泰葉を信じよ!/ 青木待ちのアルバレス

“歌だけの参戦”を高田総統が却下し、まさかの展開に!
泰葉、『ハッスル・マニア2008』で試合をやるぞ!!(ハッスル公式)


リンク先で動画を見るべし。

試合をすることは本当にこの場で決めたんですかと、信じられないとばかりに質問を繰り返すオバハン記者あり。この人は泰葉と小朝の最近の関係もついでにちゃっかり質問していた。総統が出てきているというのに真に受けるなんて、ヒトとして駄目なんじゃないかと思うが、たぶんワイドショーのレポーターなんだろう。いいぞオバハン、そのまままじめにワイドショーに持ち帰ってしっかり放送しろ。

東スポ記者に質問されて感激する泰葉。うまいなあ。

高田に挑発されていたから、ベビーフェイスとして出てくると言うことか。泰葉がケツを蹴られますという売り込みの方が効果的ではないか。泰葉のパフォーマンスというのは、単に不快という向きも多いものの、一連の騒動で実は小朝にかなり致命的なダメージを効果的に与えたとか、ガチ要素をはらみながらの窮鼠を噛むやむを得ない行動だったとか、実にいい女じゃないかといった高い評価もある。放送禁止用語を使ったりするタイプではないし、個人的には信頼していい人なんじゃないかと思う。というか、プロレス、向いている。あとは台本次第でちゃんと光ると思う。

ついでに、イツザイという番組で「ネクスト・インリン」をオーディションしており、無名のモデルやタレントら、何人かに絞られているようなのだけれど、このコーナーの仕切りが有吉である。毎回、有吉のセクハラまがいの嫌がらせが展開されている。有吉参戦とともに、この展開もリングに還元されることを期待したい。オーディションで勝ち残っている人たちは、バラエティ番組で見る分には非常にいい感じだが、リングでどう見えるのかはぴんとこない。

大晦日は裏番組も多い。30日に生中継でPPVしてくれるとうれしいのだが・・・

*****

東スポプロレス大賞2008が発表になっています。あちこちで報じられてます。たとえばカクトウログさんとか。授賞の内容は致命的にどうでもいいが、新日本勢が無冠となった、天コジもとれなかったというのは興味深い。今の新日本は、古参の記者さんには、あまりにハッスル的なんじゃないか。

*****
12/09 「THE OUTSIDER」インターネット配信・携帯動画配信決定!!(リングス公式)

バックステージの映像もあるそうです。どこでやるんや、なんぼや?

*****
The Doggy Bag: Analyzing Carano-Cyborg (Sherdog)
Marc Ecko Going MMA With ProElite Purchase? (MMA Weekly)

プロエリート社の再建計画が徐々に明らかになってきました。新旧の投資家が集まって新体制が作られ、すでに競売への入札を行っているというもの。

そして新たな投資家とは、MMA関連の衣料品販売が好調な Mark Ecko Enterprise ではないかということです

他方で地上波CBSも、新プロエリート、UFC、ストライクフォースを含む様々な団体と放映交渉をこの数週間で行っているとのことです。

*****
Alvarez looks for 'biggest and baddest' foes (Strikes and Submissions

Strikes and Submissions ブログに、新興プロモーション・ベラトールと契約をしたばかりのエディ・アルバレスのインタビューがありました。ごく一部を訳しておきます。

Q ベラトールのどんなところに魅力を感じたのですか

アルバレス:モンテ(コックス)の説明では、方向性が優れているみたいだ。選手にもっと焦点を当てて、選手の生活を深く取材し、どんな風に練習しているのかを視聴者に伝えてくれるらしい。多くの人に知ってもらうことや、多くの人が選手について詳しくなること、そして選手の日常を見てもらうということらしい。それと、トーナメントって言うのも気に入ったね。もちろんマネーも悪くない。

Q モンテ・コックスは、あなたと青木真也の試合が Dynamiteで組まれる予定だと明かしていました。

アルバレス:その通りだ。まだ詳細を詰めているところで、100%やるとはいえないけど、実現するよう祈っているところだ。で、1月23日にはアトランティック・シティで試合をする (Extreme Challenge 大会)。その後はトーナメントまで、少し休むよ。

青木レベルの柔術家と戦うなんてエキサイティングだ。あれくらい評価の高い選手との試合も初めてだし。というわけで、ヤツがオファーを受けてくれることを祈るよ。

Q そのスケジュールで大丈夫ですか?

アルバレス 練習方法に代わりはないよ。試合の前にピークに持って行くと言うだけのことだ。1、2時間で2試合するために練習していたこともあるんだから、1ヶ月に二試合なんて問題でも何でもないよ。

***
エディの言葉を信じれば、オファーを受けようかどうしようか、決定権は青木にあると理解できます。秋山をあれだけおおっぴらに焚きつける青木が、エディ戦を渋っているのだとしたら、かっこうわるいですね。それとも青木の対戦相手候補に、もっとおもしろい人を当てようという動向でもあるのでしょうか。それにしても「詳細を詰めている」っていうのは、具体的にはどういうことなんでしょうね。プロレスならわかりますが、MMAで詰めるべき詳細って・・・?詰めるべき腹、ならわかりますが・・・怪我をさせないためのなにか、とか?


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update