K-1帝国の全国統一?

昨日紹介したザック・アーノルドのブログ記事のコメント欄に、ザック自身が追記をしています。


Thursday night notes (1/10/08)

Zach Arnold Says:

K-1 is controlling all the free-to-air TV revenue.
DSE (or whatever company they will call themselves in the future) will handle house show promotion for their events.
WVR is controlled by J-ROCK, which is Hidehiko Yoshida’s management team. They were close to DSE, so expect DSE production for those shows.
The non-K-1 events will be carried on PPV and any mega-matches that air on free-to-air TV will be produced by K-1.
Essentially speaking, you have lots of different factions but K-1 ultimately controls the easiest revenue source of all.

Zach Arnold Says:

K-1’s power base (through Ishii) has always been through various forces in Japanese’s entertainment sector. While he may not have as much power as he thinks he does, the fact is that he’s got juice behind him in the TV side of things that DSE never had.
Which is why Ishii’s TV deal continues to survive.
You have to throw out all conventional business rules when talking about the entertainment scene in Japan, primarily the combat sports sector. There is no playbook other than having street smarts and getting dirty.
The only lesson to learn here is that Ishii has now conquered his ultimate goal, which is that if anyone wants to get on Japanese TV, they have to go through him. He could care less about applying elbow grease to promote house shows, as it’s too much for him. TV money is easy cash for him and only requires bringing sponsors to the table.
He should really be in jail for grand larceny and theft instead of tax evasion.


WVRはJ-ROCKにコントロールされていて、DSEに近い。だからDSE派が製作をする。
(DREAMSでは)地上波で流されるメガマッチはK-1が製作する。K-1が絡まないものはPPVで放送される。派閥はいろいろあるが、要するにK-1が、テレビという最も簡単な収入をコントロールすることになる。

K-1のパワーの源は、石井を通じたエンターテインメント業界の様々な力とのつながりである。彼の力は以前ほどではないかもしれないが、テレビに関してはDSEには望むべくもない力を持っている。だから石井のテレビ・パワーは生き続けている。これを理解するには、普通のビジネスのやり方は忘れた方が良い。これは清濁併せのむ世界である。

ポイントは、石井が究極の目標を達成したと言うことだ。つまり、日本のテレビに乗りたければ、彼を通すしかないのだ。興業というしんどすぎる仕事はしたくない。テレビのお金は、スポンサーをテーブルに着かせれば良いだけの簡単なお金だ。実際、石井は脱税ではなく窃盗で逮捕されるべきだ。



・・・と書いてありましたので訳してみました。

またザックはラジオ番組に出演し日本の格闘技事情を語っています。僕が聞き取れた範囲ではこんなような話。

Fight Network Radio (1/9/08)

(K-1、やれんのか!、新生HERO'Sの背景は?)
K-1は全てをコントロールしている。唯一のTVへの窓口として機能している。WVRの地上波もK-1を通す必要がある。すべてがK-1という大きな傘の下で動く必要がある。その範囲内で、2008年は2007年よりはファンにとっていい年になるだろう。もしこの大きな仕組みが失敗すれば、あるいは、K-1がテレビを失うことになれば、ライバル会社が痛めつけ合う状態になるだろう。

(TBSは、いわゆるヤクザ疑惑の「やれんのか!」スタッフと仕事をしても大丈夫なのか?)

・(そんなことを心配するには)K-1はエンターテインメント業界に、もう随分長く、根を張りすぎている。

(その他)

・ヒョードルはランディ・クートゥアと日本で戦うかも。「PRIDE王者対UFC王者」が売り物になるだろう。
・三崎の疑惑のキックについては、K-1が反則を宣告すると見ている。
・五味はおそらくUFCで戦うことになる。

*****
UFC Close to Budweiser Sponsorship? (MMA Payout)

先日のUFC79で新スポンサー、ハーレー・ダビッドソン社のロゴがマット中央に描かれ、怪しげな健康商品会社ザイエンスがコーナーマットに追いやられていたUFCですが、今度はバドワイザー社と交渉中だとの噂なのだそうです。優良スポンサーへの切り替えが進んでいますね。
ちなみにハーレー社については、「Harley Davidson, the only motorcycle worthy of being in the Octagon」というキャッチフレーズがサイテーにくだらないと米MMAブログ等では評判が悪いです。たしかにダサイ。

*****

http://www.lagniappemobile.com/article/1281

1月26日、Rumble in the Cage というMMA大会で、女子フィギュアスケートのトンヤ・ハーディングがMMAデビュー戦を行うそうです(笑)。94年の全米選手権で、人を雇ってライバルのナンシー・ケリガンを襲わせた咎でスケートから追放されたハーディングは、その後女子プロボクシングの世界に入り、戦績は4勝3敗。

当時、全日本女子プロレスもハーディング獲得に乗り出していましたね(笑)。

******

HDNet のMMAニュース番組、Inside MMAが「やれんのか!」特集を製作、さいたまから放送しています。

******
Kamipro Special 2008 Special のダナ・ホワイトインタビューより。

ミルコについては、今まさに話し合っているところだ。まず、彼がUFCで戦い続けることが出来るかどうかを見ないといけないな。


ク、クビの可能性もあるんですか・・・

******

新日本東京ドーム大会のテレビをようやく見ました。永田vsアングル、棚橋vs中邑、良い試合なんだろうなあ、たぶん。

新日本をじっと見ていると、「田舎の立派な公民館」を想起させます。立派なんですよ、公民館じたいは。それに、田舎の町にいい公民館があったって構わない。ないよりはいい。でもやっぱり、どこか非合理で頓珍漢。余裕もないのに、何を作っているんだという。しかもそれは、自分の町ではないんだ。だから余り興味もない。昔は新日本は自分の町のど真ん中にあったものだけれどね。

やっぱりどうせ公民館を建てるなら、求められている土地で建てること。でも本当に求められているのが公民館なのかどうかをよく考えること。そして、建てた以上は、皆が活用するように絶えず催しや企画を考えること。プロレスでも同じじゃないですかね。

中邑なんて試合のたびに怪我して、でも気の毒に、なんかエクスキューズっぽくみえてしまうんだよなあ。王者になって嬉しいですかね、中邑。嬉しそうには見えないなあ。響いてこないなあ。


それから、J-SPORTSで放送していた3時間の WWE RAW 15周年記念特番を見ました。RAWをじっくり見たのなんて、2,3年ぶりではないだろうか。特番だけにおもしろかったなあ。過去の名場面集がテンポよく挟み込まれ、まるで無駄のない短い試合に、ホーガン、ストーンコールド、エリック・ビショフらが総顔見せして豪華だし、グイグイと引っ張られるように見てしまいました。最後はビンスがマンカインドのソッコを口に詰められ、アンダーテイカーにチョークスラムを決められ、ストーンコールドにスタナーを決められ、ビールをぶっかけられていました。ご立派です。

スポンサーサイト

トラックバック

【K-1】についてのお得なブログリンク集

K-1 に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update