レスナー子供電話相談室

Your U.F.C. Questions Answered (Freakonomics)

ニューヨークタイムス運営のブログ Freakonomics で、ブロック・レスナーがド素人の質問に答えています。面白かったので、やや一生懸命意訳してみます。

(以下訳)
Q ヒース戦を見ました。チョークとかに行くチャンスがあったと思うのですが、練習したことを試合中に忘れてしまったのですか

レスナー いや、あれがゲームプランだったんだよ。プランはヒーリングをコントロールすること。ポジションを崩さず、圧倒すること。で、勝っただろ。ゲームプランにしたがったまでさ。そして勝った。シンプルな話だよ。

Q TUFを見ていると、若い選手には子供っぽい人が多いなあと思うんです。勝手に「パンクたち」と呼んでいるんですが、あなたがUFCで出会った人たちも、やっぱりパンクな人なんですか

レスナー まあ、一山のリンゴの中には腐っているものもあるさ。でも僕が出会ったUFCレベルの選手の殆どは、ほんとにちゃんとしているよ。多くの人は学識も豊富だし、話もうまいし、まともな生活をしている尊敬すべき人たちさ。

Q 昔から、「女性は足を弱くする」っていいますよね?(訳注 アレのことでしょうね)

レスナー いいや、女性は足を弱くはしない。そりゃ迷信だ。

Q リングに上がって、負けるんじゃないかとか、怪我をするんじゃないかとか、恐くなったことはないですか?あるいは、対戦相手を致命的に壊してしまうとか思わないんですか
 
レスナー 負けるとか怪我をするとか考えた途端に、実際にそうなるものなんだよ。相手を壊すことについては心配することじゃない。相手も自分も、そんなリスクはとっくに了解の上だからね。

Q WWEは舞台裏での駆け引きで有名ですよね?でもUFCはガチだから、そんなことはないのですか

レスナー 金が動けば駆け引きはあるさ。できるだけ、巻き込まれないようにしているよ

Q UFCの選手はWWEの選手に比べスポーツマンシップがありますね。それはなぜですか?

レスナー UFCの選手はホントに戦ってる。プロレスラーはホントに楽しませている。誰かと戦ったあとは、どっちにしても、相手への敬意が芽生えるものだよ。

Q お金が絡まなくても戦いたい相手っていますか?

レスナー 金無しで?やるわけないだろ。

Q このスポーツを始めたいという若者にアドバイスを

レスナー まずは勉強しろ

Q MMAで負けたらどんな気分ですか

レスナー ひどい気分だよ。負けたくない。何ヶ月もハード・トレーニングを積んできて、試合に備えているのに、負けてしまうんだ。でも、誰しも負けることがあるものなんだよ。負けからどう立ち直るかで、差が出るんじゃないのかな。

Q あなた自身には暴力的な傾向があるのですか

レスナー 戦いっていうのは本能だと思う。サバイバルのためには戦わなくちゃ行けない。オクタゴンに上がるってことは、自分自身を見つけることでもあるんだろうな。僕は負けん気が強いし、自分に試練を与えるのも好きだ。ただ、暴力的な性格ではない。

実際、暴力的な性格って言うのは、試合ではマイナスなんじゃないかな。我を忘れてしまうだろ。ただ暴れまくったって駄目なのさ。

Q UFCでの試合はWWEの試合より危険ですか

レスナー どちらも同じように危険だよ。オクタゴンやリングに上がるときには常に、リスクを背負っているものだ。戦うこと自体も危険だけど、どんなに注意していても、練習の時に怪我をしてしまう可能性もある。UFCがいいなあとおもうのは、怪我をしても直す時間があるだろ。出張もそんなにないしな。プロレスで年中旅をして、毎晩バンプを取っていると、ホント身体に悪いぜ。

Q UFCの選手にゲイはいますか

レスナー 知らん。

Q あなたのことを、雑巾がけから始めていないと言って非難する人もいます。あなたの試合がテレビに乗るのは、あなたの知名度のせいであって、スキルが優れているからではないと。

レスナー ボトムラインを見失っている人が多いなあ。これはビジネスなんだよ。チケットやPPV、商品を売って金を儲けるという話なんだ。どの試合をテレビに乗せるのかはプロモーターが考えることだよ。僕はただ、練習をしてオクタゴンに上がって戦うだけ。

雑巾がけの件については、僕には確かに知名度はあるけど、プロレスだけのおかげじゃないんだ。僕には20年ものアマレスの経験があるんだよ。

*****
Akihiro Gono: Just Like ‘Magic’(UFC公式)

UFC公式サイトに郷野の長い紹介記事がありました。ほんの一部を抄訳。

上品にして邪悪。郷野聡寛は相手を殴り倒したあとで、抱き起こして謝るような選手だ。でもその前に、彼は古風なダンスをしながら、微笑みながら、カツラを付けてリングを目指してそぞろ歩く。いかれた日本語の音楽は、日本のミュージシャンDJ GOZMAへの敬意の表れだ。それこそが、一言で言えば、郷野聡寛エキスピリエンスなのだ。

無駄に贅沢な入場と、雄弁なムーブで知られるこの33歳のウエルター級コンテンダーは、世界でもっとも楽しませてくれる選手の一人だ。魔法の杖を振って、説明できないようなポジションから説明できないようなサブミッションを繰り出す能力で、郷野はPRIDEとUFCの両方を闊歩し成功してきた。

「日本では、力の3割は入場に、5割は試合に、2割はファンやメディアと話すことに注ぐようにしてきた。そうすれば不安が和らぐんで」


*****

Olympics a direct pipeline to MMA(Dave Meltzer, Yahoo! Sports)

13日付けの当ブログで五輪出身のMMA選手のリストを挙げましたが、リンク先の記事を読んでいると、一人抜かしていました。2006年12月31日、K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!に山本KIDがMMA一時復帰を果たした際、1RKO勝ちした相手が、アテネ五輪レスリング・グレコローマン55kg級金メダリストのイストバン・マヨロシュでした。そういえばいたね、という感じになっちゃってますねえ、勿体ない。

今回の北京五輪の選手のうち、下記のアメリカ人選手がすでにMMAへの興味を明らかにしているそうです。

ドレミール・バイヤーズ  グレコローマン120キロ級(3回戦敗退、7位)(ダン・ヘンダーソンのチームと話をするそうです)
スティーブ・モッコ フリースタイル120キロ級
ベン・アスクレン フリースタイル74キロ級
ロンダ・ラウジー 柔道女子70キロ級銅メダル 

ちなみに最新号のレスリング・オブザーバーによると、DREAMを欠場中の山本KIDの今後の対戦相手として、チーム・クエスト所属のジョー・ウォーレンが検討されていたのだそうです。ウォーレンは2006年グレコローマン世界選手権60キロ級の金メダリスト。北京五輪も目指していましたが、なんと!薬物検査でマリファナが検出され出場停止を食らい、それ以来、MMAデビューを目指して練習しているのだそうです。もし実現していたら、あまりにもピースなバイブの試合になるところでした。

*****


G1で初出場初優勝を成し得た後藤が「(この喜びを)柴田勝頼に一番伝えたい」(AngleJapan )

そして、「優勝の喜びを誰に伝えたいですか?」と聞かれた後藤は「いまプロレス界から遠ざかっていますけど、格闘技界の柴田勝頼、彼に一番伝えたいですね。彼は昔からのライバルであり、恩人であり、彼がいなかったらプロレスラーになっていなかったかもしれない。いまこの場にいることも、彼のお陰。もちろんいままで応援してくれたファンのお陰でもあるけど、彼に(G1を獲ったことを)伝えたい」と、高校の同級生でもあり、かつては同じ新日本所属だった柴田の名前を出してきた! そういえばG1の煽りVで後藤が着ていたのは、AREMSのTシャツだった。
 「もう一度柴田選手と戦いですか?」と聞かれた後藤は「もちろん」と即答。続けて「リングは?」と聞かれると、「もちろん……俺の口からは言いませんよ。1つしかないでしょう」と言ってニヤリ。後藤はG1覇者として、柴田を新日本のリングで待つというメッセージを送った。果たして柴田がこのメッセージに応えることはあるのか?


これを読んだときの第一印象は、「10年早いよ、後藤」というものであった。柴田 vs 後藤。ピンと来ない。戦いたければ後藤が外に出ればいい。ただまあ、新日本で柴田の名前が出てきたのは上井さんの時以来ではないのかと思うし、柴田もそろそろ考え時なのかもしれない。

カクトウログさんによると、柴田と後藤は高校の同級生だったらしい。高卒と大卒の違いで、同い年でもキャリアに4年の差があるというわけだ。それをちゃんといわないから、柴田に失礼だなあ、ホントに相手にして欲しいのかなあと言う感想が残る。


スポンサーサイト

トラックバック

DREAMでも戦極でもいいけど、誰か死ぬ気で団体を背負えよ!!!

一昔前の修斗「的」なアマチュアイズム。 客呼べなくても、強ければいい。 そのスタンスは否定しないし、生き方としては認める。 でも、それで潤おうとは思うな。 レスナー子供電話相談室 http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-234.html Q あなたのこと

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update