【エバン・タナー追悼】Free as Birds

Former UFC Champ Tanner Dead at 37 (Sherdog)

UFCミドル級のベテラン、エバン・タナーが死亡しました。37歳でした。

月曜日にカリフォルニア山間部で遺体が発見されたとのことです。タナーは9月2日にサン・ディエゴの東に位置する砂漠地帯に、「自分を清めるために」と言い残してキャンプに出かけていました。

テキサス州アマリロのタナーの自宅の近所に住む人によると、木曜日にタナーは知人に宛てたメールで、水とガソリンが無くなったと連絡していました。その後当局が捜索を行っていました。

タナーの遺体はキャンプ地から約2マイルの所にありました。現地は115度(摂氏46度)の暑さだったそうです。

タナーは2005年2月のUFC51でデビッド・テレルを破ってUFCミドル級王座を獲得。パンクラスのネオブラッド・トーナメントで優勝した最初のアメリカ人でもありました。ラストマッチは今年6月、ケンドール・グローブにスプリット・デシジョン負け。

タナーのブログ(8月27日付)より

僕はこのアパートで日がな座って過ごしている。退屈で涙が出る。砂漠に冒険に出るために必要なグッズがひとつ、郵便で届くのを待っている。あそこには本当に行ってみたいと思ってた。いくつかのMMAのサイトで、僕が砂漠で死ぬんじゃないかというストーリーを報じてる。人生最大の勝負を賭けるんじゃないかってね。おいおい、「野生の世界」じゃないんだからさ。パンツ一丁とナイフだけで砂漠に行こうってわけじゃない。フル装備で行くんだよ。楽しむためにね。


タナーはこれまでもブログでしばしば、砂漠や山間部にキャンプやトレッキングに出かけることを記述していました。その文章はしばしば、死の匂いをはらんでいて、当ブログでもビックリして紹介したことがあります。その後も幾度となく、タナーのブログがおかしいというニュースは目にしていました。本当にこうなってしまうとは、ショックです。

こちらに多数のタナーの写真がありますが、写真によってずいぶんと表情や雰囲気が違うことに驚きます。

デーブ・メルツァーはネットラジオで、「流浪の人、自由の人だった。あんなファイターは見たことがない。本当はファイターではなかったのかもしれない。アル中だったし、うつ病でもあったし、年齢的な限界も感じていた。選手としては、若い頃にはこれといった専門性もないまま、とにかく単に強かった」「日本にいた頃は日本人を気取っていた。グレイシーのDVDをみるだけで、それを実践して勝っていた」

来週のWOWOWのUFCダイジェストでは、タナーvs岡見の試合が流される順番だったと思います。

*****

小橋建太が右腕手術のため緊急入院 三沢が会見=ノア(スポナビ)
「尺骨神経麻痺」という症状を少しネットで探してみましたが、単純な外科的な治療で済むような話みたいで安心しました。いや、重傷で大変だなとは思うんだけど、最悪、転移じゃないんだな、という意味でね。

チョップやラリアートのやり過ぎ?もうチョップは出来ない?それより早く嫁さんもらえよなあ。

緊急警報『食品テロ』発生(“東洋の神秘” 矢野卓見(ヤノタク))
「東洋の神秘」が三笠フーズを語る。
こわいな、これ。どうすれば三笠の食料は避けられるのかな。

"ゼンコー" 吉田選手の対戦相手カロくん欠場(シュウの寝言: THE SLEEP TALKER)
突然の試合キャンセルで吉田善行のファイトマネーはどうなったのか?不戦勝にはならないのか?様々な疑問にきめ細かく答えています。おもろいなあ、こういうの。

ちなみに台風で延期になったWEC大会に出場予定だったユライア・フェイバーは、トレイナーへの払いもあるし、なんだかんだあるし、ファイトマネーが入ってこないなんて冗談じゃないよ、今年は3試合はしたかったのに、これじゃ2試合止まりだよと愚痴っています。

*****

NHBnews PRO さんがミルホンを引いてパンクラスの経営情報を報じていますが、ここに「株式会社コモンウェルス・エンターテインメント(CWE)」という会社名が出てきます。戦極のマットにもCWEというロゴが大きく印刷されており、そういえば、いったい何の会社だろうと疑問に思っていたことを思い出しました。

この会社はもともと「トップボーイ」という店舗名で、家庭用ゲームソフト・ゲーム機器の販売業を営んでいたようですが、この事業は平成17年9月に廃止されています。現在の事業内容は下記の通り、まるで別の会社のようにすっかり様変わりして、パチンコ業界に対する版権業務等を手がけているようです。

●コンテンツ事業:肖像権・著作権等の版権管理業務、権利活動に付帯する広告宣伝・媒体業務
●アミューズメント事業:遊技機転用業務(パチンコ・パチスロ機をアミューズメント施設に転用する業務)
●コンサルティング事業:ぱちんこ営業店への景品供給、仕入、陳列交換等に係る企画運営のコンサルティング業務

サイトの「会社概要」に有るとおり、社員15名で90億の売り上げをたたき出す恐るべき集団で、株主や取引先には主要なパチンコメーカーと芸能プロダクションが軒並み名を連ねています。「会社沿革」を見ると、近年ありえない勢いで増資を繰り返しています。事業内容を総取り替えした直後のこの急成長って一体・・・

平成20年3月期の事業報告書には次のような記述があります。

当社は、平成19年10月4日付けで株式会社ワールドビクトリーロードの株式1,800株を取得しました(取得金額90百万円)。これにより、同社は当社の関連会社(出資比率30%)となっております。


ただし同年の有報に、「株式会社ワールドビクトリーロードはその支配が一時的であるため、事業系統図には記載しておりません。」とあり、株式を手放したことを伺わせています。ミルホンの「兄弟会社」の記述は、一時的にはあながち間違いではなかったということかもしれません。

またCWE社の株主については大手パチンコメーカー等が名を連ねていますが、筆頭株主は安田隆夫氏となっており、まぎれもないドンキのドンその人であると思われます。所有株数6,620千株、持株比率17.25%と記載されています。

安田氏の格闘技への愛情は本物だとしても、パチンコビジネスにも愛情を持って君臨しているようです。


スポンサーサイト

トラックバック

【パンクラス】 美濃輪育久vs.エヴァン・タナー

OMASUKI FIGHT さん、 2008.09.10の記事。 Former UFC Champ Tanner Dead at 37 (Sherdog) UFCミドル級のベテラン、エバン・タナーが死亡しました。37歳でした。 ...

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update