フェザー級戦士の始動

Sengoku Confirms 2009 Featherweight Grand Prix; DREAM Allegedly Still Stiffing Fighters (BloodyElbow)

GONG格闘技(未読)の国保インタビューを輸入して Bloody Elbow が、戦極でも3月からフェザー級トーナメントを開催する旨を報じています。その記事の中で、ジョセフ・ベナビデスのマネージャがDREAM未払い問題についてコメントしています。

ジョセフはDREAMと2試合契約を行い、7月のDREAM5で山本KIDと戦うはずであった。KIDは結局負傷欠場し、代わりにジョセフはKUDOと戦った。ジョセフの契約によれば、試合後二週間以内に送金が行われるはずであったが、送金は期限内に行われなかった。
8月終わりから9月頭にかけて、当社では繰り返し、DREAMに対して支払いを請求したが、回答は一向になかった。そして、支払期限を30日ほど過ぎて、支払いが行われたが、遅延についての説明は一切無かった。


ベナビデスサイドはすでにDREAMとの契約を破棄し、WECと契約、12月3日大会に出場予定となっています。DREAM未払い問題は、広く外国人選手に及んだようですね。結局遅れて支払いがあった、と言う点でも多くの証言が見られました。45日後の支払いというのは、事務的な感覚からはけして遅くはないと思うんだけど、何が理由であれ、約束を違えるのはマズイですね。

昇侍、DEEP初参戦も「照準はDREAMフェザー級GP」とキッパリ(スポナビ)

こちらではDEEP出場が決まった昇侍選手が、未発表のはずのDREAMフェザー級トーナメントに言及しています。

DREAMに参戦するためにパンクラスの王座を返したんですが、けがもあってなかなか試合が決まらなくて……なんでDEEPに出なきゃいけないの? DEEPのベルトには興味はない。
来年はフェザー級トーナメントを開催するということなので、DEEP代表ではなくてパンクラスの代表としてDREAMに出たい。そのためにもDREAMに相応しい、世間から認められる試合をしたい


*****
レスリング・オブザーバー最新号より
●こんなことまでお知らせしちゃうとちょっと夢がないかなあ・・・新日本ドーム大会で日本デビューを果たすというミスティコ、実はみちのくプロレスで「こまち」という覆面レスラーの中の人だったそうです。もちろんミスティコ無名時代の話でしょうから、今は別人でしょう。

●Jonathan Snowden 著、「Total MMA」と言う本が好評だそうです。400ページのこの本は、MMAの歴史をビッチリと追いかけており、嘉納治五郎、前田光世からスタートし、日本、アメリカ、ブラジルの歴史を振り返り、Uインターやパンクラスの虚実にも迫りつつ、最近の「レスナー vs クートゥア」に至るまでの経緯を描いているそうです。

PRIDE時代の歴史に絞れば、Kamipro最新号にも、「PRIDE機密ファイル 封印された30の計画」という新刊が宣伝されていましたね。「機密ファイル」だなんて、個人的には品がない題名なあとは思うのですが(有害指定ブログからこんな事、言われたくないでしょうな)、こういうのが案外よく売れるのかもしれないですね。

Total MMA: Inside Ultimate FightingTotal MMA: Inside Ultimate Fighting
(2008/12)
Jonathan Snowden

商品詳細を見る

PRIDE機密ファイル 封印された30の計画PRIDE機密ファイル 封印された30の計画
(2008/12/01)
kamipro編集部

商品詳細を見る


*****

11月23日付のレスリング・オブザーバのラジオショーでデイブ・メルツァーが、UFCはヒカルド・アローナに全く興味を持っていないと述べていました。

総合転向の柔道家・石井慧と杉本彩の熱愛が発覚寸前(日刊サイゾー)
もう飽きた、とか言って悪かった。男だ!

<佐藤大輔の仕事>終結セヨ。本当の敵は、、、。 - ラテラ

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update