・・


Cris Cyborg's Trainer Reveals Next Fight, Opponent (BloodyElbow)

前回のエリートXC大会で強烈なテレビデビューを飾ったクリス・サイボーグ(シュートボクセ所属、あのエバンゲリスタ・サイボーグの妻)は、次回10月のCBSプライムタイム大会にも出場するようです。対戦相手はなんと高橋洋子だそうです。ジナ・カラーノの試合とあわせて、CBS地上波で女子の試合が2試合流れることになります。シュートボクセ独特のセコンドの掛け声にのって殴りかかってくるサイボーグの姿はまさに女版・バンダレイ。前回を見る限りズバリ強敵。プロモーターの意図はおそらく、サイボーグとジナがそれぞれスカ勝ちして両者の対戦気運を高めると言うことだと思いますが、日本女子格のパイオニア高橋洋子、全女イズムで勝っても負けても美学を見せてほしいものです。日本人選手がアメリカの地上波で闘うのは、どう考えても男女問わず初めての快挙でしょう。このあとトップどころの日本人女子選手が敵討ちに出陣し、全米をびびってたじろがせるきっかけになるといいなと思います。

高橋洋子 (格闘家) - Wiki

本人のブログを読むと、最近はサマーフェスタの女子格の試合に応援に行ったり、愛犬と同時期に夏風邪を引いたり、カミナリに恐れおののいたり、バイトを始めたりする毎日を過ごしておられます。驚天動地のオファーだったことでしょうね(笑)。

*****
Notes From UFC 87 Press Conference at Mall of America (BloodyElbow)

UFC87を目前に、UFCがミネソタの巨大ショッピングモールで公開記者会見を開催。主要選手も参加、歓声が大きかったのはGSP、フエルタ、レズナー。GSPは最大の歓声を浴びましたが、本人は始終、硬い表情だったそうです。ジョン・フィッチに危機感を抱いているのでしょうか。また驚いたことにクイントン・ランページ・ジャクソンも参加、ひとこと無難な挨拶をしています。

*****
Adrenaline MMA Delayed, Looks to October (MMA Payout)

アドレナリンMMAのモンテ・コックスは、予定していた9月の第二弾大会を10月の延期すると発言しました。延期理由は「同日にUFCの開催が決まったから」ということですが、10月にはもっと色んな大会が毎週末にあるわけですから、理由になっていません。出場選手としてはティム・シルビアとベン・ロスウエルの名前が、随分前から明言されています。この人たちが、同じく10月のアフリクションの次回大会に出ないことだけは確かなようです。

モンテ・コックスはアフリクションを見てどう思っているのでしょうね。「あのクレイジーロシアンたちと自分とでやるはずだったイベント」と思うでしょうね。

*****
Dana White: Signing Cro Cop ‘Was A Business Move To Kill PRIDE’(MMA Convert)

 ダナ・ホワイト:何度考えてもPRIDEはもう死んでいた。我々がPRIDEを買うことになって、奴らは選手に、Zuffaのことは放っておけと話をしていることがわかった。だから、クロコップが我々の元に来たとき、我々は攻撃的に契約を決めた。そこからPRIDEはほころんでいった。ミルコはPRIDEと蜜月だった。だから我々が彼を奪い取ったら、他の選手たちも我々と話をするようになった。PRIDE買収はビジネス戦略だった。クロコップと契約したのも、そういうわけだ。

クロコップを連れてきて、ヘビー級で大暴れしてもらおう、なんて話じゃない。ファンはそう思ったかもしれない。PRIDEに詳しいハードコアファンは特にね。でも、これはPRIDEを殺すためのビジネス・ムーブだったんだ。


 有る段階ではこれが真実だったのかもしれないな。最初からそうだったとは考えにくいけど。ザック・アーノルドは、PRIDEがフジテレビを失って以降、石井と対立関係にある今井賢(ミルコのエージェント)にとって、UFCしか行き場が無くなったというのが真実だと彼らしい説明をしています。

PRIDEを殺すために動いた、ということを Zuffa サイドが認めたのは初めてではないでしょうか。こういうことを口走ると言うことは、榊原氏らとの係争は一段落ついたのでしょうか。

*****
「戦極~第五陣~」ミドル級グランプリシリーズに、中村和裕が参戦決定!!(戦極公式)
そうか、未発表でしたね。あまりにも既定路線だったので、え、今頃発表?と思ってしまいました。ミドル級に落としての再始動。ぶっちぎりのエース候補としての活躍を期待!

9・23ミドル級グランプリ準決勝のカードが決定!!
そして“打倒KID”を目指す所英男がDREAM三連戦へ挑む!(DREAM公式)
BloodyElbow によるとミドル級GPにも「リザーブファイト」が用意されるらしく、まだ柔らすぎる段階ながら、ユン・ドンシク vs メイヘム・ミラーが検討されているそうです。

*****
スポーツ中継を殺す「放送の独占」と「過剰演出」(前編)(後編)(日刊サイゾー)

「日本人のスター選手」を冠にポンと据えれば、視聴率が取れると思っているテレビ局の制作側の考え方が間違っていると思います。
結局、スポーツ中継は素材が勝負なんですよ。代表チームが弱ければ、誰も見なくなるでしょう。でも、民放の中継は、素材に過剰な演出を施してしまって、本来の姿を見えなくしてしまっている。


語っているのはアナウンサー職の人だそうです。この頃の巨人は割に強いけど、みんな見ますかね。正論だけどわりにつまんないかも。素材と、スター性とを共存させないとね。

安っぽい演出のせいで、本来の味すらわからなくなってしまうということ。そのまま食べても美味しい野菜に、安いドレッシングをかけたら、変な味になるのと一緒です。視聴者も、そういうものばかりを見させられていると、“味覚オンチ”になってきますよ。


これは言えてる。だから見る側の防衛手段としては、プロレス頭が必要。いわゆる「お仕事」も笑って流して、それはそれとして評価し楽しめる余裕とリタラシーを身につけないとね。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update