不思議の国の井上和香


このごろ Dynamite! の告知番組などを目にするにつれ、井上和香という存在が気になり始めている。思えばこの人、HERO’S時代から(ひょっとしたらロマネスク時代から?)、ずっと放送席に座っているし、格闘王でも延々とコーナーを担当している。もう、格闘技番組との関わりもずいぶん長くなった。

藤原紀香を筆頭に、これまで様々な女性タレントが格闘技やプロレスの放送に花を添えてきた。先日の西山茉希の涙や、PRIDE時代の小池栄子の号泣は、試合をぐっとエモーショナルで多角的に魅せてくれたし、海川やハマショーは、ハッスルのコメンテーターという難しい仕事をしっかりこなしている。東原さんにしても矢吹春菜にしても、商売とはいえ、プロレスや格闘技を愛しているか、仕事を通じて興味を持つようになったか、あるいは少なくとも勉強しているように見える。BSフジで一度だけ、スマックガールのコメントをした磯山さやかの予習ぶりと熱心さなどもとても印象的だった。

ところが井上和香は、格闘技に興味があるのかないのか、この仕事を好きなのか嫌いなのか、いったい何をどう思っているのか、いつまでたってもさっぱりわからない。

乙葉とか南明菜のように、いかにも興味がなさそうな人もいるにはいたが、そういう人は速やかに、番組から離れた。しかし井上和香(と、かつてのハッスルの青木裕子)は、やめるわけでもない。ただ、いるのである。

一格闘技ファンとして、たとえば西山茉希ちゃんはK-1でがんばってくれているから、他の番組で見かけると、あ、K-1の子だ、がんばってるなあと、好ましい気持ちになるが、井上和香がバラエティ番組に出ていても、DREAMの子だ、とは思わない。容姿の好みの問題も含めれば、格闘技中継に井上和香という存在へのニーズは個人的にはない。急にいなくなっても気がつかないと思う。

TBSの方針で、君は壁の花と同じ、お茶くみOLと同じなんだから、試合中は黙っていなさい。自分の感想など言ってはなりません、と命じられているのかもしれない。TBSなら言いそうである。

ところが、アメリカドラマ「24」でナビゲーター役を担当する井上和香もまた、意図不明の風情なのである。フジテレビで時々、深夜にドカドカと24を放送するときに、関根勤と一緒にちょこちょこ出てきては見所などを解説するのだが、このときの井上和香も、「24」を見ているのか見ていないのか、おもしろいと思っているのかいないのか、何をどう思っているのかさっぱりわからない。

ちなみに井上和香のブログを開いて、DREAMとかDynamiteという言葉を検索してみても、これこれくらいしか出てこないし、読んでみても何も書いていないも同然で、Dynamite!よりもネイルサロンの方が彼女にとってはずっと重要なようである。

いまの女性タレントの活用不足状況が、井上の能力性格のせいなのか、TBSの方針なのかわからないが(おそらくはその相互作用で増幅されているのだろう)、とにかくこの点は、DREAM中継の一つの大きな要改善箇所であることは確かだと思う。フジテレビモデルで言えば、女性視聴者に親近感を持ってもらうとか、視聴者と一緒に学んでいくとか、エモーショナルな表現をするとか、彼女らはそういう役割を担って仕事をしている。なにもフジのまねをしなくてもいいが、ならTBS流の女性タレントの使い方は何なのかということである。

ただ、タレントがかりに小池栄子に交代しても、TBSの実況アナが小池と適切に絡めるかどうかと考えると、これも疑問ではある。そういえば初田とか言う人も、格闘技をどう思っているのか、さっぱりわからない感じはある。あの人の実況は、ぼろを出してたまるか、という風に見える。野球中継であればアナウンサーも匿名モードでいいが、どうも格闘技はそれでは物足りないものである。このへんがむしろ元凶はかもしれない。

今回、井上和香に関するエピソードなどを少し検索してみたが、さらっと見た範囲では殆ど何も出てこなかった。ファンサイトも意外に少ない。しかし、ひとつ見つけたこのファンサイトはすごい。井上和香出演全番組をチェックし、その発言を一言一句書き起こしているのである。ダイナマイト煽り番組では、佐藤隆太が「大晦日は!」と叫んだ後に、井上和香がひとこと「ダイナマイト!」と叫ぶのが唯一の和香の発言という場合もあるのだが(なぜそれだけのためにブッキングするのか本当にわからない)、それをひろって赤字で表示してあるのである。よりによって、無味無臭の和香の発言を丹念に集めていると言うところ、誠に感服した次第である。

*****

東スポモバイルに、「悪名高いTBSのボクシング中継が改革宣言」という記事が。23日の内藤 vs 山口の中継で、過剰な煽りは自粛し、「この後すぐ」のテロップも禁止するという。上層部からその旨の指示が来ているとか。

興味深いのは、今年のTBS全番組の視聴率トップは3月の「内藤 vs ポンサレック」の26.3%、2位は7月の「内藤 vs 清水」の24.7%だったということ(3位はドラマ「流星の絆」で21.2%)。ひょっとすると内藤のボクシングが視聴率上位3つを独占する可能性も高いという。「そこでTBSはあえて「伝家の宝刀」を封じることで数字をのばす戦略に出るらしい」とある。

「伝家の宝刀」を封じれば数字が出るなら、是非 DREAMや Dynamite! でもそうしていただきたいところだが(笑)、まあ、これだけ数字の実績が重なれば、アホな視聴者にこれ以上クドクド紹介してやるまでもない、といった感覚だろうと思う。それにしても内藤がここまで数字を持っているとは驚きだ。格闘技番組にもヒョコヒョコとかり出されては、グダグダの挨拶を重ねているのはなぜだろうと思っていたが、答えは簡単で、数字を持ってると言うことなのであった。

*****

レスリング・オブザーバ12月22日号が、日テレのNOAH中継終了を大きく報じていますが、その中で、「傘下の衛星チャンネル(G+のことと思われます)」での放送は続行する意向ではあるものの、これまで通常月二回実施してきた生中継は行わない模様。巨大なライブラリを活用し、プロレス・クラシックで多くの時間を埋めることを検討中」とあります。また、他の衛星チャンネルがNOAH中継に興味を示しているようだとも書いています。

*****

『戦極』に異物混入? インディー格闘界のカリスマがヒクソン戦を直訴! (Kamipro)

戦極正月大会の試合数が増えたとの噂もあって、すわ、あの人が・・・と期待が高まったが、発表されたカードはある意味驚愕であった。意味が見えないカードや知らない選手。迷わず見ればわかるのだろうか。そうするしかない。

1月のテレビ情報誌によると、1月18日(日)深夜にテレ東で「戦極G!SP」という1時間番組があります。日曜深夜はレギュラー番組戦極Gがありますが、その拡大版のようです。他方、テレ東の1月のプライムタイムの放送予定には、戦極中継は今のところ見られません。ただ1月18日(日)、25日(日)の20時から22時の枠が、「日曜ビッグバラエティ(内容は未定です)」となっています。ちなみに12月14日(日)のこの時間枠では柔道中継がありましたので、格闘技中継を全く行わない枠、ということはないと思われます。

*****

石井のUFC挑戦宣言をダナ・ホワイトが歓迎するコメントを出していますが、「WOWOWを通じてコメントを出した」というのが自然なような不自然なような。また東スポモバイルによると、UFC92を観戦に行く石井は、1泊3日の弾丸ツアーで帰国するという。なぜそんなに急いで帰国する?

******

泰葉記者会見の動画(ハッスル公式)。満足度高し。ワイドショーのレポーター最高!


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update