UFC88まもなく!/UFC、日本向けに謎のリップサービス

UFC 88: KARO PARISYAN OUT WITH LATE BACK INJURY (MMA Weekly)
THIAGO SILVA OUT OF UFC 89 FIGHT WITH MACHIDA (MMA Weekly)

明日に迫ったUFC88,吉田善行の対戦相手カロ・カリジャンが背中の怪我のため欠場。あまりに直前だったため代替選手も立てられず、この試合は中止となりました。パリジャンは計量を済ませた後のキャンセルだったそうですが、計量後にハードトレーニングでもしたのでしょうか。吉田陣営は「逃げた」と息巻いています。パリジャンはかねて、パニック障害を訴えていましたので、関連性も推測されるところです。

10月18日のUFC89英国大会、マチダ・リョートと対戦予定だったチアゴ・シウバが負傷のため欠場となりました。こちらは代替選手が立てられる見込み。選手はいくらでもいるライトヘビー級ながら、リョートの対戦相手ですから難航するかもしれません。

HURRICANE IKE SHUTS DOWN WEC: FABER VS BROW (MMA Weekly)

9月10日開催予定だったWEC36、フェイバー vs ブラウンは、フロリダに上陸が見込まれているハリケーンを避けるべく、11月5日に延期になりました。MMA Payout は、この大会は5500名収容の会場で、既に5000枚が売れていたと報じています。

WEC37は12月3日に予定されています。

******

米総合の老舗UFCが来夏日本本格開催へ(日刊スポーツ)
リデル日本大会熱望!…6日UFCアトランタ大会(スポーツ報知)

この情報、僕の知る限り米MMAサイトで全く報じられていませんので、日本のメディアだけに向けたリップサービスであると思われますが、こんなリップサービスが出るだけでも、これまでのUFCにはありえないこと。何らかの動向が確実に動いていることを示しているのでしょう。

個人的には、UFC、どうぞ日本に来ていただきたい。ファンにとって選択肢が多いのは大変結構なことです。僕は個人的には一回見てみたいと思うな。他方でこの黒船来襲が、日本のメジャー団体の危機感を煽り、一致団結を生み、強い熱のあるイベントをぶっ放す契機になるといいなと思いますね。なんにせよ、ファンに見えるところで競争し、質の高い大会を見せて欲しい。どちらの方が面白いのか、その勝ち負けはあくまでもファンにゆだねて欲しいと希望します。

WWEの時に、どこから現れたか分からない大量のマニアが横浜アリーナに集結していましたが、ああいうファン層って、UFCにもいるんでしょうかね。

*****
Sherdog To Stream Strikeforce Playboy Mansion Event Live (Sherdog)

三崎和雄も登場の9月20日、ストライクフォース・プレイボーイマンション大会の模様が、ストライクフォースのホームページ、及びMMAニュースサイト「シャードッグ」で無料ストリーミング生中継されるそうです。

現地時間で20日よる7時半PSTスタートといいますから、日本時間ではたぶん21日ひる11時半ごろだと思います。

三崎は格通のインタビューで、プレイボーイマンション大会について、クソ高いチケットを買える金持ちの単なる道楽では終わらせない、大和魂を見せてやると息巻いていました。変に浮かなければいいのですが。

*****
THE INSIDE SCOOP ON COUTURE'S UFC RETURN (MMA Weekly)

クートゥアのUFC復帰に際しては、マーク・キューバンが仲介し、アフリクションがヒョードルを一夜に限り貸し出したいという希望を持っていることをUFCサイドに伝えたという。これはUFCが想像だにしない展開であった。

ヒョードルのアメリカの代理人とUFCとの交渉は続いている。ホワイトは共催については否定的だし、まさにこの点がロシアのマネージャとの最初の交渉の決裂点だったわけだが、それでもダナはヒョードルとの契約を希望している。「フェアな取引をオファーするつもりだ」。

ヒョードルのアフリクションとの契約によれば、他団体で戦うことを禁じているわけではない。それに契約は米国における独占契約であって、クートゥアとヒョードルの試合をイギリスで組めば、法的問題はない。

>僕にとっての一番の謎は、どうしてキューバンが天使の役を務めたのか、ということですね・・・UFCとキューバン、裏で握ってませんかね?

Joost Raimond on Randy - Fedor fight (M1-Mixfight)

M-1サイトに、M-1のディレクターが、「仮にランディが負けたとしても、ヒョードル戦の値打ちが落ちることはない」とコメントしています。クレイジーロシアン側も今回にプランに前向きであることがわかります。

Dana White wants to destroy Randy Couture(M-1 Mixfight)
翌日のM-1サイトにはワジム氏が声明を発表。

ダナはあきらかに、3試合契約をすることでランディを壊そうとしている。ホワイトはランディがこの厳しい試練を無敗で切り抜けるとは考えておらず、これで王座がUFCに戻ると考えている。ランディは、ダナが国民的ヒーローに育て上げようとしている上昇中の選手との試合を組まれた。ちょうどあの、買うだけ買われて壊されたPRIDEを思い出させる。

ランディとヒョードルの試合がありそうにもないのは、これが理由である。我々はこの試合を実現させたいし、本人同士もやりたがっているのだが。


ここではクレイジーロシアンは、ランディに土が付いて価値が地に落ちる前に早くやらせろと迫っています。やる・やらないではなく、やることを前提にしているからこその、試合順序へのこだわりでしょう。他方UFCは土の付いたランディをヒョードルに当てたい。そうすれば、ヒョードルが最強とは言えなくなるし、ランディの値打ちを引き延ばせる。

この辺の交渉はプロレスファンには一発で腑に落ちるせめぎ合いですな。

でもさ、もしレスナーが勝ったら、レスナー vs ヒョードルもやりゃあいいんじゃねえの?この議論のボトルネックは、「ヒョードルはUFCに出陣するにしても一試合だけだ」というところじゃないのかな。勝ち逃げ作戦はやっぱり通らないのが世の常で、こうなったからには、ロシア側が妥協しないと無理だよな。

*****

秋山成勲、キムチ冷蔵庫で主婦にアピール(朝鮮日報)

「秋山選手の最大の長所は“アンチファン”が少なく、嫌いな人と好きな人に大きく分かれることがない点。タフでありながらも口べたのような雰囲気と純粋な笑顔が、キムチ冷蔵庫購入の主導権を握っている主婦たちにアピールすることを期待している」


ああ、韓国。この秋山評は、殆ど一言たりとも理解できない。あまりにも近くて遠い国・・・

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update