【TBS】えー、DREAMは本年度最後の大会となりました

DREAM.6直前会見、笹原EP&TBS難波事業局長コメント(スポナビ)

このTBS事業局長の挨拶、気になりますよね。

TBS難波一弘事業局長
「DREAM.6」の記者会見に多数のご来場誠にありがとうございます。
 今年初めて産声を上げましたDREAMですが、明後日9月23日をもちまして、本年最後の大会となりました・・・
 まさに本年度最後の大会を象徴するようなすごい大会ですのでどうぞご期待ください。


一般的認識ではDREAMは、11月韓国大会、大晦日大会が控えていると思われ、とくに大晦日はTBSでも放送するのではないのかと思われるため、現段階での一本締めのような発言は、なんだか不思議。単に既発表のスケジュールとしてはこれが最後だと言っているだけなのか、他意があるのか、およそ何も考えていないのか、不明ですが、たぶん何も考えていないだけのような気がする(笑)DREAM大丈夫なのかとマニアが気をもんでいるさなかでの、このような繊細さに欠ける発言こそが、いつものTBSということで、安心してもいいのかもしれない。

笹原EPが予告したサプライズ、石井慧×ヒョードルの夢の顔合わせが中止に(Kamipro)
ていうか、座談会だけでもいいから、リングでやれや。ああ勿体ない。

ショック!! ホジャーが大会直前で欠場! 『戦極』側は厳罰も辞さず(Kamipro)

*****

Quote of the Day: Anderson Silva to Retire Next Year? (BloodyElbow)

アンデウソン・シウバが、ブラジルのテレビインタビューで、「来年引退する。もう全てを出し切った。これ以上誰かに何かを証明する必要もない、1年以内にグローブを置くと思う」と発言しました。

脂ののりきったシウバが引退とは、にわかには考えにくいところ。シウバは今年、ボクサーとの対戦を熱望したり、ダナ・ホワイトに年間6試合やらせろと迫るなど、モチベーションは上がりまくりでした。

それなのに前回はジェームス・アーウィン、次戦もパトリック・コーテと、階級の問題はあるにせよ、地味な対戦相手が続いています。他方でUFCは、レスナー・クートゥア、GSP・ペンといったスーパーファイトで盛り上がりまくっている。おまけに今度は、友達のパウロ・フィリヨと闘えと言われる。というわけで、おいおい、冗談じゃないよというシグナルを発したのではないかなと個人的には思いました。年末年始にシウバ vs リョートなんかはどうでしょう?

Josh Thomson wants Joachim Hansen next (Five Ounces of Pain)

プレイボーイ大会でも勝利したストライクフォースのミドル級王者ジョシュ・トムソンが、次戦11月21日大会でヨアキム・ハンセンとやらせろと発言しています。

もし実現したら、タイトルマッチになるんでしょうか。DREAMのベルトも掛かるんでしょうか。

DREAM目線で見れば、まずは石田を倒せ、と思いますよねえ。トムソンなんて、石田に負けたメレンデスに勝っただけの選手ですからねえ(ニヤニヤ)

*****
UFC ZEROING IN ON SUMMER 2009 FOR PHILIPPINES (MMA Weekly)

UFC海外戦略についてはこれまで、ドイツ、フィリピン、オーストラリアなどが挙げられていましたが、このほどロレンゾ・ファティータとチャック・リデルがフィリピンにプロモーションに訪れたようです。現地でリデルが1時間のオープン・ワークショップを開催したところ、4千人のファンが集まったとか。ロレンゾ談「チャックはまるでロックスター並みだ。人の多さはちょっと恐いくらいだ。朝6時半にホテルにチェックインしたときには、20人のカメラマンが待ちかまえていた。9時からの記者会見には複数のテレビ局が来ていた。ちょっと想像を超えていた。」

フィリピン大会は来年夏を予定しており、UFCのスター選手と現地の選手、日本や韓国の選手も織り交ぜる意向だそうです。

このところ報じられていないドイツについても、ちかくベルリン大会がアナウンスされると見られています。

*****
武藤V3防衛!大流血で格の違い見せた(デイリー)

これで武藤は4月に中邑からベルトを取って以来、中西、後藤、真壁を撃退。次は10月に中邑だそうだ。新日本としては正月ドーム大会に武藤が欲しいのではないかと思われるし、4月以降の中邑にこれといったドラマも上積みもなかったと思われ、そうすると前回負けたのに今回は勝つという理由は特に見あたらない。中邑は下手すると年末年始は総合という可能性もあったりする。すると10月の中邑勝利は考えにくくなる。そのあとのコンテンダーはというと、永田か棚橋ということになろうが、永田さんに病み上がりの印象が残るから、正月に棚橋という線なのだろうか・・・などと邪推していたら、棚橋の「無期限」海外遠征が報じられた。ああ・・・もう、わかりやすいなあ。

貢献度から言うと天山戴冠という手もあろうが、いまの天山にはベルトはかえって邪魔だろうしね。

正月興行にはNOAH勢も参加すると言うことらしい。ならNOAHにIWGPが渡ることになるやもしれん。それが正月に起きるかどうかは知らんが、今からではちょっと仕込み時間が足りないようには思う。秋山準なんていまさらGHC狙っても仕方ないし、だからといって無冠で遊んでいてももっと仕方ないので、ちょうどいいのではないか。で、中邑・棚橋・後藤・真壁あたりにとってもいい経験になるだろう。

って、久しぶりにこんな文章を書くと恥ずかしいな。

*****

傷跡・・(石川直生オフィシャルブログ)

9.19後楽園、全日本キックのメインイベントで、ペッエーク・ソー.スワンパクディーという選手に肘カットされてTKO負けを喫した石川直生選手の傷跡の写真が本人のブログに掲載されていますが、こ、これはひどい・・・

ショッキングな写真ですので苦手な方はご注意ください。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update