ドン・キングがMMA参入 / 榊原氏復活か??


●ドン・キングがMMA参入を準備中だと、MMA Junkieが伝えている。キングはこのほど、ウォール街の投資家 Ross Mandell 氏が、海外および米国内大企業からMMA事業に参入するために出資を募った新会社 RHM Productions のシニア・アドバイザに就任したとのことだ。予定されている事業の詳細は不明だが、まずはリアリティ・ショーの製作からスタートし、後に興行を開催するのではないかと見られている。ドン・キングと米有料ケーブル局HBOの強い関係の活用も見込まれているとのこと。

●秋山成勲のUFCデビューは、7月11日UFC100、アラン・ベルチャー戦となる見込みだと、 Five Ounces of Pain が伝えている。秋山サイドから、アメリカでデビュー戦を行いたいという強いリクエストがあった模様だとのことだ。

その秋山が結婚するようだ。そして川尻も。サップは失恋?

SHIHOが秋山成勲と結婚 交際2年「私が私らしくいられる人」(オリコン、Yahoo!)
川尻 同じ年の女性と3月中に結婚(スポニチ)
いとうまい子結婚 愛犬がキューピッド (Gooニュース)

K-1が年内にも女子大会開催、吉田沙保里らに出場ラブコール(スポナビ)

ちなみにMaxの韓国大会でセミファイナル・デビューするという女子選手の名前「イム・スジョン」でググると、大変な美人の画像が多数ヒットするが、恐らくこの人ではないみたいだ。どうも韓流の名前がなかなか覚えられない。先日高谷と戦ったキム・ジョンワンのことも、キム・ジョンマンだと思いこんでいたしなあ。いよいよ試合が始まって、アナウンサーがデビュー戦と言うから「え・・・?」とようやく気がついた次第。

*****

Rampage ready to reach full potential (Kevin Iole, Yahoo! Sports)
UFC president was ready to brawl with former Jackson manager (Cage Writer, Yahoo!)

UFC96でジャーディンを下したランページ・ジャクソンのコメント。

今はこれまでになく集中しているし、練習もしている。自分の周囲のネガティブな要素を一掃したんだ。あまり多くは語りたくないが、僕から搾取したり、友達のふりをして利用したりすることのない、優れたマネージャがいてくれるというのはいいもんだ。


一方、ランページに解雇された元マネージャのファニアート・イバラは、いまでもジャクソンのことをしばしば考えている、よこしまなことは何もしていないのでジャクソンと再会して話したい、ただ、ジャクソンの方も、日に日に扱いにくくなっていたのだと述べている。

イバラ:「200パウンドを超える大人の男をベッドから引っ張り出し、練習に引きずり出していくのがどんなに大変か分かるか?確かに彼の周囲にはよからぬ人間がいた。だからといって彼のことを24時間見張っているわけにも行かなかった。16時間、17時間、ときには20時間は彼と過ごしていたが、毎日24時間は一緒いるのは無理だ。人の決断はそれぞれだけど、自分は彼に悪いことをしたことはない」


TUFでランページのコーチを受けたマイク・ドルチェの証言

初めてクイントンにあったとき(2008年の2月)、彼はとてもいい人だった。でも正直言って、ちょっと怠け者だったんだ。そんなに練習しているようではなかった。食生活も不真面目だった。このスポーツを真剣にとらえているとは見えなかった。そんな具合のままで、フォレスト・グリフィン戦を迎えていた。

彼は自分の才能のほんの数パーセントだけを使っているだけだ。練習の様子を見ていると、あれでここまでの実績を上げてきたことは驚きだ。

でもそれもだいぶ変わってきていると思う。彼がちゃんとしているとき、集中して練習しているとき、彼はとても強くて怖いくらいだ。


ダナ・ホワイト

よからぬ奴らが周りにいれば自然と分かるもんだよ。ロケットサイエンスじゃないんだから。イバラこそが問題だということは知っていた。じっさい、(ランページの保釈に訪れた)警察署の駐車場で彼とは大げんかになったんだ。



ランページはなぜかPRIDEについても触れている。

PRIDEで他の選手に何が起きているかを見ながら、自分が何をすべきか、何をすべきでないか、だいぶ分かるようになった。PRIDEは良い会社だったが、あの会社で働いていたある種の人たちは悪い奴らで、ひどい意志決定をしていた。

PRIDEの選手の扱いは酷いものだった。UFCはPRIDEとは正反対だ。組織全体が健全なんだ。エネルギーに満ちている。PRIDEから来た身としては、なんて扱いが良いんだろうと驚くんだ。

PRIDEの社長は良い人間だった。でも、彼の目の前でいろんなことが起きているのに、彼は忙しすぎてよく分かっていなかった。ダナ、彼の所に行って話してみるといい。彼に連絡は取れる。すっかり新しい組織になっているから、安心できる。自分は彼らとなら喜んで仕事が出来る。


>最後の文章は原文も挙げておく。

“The president of PRIDE was a nice man,” Jackson said. “A lot went on under his nose that he didn’t know about, because he was so busy. Dana, you can come to him and talk to him and stuff and he’s accessible. It’s a whole different organization and makes you feel better. I’m happy to be with them.”

英文自体は平易なのだが、意味がよく分からない。あたかも榊原氏があたらしいプロモーションを立ち上げていて、すでにランページとやりとりがあるかのように読み取れてしまうのだが・・・PRIDEの社長がUFC所属選手とやりとりがあるというのも不思議だし、そのことをランページもダナの目の前で隠し立てすらしない。まさか、榊原氏がUFCの日本展開を引っ張る、などということはありえるのだろうか?榊原氏とダナは、かつては訴訟し合う関係だったのだが・・・

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update