吉田善行の奇妙な立ち位置


格闘技中継のアナウンサーも大変だな、と言う話で一つクイズを。エリートXCの「キンボ・スライス vs セス・ペトルゼリ」戦で、レフリーが試合を止めた直後にアナウンサーが大絶叫しましたが、第一声、アナウンサーはなんと言ったでしょう?

この試合結果をどの角度からどう見せたいか、ということと関係がありますね。グッドニュースなのか、バッドニュースなのか。キンボにフォーカスするのか、ペトルゼリを表現するのか。しかもアナウンサーとしても最大の見せ場、印象的なフレーズで決めたい。あなたならどうする?答えは末尾。

*****
吉田善行が12.10『UFC Fight Night』のメインに登場!! 相手はあの男!(Kamipro)

吉田の試合がメインになったというのは、吉田への評価が高いことを示しているとは思うんだけど、これ、なかなか空気が読みにくい大会ではあります。まずこの大会、米軍関係者向けのチャリティ興行であると言うことで、観客もほとんどが軍服の軍人です。実はまだ開催場所がはっきりしていないのですが、米軍基地内開催との報道もあり、そうなると日本人応援団など入れるわけもありません。そんなアメリカ・ザ・ビューティフルな中に日本人がポツンと登場するというだけで居心地が悪かろうなあと思うのですが、対戦相手のジョシュ・コスチェックはどういうわけか、どこに行っても観客から盛大なブーイングを浴びるヒール役。何が気に入らないのかはよく分かりませんが、見た目がチャラチャラしていてイラッと来るということはあります。つまり、吉田はベビーなのかもしれない。でも場所柄、あり得ない気もする。この大会でブーイングを受けるのはどちらになるのでしょうか。元々この大会は、現役軍人ファイター、元WECのブライアン・スタンの登場が大きな話題になるはずでしたが、スタンは負傷欠場。スタン並みに大会を背負う気概の人がいないわけです。また、大会の収益は帰還米兵の高度医療にあてられると言うことで、助かる人もたくさんいるんだろうなとは思いますが、日本人の吉田にとっては、はあ、そうですかという話。メインで吉田は一体何を期待されているのかな?とは思います。

吉田が前回カロ・パリジャンにドタキャンされたときには、ナンバーシリーズUFC88のメインカードの一つにリストアップされていました。今回のコスチェック戦も、カードの格としては同等と思われますが、Fight Night大会ですからWOWOW放送もありません。

*****

Brothers Ken, Frank Shamrock itching to fight(ESPN.Com)

フランク・シャムロックがESPNの取材に答えて、ケン・シャムロックと2009年中に戦う「契約」を済ませたと発言。日時、場所、プロモーター、テレビ放送などは何も決まっていません。エリートXCのジェレミー・ラッペンはこの試合に興味を示していますが、CBSはケン・シャムロックと関わりたくないと見られています。

エリートの経営危機、ストライクフォースとの疎遠、ケンのドタキャン劇など、この試合の実現に逆風が吹いているようにも思われ、このまま放っておくと、どこもプロモートしなくなるかもしれず、このセルフ・プロモーションは兄弟の危機感の現れかもしれません。

*****
M-1 Challenge 8 (M-1 Global)
Aleksander Emelianenko to fight at M-1 Challenge 9(M-1 Global)

国別トーナメントの結果がどうなっているのかもさっぱり分からない「M-1チャレンジ」ですが、第8弾はついにアメリカに進出、10月29日にカンサス州ミズーリで開催されます。HDNetで放送。モンテ・コックスが代理人を務めるマイク・ホワイトヘッドが参戦するそうです。モンテの「アドレナリン」はどうなってるんでしょうね。次いで11月21日の第9回大会はロシア開催で、ここにはエミリャーエンコ・アレクサンダーが登場、韓国人選手と戦います。感染性の病気の疑いでアメリカでライセンスがおりないアレクサンダーですが、ロシアで復帰となりました。本人と対戦相手の安全には万全を期して欲しいところです。

*****
【格闘技最前線】石井慧は総合格闘技で通用するか 柔道五輪王者の期待と不安(産経ニュース)

*****
【答え】
ROCKY! ROCKY IS HERE!

映画のヒーローの名前を叫んだのでした。そして、「誰しも、勇気を持って金網に入れば、何でも出来るんだ!」と続けていました。

キンボを落とさず、ペトルゼリをそんなに上げず、ただ衝撃を英雄物語に仮託して増幅表現したわけですね。これなら誰にも怒られない(笑)。米MMAブログでは、どこがロッキーなんだ?と冷え冷えした反応もあったし、たしかに丸一日考えてもいいなら、もっと上手い表現はあるかもしれないけど、いやあ、そのときその場でこれは言えんわ、自分だったら固まるわ、と。

セス・ペトルゼリ戦が決まったのは当日、しかも正式には試合1時間前ですから、そんなに予習が出来たわけでもないだろうし。もっとも、ケン・シャムロックが勝った場合にも使えそうなフレーズではあるけど。

担当アナウンサーはガス・ジョンソンという人でした。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update