【書評】底なし沼:井上義啓一周忌追善本

「底なし沼:井上義啓一周忌追善本」を読みました。

やっぱりおもしろく、資料価値も高いのは、ファイト時代の原稿の再録だろう。今読んでも新鮮で、革新的で、妄想的で偏見たっぷりで、それでも納得性が高くて謙虚な文章なのである。氏がどれだけ確固たる世界観を持っていたかということの証左だ。某かの事象がI編集長の世界観に触れると、たちまちにリンクが張られ、リンクの先には深い世界観がかいま見える。年齢を経ても新しいものを受け入れ続ける感度の良さはにも感服だ。プロレスは古典芸能ではないのである。

新間さんのインタビューも味わい深い。KAMIPROのことが大嫌いだとはばからない新間氏であるが、井上さんのためならと、とっておきの思い出話が惜しげもなく披露している。二人の希代の演出家の企みと思いやりが胸を打つ。

平成のデルフィンにも是非お勧めしたい。中身に細かな突っ込みを入れるのではなく、ものの見方、切り方を味わって欲しい。

ただ一つ、誰が悪いわけでもないが僕にとって残念だったことがある。記憶の中の「週刊ファイト」のI編集長エッセイは、質の悪い新聞紙にきたないインクで印字されていて、デザインやらロゴマークなんてセンスのかけらもなく、それでも潜む熱気と難解さが刺激的で指を真っ黒にしてむさぼるように読んだものだった。紙がちょっとくさかったりもした。それが今回、片手で持てるきれいな本に、真っ白な紙に読みやすい活字で納められてしまうと、いくら中身が同じでも、その質感、その印象がものすごく違うのである。暴れ回っていた熱が、額縁に納められてしまったような、なんだか、若い頃から大切にしていたものが少し損なわれてしまったような気さえした。

いや、昔は良かったなどというとI編集長に怒られる。いまどき、きたない新聞紙より、きれいな本の方が良いに決まっている。僕が出版社でも、そうする。I編集長自身も晩年は携帯サイトで軽快な文体に切り替えていた。守りに入ってはいけない。老人力ならぬ、井上力をつけないとね。そういえばI編集長の本名は「井上力」なのだそうだ・・・

底なし沼 活字プロレスの哲人 井上義啓・一周忌追善本 (kamipro books)底なし沼 活字プロレスの哲人 井上義啓・一周忌追善本 (kamipro books)
(2007/12/13)
「kamipro」編集部

商品詳細を見る

*****

UFCを中心に、今後の大会のマッチメーク情報が続々と出てきています。交渉中、噂の段階を含め、既報カードも交えて、主なカードおよび日本人選手のカードをまとめました。順番から言っても、岡見、長南の次戦も出てくることでしょう。情報源はあちこちバラバラ。済まん、ルール違反だが、記載省略。しっかしなあ、日本では唯一発表済みカードの菊田vsバローニすら怪しいというのに、アメリカ人はニュース満載で楽しいだろうなあ・・・

UFC80 1月19日 英国ニューキャッスル
ジョー・スティーブンソン vs BJペン(ライト級暫定王座戦)
ガブリエル・ゴンザガ vs ファブリシオ・ヴェウドム

UFC Fight Night 12 ネバダ州ラスベガス
チアゴ・タバレス vs 小見川道大

UFC81 2月2日 ネバダ州ラスベガス
ブロック・レズナー vs フランク・ミア
ティム・シルビア vs アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ヘビー級暫定王座戦)
ヒカルド・アルメイダ vs アラン・ベルチャー
ジェレミー・ホーン vs ネーサン・マーコート
中村K太郎 vs ロブ・エマーソン

WEC 2月13日 ニューメキシコ州アルバカーキー
高谷裕之 vs レナード・ガルシア

EliteXC 2月16日 フロリダ州マイアミ
キンボ・スライス vs タンク・アボット
アントニオ・シウバ vs シェイン・カーウィン
ジェームス・トンプソン vs ブレット・ロジャーズ
イーブス・エドワーズ vs エドソン・バート
参戦予定 チャールズ・クレイジーホース・ベネット、ジナ・カラーノ

UFC82 3月1日 オハイオ州コロンバス
アンデウソン・シウバ vs ダン・ヘンダーソン
郷野聡寛 vs ジョン・フィッチ
シーク・コンゴ vs ヒース・ヒーリング

UFC83 3月8日 英国マンチェスター(予定)
ヒューストン・アレクサンダー vs ジェームス・アーウィン
マイケル・ビスピン vs チャールズ・マッカーシー

Cage Rage 25 3月8日 英国ロンドン
今成正和 vs ジーン・シウバ
出場予定 ケン・シャムロック

Strikeforce/ EliteXC 3月29日 カリフォルニア州サンホセ
フランク・シャムロック vs カン・リー
出場予定 ギルバート・メレンデス、ムリーロ・ニンジャ

UFC Fight Night 13 4月2日 コロラド州デンバー(予定)
ケニー・フロリアン vs ジョー・ローソン
ステファン・ボナー vs マット・ハミル
スペンサー・フィッシャー vs マーカス・アウレリオ

UFC84 4月19日 カナダ・モントリオール
マット・セラ vs. ジョージ・サンピエール (ウエルター級タイトル戦)
リッチ・フランクリン vs トラビス・ルター
カロ・パリジャン vs チアゴ・アルブス
出場予定 マウリシオ・ショーグン・ルア、ジェイソン・マクドナルド、吉田善行

UFC85 5月24日 ネバダ州ラスベガス
ティト・オーティス vs リョート・マチダ
チアゴ・シウバ vs ラシッド・エバンス
ショーン・シャーク vs. BJペンとジョー・スティーブンソン(1月19日英国ニューキャッスル大会)の勝者(ライト級タイトル戦)

*****
大ちゃん節全開「私と朝青龍人気ある」(デイリースポーツ)

ああ、やっぱりこう思ってるんだ・・・

“リビング・レジェンド”リック・フレアー独占インタビュー
2月のWWE公演へ「今まで以上のベストを尽くして勝利したい」(スポーツナビ)


「もうじき60歳? まだ120歳の半分じゃないか!」。天龍とフレアはホントに凄い存在だよねえ。やっぱり、使われるのがうまい人が生き残るんだなあ。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update