DREAM版リアル天下一武道会 出場選手予想!

●MMA参入を表明しているドン・キングは、メキシコの億万長者 Carlos Slim 氏も新しいプロモーションに参加する可能性を示唆しているという。Slim 氏は2008年のフォーブス誌の「世界長者番付」で、投資家ウォーレン・バフェットに次いで第二位にランクされている人物、三位はビル・ゲイツ。

BloodyElbow ブログが、ベラトールのトーナメント表と開催スケジュールをまとめている。フェザー、ライト、ウエルター、ミドル(トーナメント表は未発表)の4階級、各8名参加のトーナメントに、女子戦を含む各種ワンマッチを取り混ぜ、4月3日から6月19日まで毎週金曜日に興行を開催(全12大会)、翌日米 ESPN Depotes 局でオンエアしていく予定であるようだ。

●ジェイソン・メイヘム・ミラーが米MTVで番組ホストをするようだ。Bully Beatdown という番組で、いじめられっ子からの訴えで、いじめっ子にお灸を据えるためにMMA選手と戦わせるという企画のようだ。ティト・オーティスもそんな企画の番組をやっていたような記憶がある。とにかくメイヘムが元気そう達者で何より。



*****

●UFC96レビュー
クイントン・ランページ・ジャクソン def キース・ジャーディン(ユナニマス・デシジョン)

両選手とも、選手入場から選手紹介、ホーン前のステアダウンまでですでに金が取れそうな、プロレスも真っ青の千両役者ぶりだ。これは楽しい。ジャーディンの悪魔のような奥目の笑顔と細長い顔はアメリカンコミックの悪役そのものだ。試合じたいはランページが2度のフラッシュダウンを取ってどう見ても有利であったが、ジャーディンも漢を、ハートを見せまくった。クモ助のような奇妙な動きは、現代的なトレーニングを積んできているようにはとても見えず、ついさっき魔界からサラシを巻いて登場したかのような好ましい趣きながらも、殴り合いには一歩も引かず、観客もリスペクトの歓声でこれを盛り上げていた。最終ラウンドはランページの方が無意味なテイクダウンやケージにおしこむクリンチで時間を稼いでいたように見えたが、この試合ではレフリーが良い感じでブレイクを命じ、試合は動き続けた。

ランページは5月にラシャドのベルトにチャレンジするかどうかを考え中だと伝えられるが、この試合をネット映像で見たところ、放送席にラシャド・エバンスが加わり、試合後にはラシャドとランページのステアダウンと罵りあい(ランページの圧勝)の演出があり、すっかりプロモーション完了と見えた。

*****

ブラックアイ2さんの記事を参考に、DREAMが企画しているという、東スポが喜ぶ人類最強無差別級GPの出場選手を勝手に予想してみた。「ストライクフォース」「ボクサー」「プロレスラー」などのキーワードと、ここ最近の報道を結びつけてみたものだ。

桜庭和志(MMA)
ボブ・サップ(プロレス)
キン肉マン太郎(MMA)
ミノワマン(リアルプロレス)
セーム・シュルト(K-1)
チェ・ホンマン(K-1)
武蔵(K-1)
マーク・ハント(MMA)
アリスター・オーフレイム(MMA)
セルゲイ・ハリトーノフ(MMA)
水野竜也(MMA)
ジミー・アンブリッツ(MMA)
キンボ・スライス(ストリートファイト)
セス・ペトルゼリ(MMA)
ケン・シャムロック(MMA)
タンク・アボット(MMA)
ティム・シルビア(MMA)
レイ・マーサー(ボクシング)
フェルナンド・バルガス(ボクシング)
ロイ・ジョーンズ・JR(ボクシング)
ボビー・ラシュリー(WWE)
森島猛(ノア)
中邑真輔(プロレス)
西島洋山(ボクシング)
メルビン・マヌーフ(MMA)

ふう・・・これで25人かい。やけくそで絞り出してる感じで、書いているだけで胸焼けしそうだ。とはいえ、それらしい選手は結構いるもんだ。でも全部で32人という報道もあったのでこんなものではない。桜庭は笹原さんが名前を出したから入れておいたが、このメンツに加わるのだとしたら違和感がある。でも桜庭が入るなら田村も船木も、なんなら金原も入って構わない。ミカ・ミラーも見劣りしないかもしれないぞ(嘘)。UFCとの契約が意外にどうなったかわからない石井慧というのはどうだ?(勘弁してくれ・・・)DEEPメガトンで出場者決定戦をやるのもいいかも。太ったと自慢していたゲガール・ムサシも呼んで、ティム・シルビアに制裁してもらうといい。ヒョードルは無理でもベビー・ヒョードルなら呼べる(ステロイドのためアメリカでは出場停止中)。ヒクソン・グレイシーもホントは欲しい。あ、ミッキー・ローク(ボクシング、プロレス)もお招きしようではないか!

ホントにこんなことで(こんなことではないかもしれないけど)、一時的でもいいから、ビジネスが上向くかな。それなら我慢するけど。でもこれ、けっこうお金もかかりそう・・・ストライクフォースもDREAMも、ヘビー級がジョークっぽくなっているので、ここは十把一絡げ、どこかのアイドルグループのようにユニットを組んでの売り出しだ。そういえばスコット・コーカーは、「キンボはまず10試合くらいやってから、後のことを考えよう」と、事実上干すということなのかなあ的な発言をしていたが、ひょっとするとこのGPのことを念頭に置いていたのかもしれない。32人のトーナメントをやりぬくには5大会も必要なので、ストライクフォースでも並行して開催したりするのかもしれない。DREAMもHDNet放送されるし、アメリカ向けの商品という位置づけもあるかもしれない。ストライクフォースには他に、ブレット・ロジャーズとかロイ・ネルソンといったヘビー級がいる。

スポンサーサイト

トラックバック

進化と算盤と天下一

JUGEMテーマ:格闘技全般 

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update