角田はなぜに?カルビン・エアーは今?

Rampage pleads guilty to felony evading charge (NBC Sports)

昨年自動車事故を起こしたクイントン・ランページ・ジャクソンが公務執行妨害と無謀運転の有罪を認め、司法取引に応じることとなった。投獄は行われず、200時間の奉仕活動、メンタルセラピーの受診、被害者への賠償が命じられた。

社会奉仕活動(Community Service)の例としては、公園の清掃、衣料品や食料など援助物資の収集、介護施設での読書サービス、地元の警察や消防・図書館での作業などがあるとか。ランページがゴミを拾っていたらかなり驚くだろうが、三崎は自主的に拾っていた。


で、こちらのページには、最近罪を犯したMMA選手がまとめてあるが、ランページやジョー・サン、エンセンを含めその顔ぶれたるや、そうそうたるもので、こうなってくると「アウトサイダー」との境目がボンヤリしてくる。リンク先のページでは、誰が最悪だと思うかという投票も行ってる。犯罪を擁護する気はないが、トンパチで千円、という面もある世界だからなあとは思った。

*****

Former Bodog top dog hounded by U.S. tax collector (VANCOUVER SUN)

もう一つ犯罪関係。アメリカの税務署IRSが、元ボードッグファイトのオーナーで、オンラインカジノ経営のカルビン・エアーの逮捕に血道を上げている。

ボードッグ社はもともと中央アメリカのコスタリカで営業を開始、その後西インド諸島のアンティグア島に拠点を移し、マルタ島やイギリスの支払処理会社等を何重にも通して、アメリカの当選者に金を支払っている模様。同社はこれまで一銭も税金を払っておらず、その上エアーは、自分のアウトローぶりを楽しみ、「捕まえてごらん、できるなら」といったゲームのような態度をとり続け、当局の怒りを増幅させている。

IRSはすでに、アメリカ国内の支払業者から2400万ドルの資金を差し押さえた。悪ふざけを楽しんでいたエアーも、いまや文字通り姿をくらましている。マルタ島の新聞報道では、エアーは現在、アメリカと犯罪者引渡協定を結んでいないアフリカやアジアの数カ国を転々としているという。

今頃パンクラス12.7ディファ大会のビデオを見ているのですが、まだリングマットにはボードッグのロゴがありますね。

*****

Figure4Weekly 最新号。アメリカで12歳の少女が犬の散歩をさせていたところ、突然野犬に襲われた。そこに、9歳の少年が通りかかった。少年はブラジリアン柔術を学んでいた。少年は少女を助けようとした。まず、蹴りを入れようと考えたが、足を噛まれる気がしたので、背後に回ってチョークを極め、助けが来るまで20分間極め続けたという。

野犬はその後安楽死処分となり、少女の犬は一旦逃げ出していたが、数日後に戻ってきたそうである。

犬に20分間チョーク?

*****

THIAGO ALVES: MMAWEEKLY FIGHTER OF THE YEAR (MMA Weekly)

MMA Weekly が2008年のベストファイターにチアゴ・アウブスを選出。チアゴ・アウブス?なんだか地味なチョイスが不思議だが、その心は?

・アウブスはまず4月に、カロ・パリジャンをKO
・その試合で足首を負傷、練習が出来ず体重が増えたが、6月のロンドン大会のマット・ヒューズの対戦相手としての急なオファーを受ける
・急な減量のためコルチゾン(ホルモンの一種)を注射。副作用で酷い体調のままヒューズをKO
・10月大会でジョシュ・コスチェックと対戦。当初予定のディエゴ・サンチェスが怪我で、対戦相手が急に変わるも、熱戦の末判定で下す。

もちろん、3勝という結果も残してはいますが。無理してオファーに答えたこと、体調不良のまま戦ったこと、といった、「根性」面に焦点を当てた選出のように見えます。でもそんなに「おいしくない」試合でもないし、それにヒューズ戦では結局減量できず、ウエイト・アドバンテージを持ったままのキャッチウエイトの試合となったことに批判もありました。

根性が選出の基準なら、たとえば青木や所のほうが、少なくともチアゴ・アウブスよりはすごいと思うけどね。なんか変だな。

*****

ダナ・ホワイトがESPNのインタビューに答え、12月27日のUFC92のPPV販売件数が、101万件を売り上げた「レスナー vs クートゥア」を15万から17万5千件ほど、上回ったと語った。UFC自身ももう少し低い数字を予想していたので、ぶっ飛んだよ、とのこと。この不景気で疲れ果て、やっとホリデイに入った人たちが、家で見てくれたのかなと語っている。

結果的にUFC92は、大きな数字の値打ちのある、非常に充実した大会となったが、クートゥア、リデル、GSP、レスナーといった、大きな数字の実績のある人が出場していたわけではなかった。シウバやノゲイラはUFCでは数試合しかしていない選手である。それでこの成績は驚くべきことだ。

*****

他方でBloody Elbow ブログが、24日開催のアフリクションはチケットが1400枚しか売れていないという噂がある、と紹介しています

*****
Huerta Passes on UFC Contract (Sherdog)

UFCのラテン市場の切り札、ロジャー・フエルタが、UFCとの契約を更新せず、俳優業に取り組む意向であることを明らかに。モデル業や出版も意図。もったいない。ちょっと須藤元気的?いやあ、もっと全然リアリストかな。

*****

ジェイソン・マクドナルドが語る

友達がUFC92を見に行ったんだけど、岡見とリスターの試合は見たこともないような退屈な試合だったといってた。UFCは岡見をどうするつもりなんだろう?もちろん彼は王座挑戦に値する男だ。でもその試合も、見るのが苦痛だろうな。



*****
12月総括(角田信朗ウェッブサイト)

 バラエティ番組などで見る「タレント・角田」の頭の良さ・器用さと、彼のブログの文章の印象がうまく合わない。何を考え何を書こうが勝手だけれども、正直言ってあまり知的な文章には見えない。そして、K-1をひどく他人事のように見ているように思う。そもそも、自分の会社のやってることについて、こんな風に論評を発表すると言うことじたい、組織人としては不思議な行為だと思うのだが。なんだか、誰の得にもならない文章だという気がする。

*****

もうひとつのニッポンスポーツ史『在日アスリート列伝』(前編)
もうひとつのニッポンスポーツ史『在日アスリート列伝』(後編)

朝青龍20億円“格闘家”!?巨額オファー待ったなし
関係者「すでに仮契約書にサイン」(Zakzak)

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update