インリン様の個人生活

ハッスル社長がインリン出演料未払い問題で緊急会見(スポナビ)
個人生活を守れ~(インリン・オブ・ジョイトイの日記)

サスケを暴行容疑で逮捕、隠し撮りに激怒…本人は暴行否認(読売新聞)
サスケ容疑者を逮捕 無断撮影に立腹、電車内で暴行容疑(朝日新聞)
サスケ逮捕に所属事務所社長が緊急会見!!(Kamipro)

勝手に写メを取られて、止めてくれと注意しているのに止めなかったという状況が正確なら、胸ぐらくらい捕まれても当然だと思うなあ。とくに、容易に仕返しできない立場のプロレスラーにそういうことをするというのは舐め切ってる。写メ男にバチが当たった、としか思えない。たまたまダウンタウンの番組で、綾戸智絵さんも全く同じ状況で山手線でぶち切れたと言って拍手喝采を浴びていたぞ。

さて、インリンの言い分。

イメージを損ねた!

契約違反って言われる!

…って、

え~!!!け…け…契約違反…?!
私のプライベートライフなんですけど…葱買うのも…恋愛するのも


そしてサスケの言い分。

サスケ容疑者は、自身を「サスケであることは間違いない」としているが、本名や住所、年齢は黙秘しているという。


感想1 昭和プロレス者編:
プロレスラーとして正解なのはサスケ。インリンは間違い。インリンのプライベートな恋愛やサスケのプライベートな名前は、普通の人のプライベートとは違って、新聞に載り、波及効果があると考えるべき。ましてプロレスの仕事しているなら、墓まで持って行くべき。個人生活なんか勝手に守れ。結婚など発表せず静かに暮らしていれば最も守れたんじゃないか。

感想2 とはいってもこれはプロレスではなく「ファイティングオペラ」。山口社長自身が、「その後のプラン、ストーリーを変更せざるを得なくなり、会社運営上、多大な損害を被った」と、例によってあっさりコメントしているので、プロレスラーではなく単にお芝居か何かのキャストだと見なすべきだとすれば、インリン結婚報道がハッスルのイメージを損ねたとか、リング上に直接悪影響を与えたとは言い難い。HGだって結婚した。

それよりも、他のタレント事務所から「安心してタレントを任せられない」との評判となったというのが、ハッスルのイメージを損ねたことになるのだろうか。たとえば、マニアに加護亜依を呼べなかったのがそのせいだとしたら(勝手な想像)、そりゃあ逆にインリンに損害賠償請求したくなる気持ちも分かるが、その辺はもう、プロレスの話じゃなくて芸能界の話だ。

たしかに、インリンがハッスル社員と結婚、という報道が出たときには、別に何も悪くはないんだけど、なんだか生々しいなあ、と個人的にはは感じたし、その後のハッスルサイドの扱いもヨタヨタしていた気はする。芸能ビジネスなのかケッフェイなのか、考えてみれば微妙な線引きだ。いい方向にも悪い方向にも、相乗して増幅しうる。

どちらの件も、要するに出来ればリング上に還元する方向で進めていただきたい。

*****

青木真也の『DREAM.7』出場が正式決定!!
石田光洋vs中村大介の好カードも実現!!(DREAM公式)


仰天ダブルパンチで門馬に快勝!
池本誠知がDREAMウェルター級GP出場権を獲得!!(DREAM公式)


「石田 vs 中村」、楽しみ。というか、個人的には中村が楽しみなのかな。石田は4月のストライクフォース大会出陣はなくなることになるのか。
青木の試合は74キロ契約ということで、ライトとウエルターの中間でやるようだ。慣らし運転にはいいのかもしれないが、あんまり意味のない試合は賛成できないなあ。テレビも深夜だし、怪我する可能性だってあるし、この場合のリスクは取るべきではないと思うなあ。

なおレスリング・オブザーバ最新号は、ウエルター級トーナメントにマルセロ・ガルシア、アンドレ・ガルバオの参戦が濃厚だと報じている。

*****

「GSPはなぜBJ・ペンを完封できたのか」青木真也が読み解く3つの技術とは?(Livedoorスポーツ/Fight&Life)

特番『ハッスル2009春一番SP!! 』(ハッスル公式)

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update