青木、秋山批判!光岡、彼女と進展無し!

DREAMと戦極が記者会見を競っています。

●青木、DREAM.6緊急出場

――秋山選手に勝てますか?
青木 勝つと思いますよ僕は、正直。本当にひどいことを言うと、日本の格闘技というものが好きで、真剣に格闘家として格闘技を追求してきた青木真也と、お茶を濁してる選手との差は出ると思います。

戦極、テレビ放送を発表

特番とレギュラー番組の放送が決まったとなれば、次に期待されるのは大会中継だが、この可能性に関して國保広報は「大会の放送に関しては各大会ごとに決めることになると思います」と、現時点では語るにとどまった。なお、レギュラー番組の『戦極G!』は基本的には試合と取材を中心にしたドキュメンタリーとなるとのことで、三瓶氏によると「いまのところMCとしてタレント等を使うことは考えていません」とのこと。

五味「僕からのリクエストなんですけど、(『戦極G!』の)キャスターは川村ゆきえちゃんがいいなぁ」

MMA Weekly には戦極ゴールドの放送予定が。

10月5日 五味特集+ミドル級GP準決勝カード発表
10月12日 「北岡 vs 光岡」特集
10月19日 「廣田 vs 横田」特集
10月26日 戦極6プレビュー

正月特番については言及無し。

●戦極6、ライト級GP組み合わせ
北岡悟vs光岡映二、廣田瑞人vs横田一則

光岡について)『戦極~第4陣~』においてリング上で「もうすぐ結婚するかもしれません」とマイクアピールで彼女の存在を明らかにしたが、彼女とはそれ以上には進展はしていないとのこと。

五味もこの大会への出陣を直訴
「決勝戦の前のセミファイナルに僕が出れば優勝者と比べやすいんじゃないかな。僕が出ることによって、ライト級を盛り上げていけたらと思います。相手ですか? ストライカーが相手だと、旗揚げ戦みたいに噛み合う場合と、噛み合わない場合もあるんで、グラップラーのほうがいいかな。ライト級GPの4人もグラップリングが強い選手が多いんで」

さらにUFCに関しても
「条件であったり、対戦カードであったり、タイミングがあえばいいんじゃないですか。『戦極』というのはニュートラルな団体なので殴り込んでもおかしくないと思います。ただ、まずは『戦極』のベルトを獲ってからでしょうね。チャンピオンになったら、UFCであったり、世界中を巻き込むような流れになれば凄いことだと思うし、日本のファンも喜ぶんじゃないですかね」

●戦極5、メインはシャンジ・ヒベイロ vs NOAH杉浦!
杉浦は試合前日の27日もノア大阪府立体育会館大会で6人タッグ(杉浦&高山善廣&佐野巧真組vs三沢光晴&小川良成&青木篤志組)に出場するという超強行スケジュール。

この辺スポナビさんの記事も参考にしました

戦極ゴールドでタレントさんを使えるのかどうか、いくら五味の希望でも無い袖は振れぬ気はするけど、そういえば戦極はこれまでのPPVでもまったく女子が出演していませんでしたね。たしかに誰か居てもいいかも。

青木のスクランブル発進は、プロモーターが生き急いでいるようにも見えなくもないかも・・・

*****

Winners of Cro Cop/Overeem, Kharitonov/Mighty Mo to Fight for DREAM Heavyweight Title (BloodyElbow)

ミルコ・クロコップがクロアチアのテレビに出演、DREAM.6でのふたつのヘビー級戦の勝者が年末にヘビー級ベルトを賭けて戦うことになっている、したがって年末は自分とおそらくハリトーノフになる、と発言しました。

そうなるでしょうか?
*****

Gary Shaw Talks Golden Boy-Affliction Partnership (BloodyElbow)

ボクシングもMMAもプロモートした経験がある、元エリートXCのゲイリー・ショーが、アフリクションとゴールデンボーイの提携についてコメント。

ボクシング・メディアが、ボクシングとMMAの今号大会を見ないと行けないことを喜んでいると考えたら大馬鹿だ。ボクシングメディアの若造にはMMAを見た経験はなく、皿からパンを取離挙げられたような気分になっていることだろう。ボクシングメディアの皿をよごしちゃあいけないんだ。

MMAファンはある種カルト的で、ボクシングのペースに寛大ではないだろう。それから、ボクシングには衣料品市場はない。MMAの衣料品が急成長しているのは、ファンがライフスタイルそのものに惚れているからだ。ボクシングにはそこまで忠誠心の高いファンは居ないし、40ドルのTシャツなど買わない。


*****

MONDAY UPDATE (f4wonline)

ダナ・ホワイトが、今週水曜日のUFNはエバン・タナーに捧げると発言、さらにSpike TV で追悼番組を計画中と。

*****

「強くて何が悪いんだ!?」シュルトが毒舌吐きまくり(K-1公式)

質問と答えが微妙にズレ続けている絶望的なインタビューではあるが、なによりも意外だったのは、シュルトの考え方を読んだのは殆ど始めてであるような気がすることだ。

*****

週末のプロレス中継。ノア。飯伏、創造的過ぎ。中嶋、スティッフ過ぎ。新日本。後楽園はこっちが取り残されそうな盛り上がり。リングマットは広告でいっぱい。これだけ見てると成長産業。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update