田村彰俊WEC登場/アフリクション動静

TOP 10 FEATHERWEIGHTS CLASH AT WEC 37 (MMA Weekly)

12月3日のWEC37ラスベガス大会で、ワグニー・ファビアノ vs 田村彰俊が決定した模様です。この試合の勝者が、WECフェザー級王座(ユライア・フェイバーが現王者)に挑戦するシナリオも検討されているようです

*****
Boxing On Hold for Affliction Event (Sherdog)

アフリクション副社長、トム・アテンシオが、次回大会はすべてMMAの試合となり、ボクシングとの抱き合わせはしないと明らかにしました。アフリクションとゴールデン・ボーイが共催することには代わりがないそうですが、1月までに形に出来ることではなかった、将来的には抱き合わせ大会を実施する、と語っています。

レスリング・オブザーバーの報道では、次回大会日程は当初1月17日の予定でしたが、UFCがダブリン大会をぶつけてきたため、1月24日に変更するもの見られています。さらに一週間、1月31日まで延ばすと、またUFCとバッティングしてしまいます。1月24日に開催の場合、UFCは裏番組として「レスナー vs クートゥア戦」を無料放送する予定。メインイベントはヒョードルとアルロフスキーの見込み。ジョシュはビジネス上の理由でヒョードル戦を断りました。ジョシュは、これはファンにとっては面白い試合になるかもしれないが、契約書の内容や書かれ方の点から、どうしても不可能なんだ、ただそれだけだと語っているそうです。

ボクシングマッチについては、デラホーヤ、ホプキンス、パブリク、リッキー・ハットンらは、これから年末までの間に試合があるため1月出場は現実的ではなく、たいした試合は組めそうにない見込みとされていました。

*****

10月13日レスリング・オブザーバ。
●これはどこかで既報でしょうか、NOAH10.25武道館大会で行われる予定の丸藤 vs KENTA、もしかすると、全日ジュニアとGHCジュニアの統一戦になりますが、丸藤はこの試合でプロレス大賞最優秀試合賞を取ると公言しているそうです。また丸藤は、単なるヘッドロックをフィニッシュ技に使うことを考えていて、この試合で一気に有名にしたいと考えているそうです。この武道館大会、佐々木健介のGHCタイトル戦をさしおいて、丸藤の試合がメインイベントになるかもしれないそうです。

●石井慧にかんするインサイダー情報。金額が十分大きいので、石井は大晦日に試合を行う意向。師匠小川直也が、柔道も続けさせることを強く推しているとのこと。

●ハッスルが12月30日のショーに、北京五輪テコンドーで審判をKOしたキューバのマトス選手を招聘する見通し。IGFとハッスルにホットラインが出来たのかな?

*****
Joe Son Arrested on 1990 Gang Rape Charge (Sherdog)

ジョー・サン(39)がカリフォルニア州で逮捕。1990年クリスマスイブに発生した集団レイプ事件で起訴されたもの。起訴状によるとサンは、共謀者とともに、被害者(女性)を車の後部座席に連れ込み、拳銃を突きつけて脅しながら強姦、アナルやオラルも繰り返し、解放時にはパンツを目の回りにかぶせて裸のひがいしゃを外に放り出したそうです。起訴は懲役275年分に相当。

*****

THURS. UPDATE: BRET HART INTERVIEW; STUNNING RATING; DANA ON SETH; JERICHO; VAMPIRO MOVIE (F4W Online)
セス・ペトルゼリの八百長疑惑発言の余波は残念ながら一般メディアにも広がりつつあり、ESPN、LAタイムスやボストン・ヘラルド、サンホセ・マーキュリー・ニュースなどが報じ始めています。ボストン・ヘラルドはダナ・ホワイトに取材しています。

胸くそが悪いよ。10年間世界中を飛び回って、このスポーツや選手のすばらしさを啓発して回ってきたが、その努力も吹き飛んだ。CBSは、人の家のバーベキュー場で戦うような男をメインイベントに放り込み、我々と競合しようとしたが、結果その男は、TUFでもUFCでも勝てなかった男に14秒で負けた。そしてその男は翌日、グラウンドにいかないことでプロモータから金をもらったという。法律違反だと思うがね。

スライスはジョークだ。こうなることはわかっていた。エリートは6000万ドルも赤字を出してこんなことをしてる。彼らは戦えない男に寄りかかっている。まるで馬鹿馬鹿しい。戦えない男を使ってファイトビジネスを作り出そうなんて。

自分の懐にも手を突っ込まれた気分だ。ダーティな人たちがこういうことをやらかすと、プロモーターの評判は下がる。ボクシング100年の歴史を見てみる。やっとそう言うことを正そうとうまくやりはじめているのに、やつらはクソをぶっかける。迷惑だ。


高まる反響を受けて、フロリダ州ボクシング・コミッションは、キンボ vs ペトルゼリに関する調査を行うことにすると発表しました

この手の問題に潔癖なFight Opinion のザック・アーノルドは、この件はMMAやファンにとって迷惑であるだけでなく、ラスベガスの賭け屋、プロエリートの株主に対しても大きな影響を及ぼしかねず、場合によっては証券取引委員会の監査もありえるのではないかと厳しく指摘しています。

*****

ショック! 10.23 DEEP後楽園大会で植松直哉が欠場。“リトルマヌーフ”も参戦!(Kamipro)
DEEPがライト級王者、ハン・スーファンとの契約を解除! ベルトは空位に (Kamipro)
植松 vs DJ taiki は中止、植松の代替も見つからず。スーファンは戦極出場で不義理があったとの示唆。


「ガチで読めない新日本vsノアの関係! 1.4『オールスター戦』にノア出陣は?」(Kamipro)
レスリング・オブザーバにも、1.4ドームへのNOAHの参画はさっぱり分からないと書いてありました。例によって、新日本側がNOAHに相談する前に発表してしまったことがあったようです。

吉田が石井慧騒動を語る、秋山の挑戦発言は一刀両断=戦極(スポナビ)
たいした内容じゃあ無いですが。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update